水野朋子さんのマイページ

Devil’s Bible324-2 悪魔のバイブル324−2

2011/04/13 18:05

ちょうどその頃、マダムの宮殿では、「さとみ様」のフェラチオの

催眠術にかかった奴隷男たちがまことしやかに言い触らしている。

Meantime, at Madame’s palace, Satomi’s close advisors are spread-

ing such a groundless rumor as if it were true, being hypnotized by her

fellatio.


 「いいか、この作曲家水野朋子の演奏

http://www.youtube.com/watch?v=LUgLWV3m7cU

だが、ピッチは狂ってるし下手糞もいいとこの安〜い演奏だからな!

絶対に聴かないほうがいいぜ!!」

Listen! This performance by the composer Tomoko Mizuno herself

http://www.youtube.com/watch?v=LUgLWV3m7cU

is so cheap, poor and out of tune!! Never listen to it seriously!!”



 「さとみ様」は勝ち誇ったように言う。

Satomi says triumphantly.


 「ど〜よ?ここでひとつ、あたしのフェラチオの威力を見せ付けてやろう

じゃないの。あたしはね、ちょいとおちんぽくわえて強〜く吸うだけで、

正しいものを間違いと、または、間違っているものを正しいと言い張らせる

ことだって出来るのよ〜ん!

You see, now I’ll show off my power of fellatio hypnotism!! I can make

my slave people insist on something correct being wrong, and even some-

thing wrong being correct, just by having their penes in my mouth and

sucking them strongly!!


 これをさ、偉そ〜な専門家みたいな人にも言わせるとさ、白が黒になり、

黒が白にもなるってわけよ。ほんと、この独善主義には呆れるわよね!

I can make even people like specialists do it and make them call white

black and call black white. What a self-righteousness!!


 それでもああだこうだと言われたら、もう、しょうがないから、この曲を

演奏できる人に、顔に硫酸をかけるとか、顔をずたずたに切り刻むとか

なんとか言って脅してすかして、あたしのために無理矢理吹き替えを

させて、あたしがそれに合わせて口パクしてあたしが演奏してる、って

ことにすんのよ。ど〜よ?おちんぽさえ吸えば、なんだって出来るん

だから!!」

If they dont get convinced of such an incoherent logic of mine well,

O.K., I will force some violinist who can play this work to dub for me,

threatening him/her, saying, “Dub for me, or I’ll pour sulfuric acid

onto your face!” or “Dub for me, or I’ll cut your face into pieces!!

and just pretend to have played it myself! You see, you can do every-

thing if you suck penes or playing with sex organs!!”



 「さとみ様」のフェラチオを拒否し続けているがゆえに、辛うじてまともな

精神性を保っている側近たちが眉をひそめながら囁き合う。

Other close advisors, who have remained rather reasonable because

they have been rejecting Satomi’s fellatio, whisper to one another,

frowning.


 「あの人たちも、ついにすっかり焼きが回ったようですな。まさかあの

水野朋子の演奏について、ピッチが狂っているなどと評するとは。」

「そうですな。チューナーで機械的に計測してみても明らかなのですが、

作曲者である水野朋子の演奏は、約一箇所危うくなりかけたところを

除いては、完璧なピタゴラス音律で楽譜に限りなく忠実に音をとって

あります。この、正しく音をとるだけでも至難の技といわれている難曲

中の難曲を、バイオリン歴わずか4年半のこの人がほぼ完璧に

弾きこなしている演奏ですのに、いったい何をおっしゃっているの

でしょうな?」

They seem to have got well senile to be so bold to criticize Tomoko

Mizuno’s performance to be out of tune, don’t they?

I think so, too. According to our measurement by a tuner, Tomoko

Mizuno played this sonata just in tune, in almost perfect Pythagoras

tuning, except for a slight mistake. She played this sonata, one of

the works the most difficult to play in the world, which is said to be

too difficult just to play it in tune, almost perfectly with her only four

and a half year violin experience. What nonsense are you talking in

your sleep!”


 「中には有名バイオリニストの替え玉さんがたもいらっしゃるようですが

...この演奏をそこまでこきおろしになるからには、御自分はきっと、

これよりずっとお上手にお弾きになれるのでしょうな。」

「言うはたやすく行なうは難し、と言いますし...まさかお弾きにもなれ

ないのに偉そうにご批判なさるなんてことはないでしょうな。是非一度

拝聴したいものですな。」

There seem to be some stand-ins of famous violinists. I think they

can definitely play this sonata much better then Tomoko Mizuno

if they can be so bold to criticize her performance so badly.”

Easier said than done? They can’t be so self-important being unable

to play it well themselves, can they? We’d love to listen to their

performances!”



Binder: 水野朋子のバインダー(日記数:994/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=230249&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.