水野朋子さんのマイページ

Devils Bible362-2 悪魔のバイブル362−2

2011/11/16 14:29

 そしてエリザベスは、再び『精神分析入門』の原文の研究にとり
かかる。
And Elizabeth begins to work on her study of the original
German text of Freud's "Lectures For Introduction To Psycho-
analysis" again.


 「おや、お嬢様、第二章 『錯誤行為』に逆戻りですかな?」
"Oh, you returned to the 2nd Chapter "Mistakes" again, Lady?"


 「ええ...」エリザベスは少し困惑したように笑う。「第十章
あたりからほんとうに滅茶苦茶なドイツ語になってきたようだから、
今一度、「まともなドイツ語」というものを綿密に分析し直そうかと
思って...
"Yes...," Elizabeth smiles, being a little puzzled, "As I
noticed the German text gets into quite a mess from the 10th
Chapter, I decided to return to the "sensible" German of the
2nd Chapter again and analyze it minutely again.


 ほら、こうやって、Duden-Oxford 英独独英辞典を参照しながら
丁寧にチェックしていくと、こんなに間違いがあるでしょう?
間違っている箇所や意味不明な箇所は赤い文字にしてあるから、
文法的な破綻の少ない読みやすい文章であるか否かが一目瞭然に
わかる仕組みになっているのよ。
Look, there are so many mistakes, being examined referring to
Duden-Oxford English-German German-English dictionary, right?
As I made mistaken or unreadable parts red, you can distinguish
good, readable texts without any grammatical mistakes from bad,
unreadable ones at a glance.


 第二章の冒頭部分はこんなにミスが少ないのだけど、
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Photo/node/PhotoEntryFront/user_id/230249/file_id/224873
第十章ときたら物凄いの。
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Photo/node/PhotoEntryFront/user_id/230249/file_id/224874
どう考えても、同一人物が書いたとは思えないわ。こんなに意味不明な文章、
どうして訳せたのかしら?なんて思わず首を傾げてしまいそうなほど変な
文章もあったりするわ。日本語訳はどう考えてもまったく意味の違うことを
書いてなんとか誤魔化している気がするわね。故意なのか単なる読み間違い
なのか、いずれなのかはわからないけど。
Though there are few mistakes at the beginning of the 2nd Chapter,
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Photo/node/PhotoEntryFront/user_id/230249/file_id/224873

that of the 10th Chapter is really a mess;
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/Photo/node/PhotoEntryFront/user_id/230249/file_id/224874

I can never identify the writer of the 1st Chapter with that of
the 10th Chapter. There are even such messy sentences that I just
wonder how they could translate into Japanese. I even found a part
where I couldn't help guessing the translators should have put off
something, writing quite different things. I don't know whether
deliberately or unconsciously.


 二人組での翻訳作業だったからかもしれないけれど、もしかしたら、
片方がドイツ語の意味をとって、もう片方がそれを日本語らしい日本語に
直したのかもしれないけど...たしかに模範的な日本語だけど、この
作業を仮に単独でやったとしたら、絶対にこんな訳にはならなかったはず
だわ。
They seem to have done this job double. Maybe one read the German
text and the other revised it into proper Japanese. Although I think
the Japanese translation is really excellent, but I also think I
wouldn't have translated the part into such a Japanese sentence if
I had done it all alone.

 いずれにせよ、けっこう時間のかかる疲れる作業だけど、文章を印刷
物として後世に残すということはそういうことなのよ。どんなに間違い
だらけでも、理解不能な文章でも、スピードさえ速ければいい、なんて
無責任な考え方では困るわ。後世の人々が迷惑する、ってことなのよ。」
Whatever, it's rather an exhausting job which takes much time and
energy. but we mustn't neglect it as long as we try to leave something
printed. We mustn't be so irresponsible; "All's well that ends
so quickly however many mistakes there may be or however unreadable
it may be!???" Our descendants will have so many troubles, right?"


 その会話を聞いていた側近たちは...


 「『精神分析入門』の第十章の冒頭部分ですか...そういえばこんな
事件がありましたな。「自称天才」のフランス人集団が乱入してきて、フロ
イト博士を脅して彼の脳を取って彼に成り代わって講義をしたのですな。」


 「左様。しかし彼らはフランス人ですから、どうしても変なドイツ語に
なってしまう。フランス語にはない細かい格変化などにも鈍感ですが、
それよりなにより、語順が滅茶苦茶で、一発で「もぐりの」ドイツ人だと
ばれてしまいます。」


 「しかしまあ、彼らがドイツ語を真面目に勉強して乗っ取ったのであれば
まだ良かったのですがね。なにしろ、自分たちは天才なんだから勉強は一切
しない、が口癖の天才妄想患者たちですから、こんなことになってしまった
というわけです。」


 「しかも、真面目に勉強もしないのにやたらと難しいことをしたがるだけ
ならまだいいのですが、それを指摘してやめさせようとする人々にとんでも
ない八つ当たりをすることもありますから要注意です。」


 「たとえば、エリザベスのピアノの練習中にもやりましたな。トイレに
侵入してきて卒倒寸前状態まで血を抜いて失敗させようとしたり、などなど。
恐ろしいでしょ?まあ、エリザベスは天才ですし、栄養状態には常に気を
配っていますからたいしたことにはなりませんでしたが...こんなことが
公にばれたら傷害罪に抵触します。」


 「その「自称天才」のフランス人ですが、日本人になると誰になるかと
申しますと...植野受理や竹内唯子や名取優子、男性では...要順、
伊藤篤志、などなど、です。この顔ぶれがエリザベスその他のまともな
人々の周囲に出没したら、血を抜いたり毒物や薬物を注射したり飲食物に
混入したりと、何やら犯罪めいた妨害行為をしでかすかもしれませんから
要注意、ですよ。」



Binder: 水野朋子のバインダー(日記数:994/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=230249&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.