水野朋子さんのマイページ

Devils Bible407-2 悪魔のバイブル407−2

2012/09/19 19:51

 「ほんとうにはらはらいたしました、あの者どもはほんとうに、悪魔の手先
ですな。
"I was listening to your performance with my heart in my mouth, Lady
... They are such terrific agents of the Devil, aren't they?


 しかしまあ、このレパートリーは、お嬢様がいつも日頃の練習レパートリー
として当たり前のように弾いていらっしゃるものですが...いくらあいつらが
嫉妬してあれこれ脳をいじったり催眠術をかけたりしたせいで一回目はかなり
お崩れになっても、二回目は必ずすべての間違いを修正して、絶対に同じところ
で同じミスをなさらないのが、お嬢様が自ら譜読みと練習をなさる本物の
ピアニストでいらっしゃるなによりの証拠です...」
Whatever, this repertoire is your usual "etude" repertoire you often
play, so, however tenaciously they may mess up or hypnotize your brain,
you can play them almost perfectly according to the original scores in
your second tries, never making the same mistakes you've made in your
first tries, even though you might have made rather many incredible
mistakes in your first tries. That's the very evidence to prove that
you are a real pianist who read the scores and practice by yourself..."


 舞台から戻ってきたエリザベスに、執事が心配そうに声をかけると、エリザ
ベスは呆れたように肩をすくめながら微笑む。
As the Steward talks to Elizabeth, who's just returned from the stage,
she smiles a little disgustedly, shrugging her shoulders.


 「そうね...だから一回目は、ご期待通り派手に間違えてあげたわ。でも、
二回目はきちんと弾けたでしょう?だって単なる催眠術なんですもの。」
"Yes... so, KINDLY ENOUGH, I've made so many mistakes in my first
tries as they expected. But, you know, I was able to play them almost
perfectly according to the original scores in my second tries, right?
After all, hypnotism is just hypnotism!!"



 そして、その後舞台に登場した天才妄想患者に、音楽関係者のひとりが
嫌味たらしくこんなナレーションを贈る。
And then a musician introduces the next performer, a "genius paranoiac",
so ironically like this;


 「皆さん、再び「間違い探し」です。同じ作品を二回演奏していただきます
ので、間違いをお探しください!!」
"And the next performer will play the same work twice, too!! Please
be careful where and how he makes mistakes, everyone!!"


 天才妄想患者は同じ作品を二度演奏するも、なぜか二回とも同じ箇所を
同じように間違える。どうもオリジナルとは違う楽譜を覚えこんでしまって
いるらしい...
The "genius paranoiac" plays the same work twice, and make quite the
same mistakes. He seems to have remembered some different score from
the original one...


 音楽関係者は冷笑を浮かべながら解説する。
The musician explains with a cold smile.


 「皆さん、おわかりになりましたでしょうか?同じ作品を何度演奏しても、
同じところを同じように間違える演奏家は、大変お気の毒なのですが、最近
話題の、「うんこ座りフェラチオ女またはおかま」にはまって、自分は天才だ、
と思い込んでいるだけの妄想患者なのです。ほんの数秒の気の迷いで人生を
棒に振ってしまった馬鹿な奴ですし、近い将来、刑務所か精神科行きになるか、
『月と6ペンス』の主人公のように癩病に罹って腐っていくだけの人生の結末
が待っていますが...こうして真面目なピアニストたちに変な催眠術を
かけさせたりしては卑劣な足引っ張りばかりする迷惑極まりない奴ですので、
まあ、天罰だと思って、笑って見送ってやってくださいね...!!」
"Did you see what we meant? We are very sorry to regard performers
who make the same mistakes how many times they may play the same work
as "genius paranoiacs" who've just been brought to believe themselves
to be geniuses by those fellatio (male?) women's hypnotism. They are
such miserable fellows who have ruined their lives just because of a
moment of a mere fancy, and they will be definitely arrested or sent
to mental hospitals or rotten of leprosy in the near future, just
like the hero of "The Moon and Sixpence." Let's see them off smiling
because it's natural punishment for them who've been so nasty to have
made the same thing they did to Elizabeth today to real, serious
musicians!!"


Binder: 水野朋子のバインダー(日記数:994/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=230249&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.