水野朋子さんのマイページ

Devil’s Bible288 悪魔のバイブル288

2010/11/01 12:11

 そんな低レベルの騒ぎをよそに、エリザベスは次なる「芸術的」計画

を執事と共に話し合っている。

Aloof from the low-level affairs, Elizabeth is making the next artistic

plan with the Steward.


 「そうなのよ。この、私の『紅い薔薇』

http://www.youtube.com/watch?v=LUgLWV3m7cU

を弾いてくださるバイオリニストを探しているの。

Yes, Im looking for one or more violinists who could play my

Red Roses.

http://www.youtube.com/watch?v=LUgLWV3m7cU


 なにしろ、この演奏は、ピアノ伴奏はMIDI打ち込みで冷たすぎるし、

バイオリンはRedRoseつまり私だけど、やっぱり、ピアノパートを

私が担当してもっとずっとエモーショナルなものにして、バイオリ

ニストと生演奏してみたいでしょ?

You know, this MIDI piano part sounds a little too inhuman, and

the violin part was played by RedRose, that is, ME. Id love to

play the piano part more and more emotionally with a violinist

before the audience!


だけど、噂によると、このバイオリンパートは、例によって極めて

音がとりにくいらしいの。だから、少し僭越かもしれないけど、私の

これまでの経験則を生かして「指導」していったら、なんとか音が

とれるようにしてあげられそうな気もするのよ。あなたもご存知の

とおり、私はどちらかというと歌手畑の出身だから、ごく当たり前の

ように音がとれるんだけど、彼らがどうして音がとれないのか理解

できないくらいなのよ。

But I heard this violin part is, as is often the case with MY works,

too difficult to play just in tune. So, with their permission, if they

have so many difficulties, I think I could help them play this work

just in tune, making good use of my experiences. As you know,

I am originally a person in the singing trade, and its quite natural

for me to play this work just in tune. So I almost wonder why they
cannot play this work just in tune.


 この作品を是非弾いてみたい、というバイオリニストが集まったら、

公開セミナーでも開催してみたいと思っているのよ。ええ、もちろん、

ピアノパートは私が担当するけど。言語も、日本語はもちろんだけど、

その他英語とドイツ語も大丈夫だし、フランス語とロシア語もまだまだ

少しは大丈夫だから、外国人の生徒さんもOKだし、

If there are some violinists whod like to play this work gathering,

Id love to hold an open seminar to play this work of mine, Red

Roses. Yes, of course, Ill be in charge of the piano part myself.

I will, of course, accept foreign violinists, too, because I can speak,

of course, Japanese, and also, English and German, and also a little

French and Russian,


ときどき必要とあらば、バイオリンパートも自ら生で弾いて見せることが

出来るわ。

and sometimes I can show them how to play the violin part, too, if

necessary.


 問題は、スポンサーよね。そんなセミナーを開催するとしたら、

とにかく、多額のお金が必要だわ。私はご覧の通り貧乏作曲家

だから、誰かその計画に出資してくださるスポンサーさんがみつから

ないかしら???

The only problem is, who finances this seminar. It costs us quite a

lot of money to hold such a seminar, doesnt it? I am a very poor

composer, so, I need someone who could afford it.


 とにかく、足りないものはお金だけなのよ、私にとっては。だから、

お金さえ出していただければ、少なくとも私の音楽に関しては、後は

すべてやってのけるわ。

Whatever, the only thing I lack for is money. I am sure that I

can do everything else, as long as it concerns MY music, if someone

offers me enough money.


 とにかく、この作品が心から好きで、是非弾いてみたいと思う

人は誰でも参加できるということにしたいの。逆を言うと、それ以外の

邪心のある人には、弾いて欲しくない。だから、いつまでたっても音が

とれないのかも。

Whatever, Id like only violinists who love this work from their heart

to take part in this open seminar. On the contrary, Id never like ones

who have evil bones in their bodies to play this work. I think such

people would never be able to play it just in tune.


そうね、彼らが考えるべきことはただ、この曲をいかに魅力的に

弾くか、ということよ。まあもちろん、演奏活動をするとしたら、プロ

だからギャラのことくらいは考えてもいいけど...それ以外の邪念

を持つと、例えば、「見栄で音楽をしようとする」と、きっと永遠に

弾けないと思うわ。決して無理な背伸びはせず、自分に正直に

なること、それが大事なのよ。

Well, all they have to think about is, how to play this work as

attractive as possible. Thats all. Of course, they can also think

about how much money they can get when they play it in public,

if they are professional violinists. But if they have malicious bones

in their bodies, for example, they try to play it just out of vanity, I

bet theyll never be able to play it forever. The most important thing

is, to be honest to yourself without aiming too high.


 とりあえず一応音がとれるようになって形になったら、ひとりひとりの

個性的な「芸術」にまで仕上げようと思うの。楽譜には速度記号も

強弱記号もついていないから、どういう解釈をするかは演奏者のセンス

次第だし、場合によっては「これがはたして同じ曲なのかしらね?」という

ことにもなりかねないわ。そんな個々のバイオリニストの個性に合わせて

伴奏のしかたも自由自在に変化させなければならないでしょ?ここまで

くるとまるで指揮者のような仕事だけど...でも、本物の作曲家の

仕事もこうでなくてはね。

If they come to be able to play the work in tune, Id like to put their

performances into their respective, individual artistic final forms.

There are neither tempo marks nor dynamic marks on the score,

so, itd be completely up to performers musical senses how they

interpret it. Their performances sometimes could be like this;

Well, I cannot believe that they should be playing the same work!

I will adjust my piano performance to their respective musical senses.

Itd be almost like a conductors job, but I think thats the very way

a real composers work should be.


 私も、46歳になったからには、ようやくこんな「偉そうな」ことも出来る

わね。だって、そうじゃない?自分より年上の演奏家に「教える」なんて、

やっぱり、いろいろとやりづらいものだわ。最近では、年上の人に

対する態度のなっていない変な若者も増えてきたけど...」

Now that Ive become 46 years old, I think I can do such a self-

important thing. You know, though recently there are more and

more weird young people who are very impolite to older people,

its rather uncomfortable for us to teach something to people

older than we, isnt it?






最初からお読みになりたいかたは、
http://redroses.hp.infoseek.co.jp/Devil'sBible.htm
からどうぞ!!
If you'd like to read the whole story,
click here!!
http://redroses.hp.infoseek.co.jp/Devil'sBibleE.htm




Binder: 水野朋子のバインダー(日記数:994/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=230249&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.