幸せ配達人さんのマイページ

プリンスランドの紅葉

2009/10/16 22:33


秋らしい良い天気が続いている。身近にある紅葉を何枚か撮ってみたが、やはりよく見ると、すでに葉が巻いているものが多く見られた。紅色のモミジはひときわ鮮やかで他を圧倒している。やはり紅葉の王者のようだ。高くそびえる唐松の葉もわずかに黄金色に変わっている。ここ北軽井沢での紅葉は、黄葉が美しいのが特徴の一つ。その中でも群生する唐松が一斉に黄葉し始めると、それはもう見事という他はない。黄金色に輝く唐松の黄葉は圧巻だ。

昨年は、二度上げ峠でそれを見たが、軽井沢の離山も黄金色に変わる。そして御代田から見る浅間山の裾野も見事に黄金色に変身する。プリンスランド内では、唐松ばかりというわけにいかないので、それは部分的にしか見ることは出来ないが、その黄金色は後に様々な屋根の色を変えていく。

紅葉が終わっても、しばらくはその落ち葉が様々な場所で美しさを競い合う。
この落ち葉の絨毯は、また別の楽しみを与えてくれる。ここにいると、日に日に変わる葉の色を楽しみ、その葉が落ちていく過程も楽しめるが、最後にはその落ち葉がしばらくの間心を和ませてくれる。そして雪が降ってくる前に、風たちと踊る落ち葉のダンスは、時にはタンゴのメロディにのり激しく、時には悲しげにひらひらと舞う。やがて冬が訪れ、落ち葉たちは白い雪に覆われる。
それは木々や草花たちの布団となり春まで植物達を守り、やがて堆肥になっていく。毎年繰り返される自然の営みは、微妙な温度差やその年の天候でまったく同じとはならない。ここに生活すると、その違いを感じることができる。

先日、来荘され今年最後のプリンスランドで過ごされたTさん夫妻は、明日帰られる。今日はTさん夫妻をランチにお招きした。このような特別の日には、ランチシェフの出番はない。今日のメニューは、納豆オムレツ、胡麻豆腐、ほうれん草の白和えにサツマイモご飯。納豆オムレツには大根すりとネギがたっぷりと載せられ、お醤油でいただく。

食後、炬燵に入ってのだんらんはいつものように楽しく、来年の春までのお別れを惜しんだ。秋の紅葉が終わると、来荘者はめっきり減りプリンスランドにしばしの静寂が訪れる。僕たちは小鳥たちと戯れながら春を待つことになるが、2年目の今年は、定住している知り合いも出来、また違った冬になるかもしれない。薪割りも順調にはかどっている。あと2週間もすれば、薪割り爺さんは、小鳥たちの餌やり爺さんになる。いつまでも楽しみは尽きない。

日本ブログ村「60代以上の生き方」にエントリーしています。
皆様の変わらぬ応援、感謝しています。
引き続き、クリック応援、よろしくお願いします。↓クリック
http://lifestyle.blogmura.com/mylifestyle_over60/←にほんブログ村


Binder: 幸せ配達人のバインダー(日記数:1353/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=1983413&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.