あめりあさんのマイページ

神様をお家に迎える

2010/03/04 15:34


参拝の帰りにお札を頂いてきましたか?日本の神様は心の中で思っていてたまに参拝に伺うだけでも良いのですがより身近にいて頂きたいと思うなら神棚を建ててお札をお祀りしましょうお家に神様がいらっしゃると思うだけでも良いのですが神様だって居心地の良いとこにお住まいになりたいでしょうし良くもてなせばお答えもいただけるというものですとは言っても白木の宮型を置き神主様に祓いいただき榊に明かりに神饌を供えるなんていきなりそこまでの必要もありません自分の思うところまでで十分ですまず覚えておいていただきたいのは最上位の神様は大神様こと「天照皇大神」であることですこれには諸説ありますが特に信心するところがなければそのように受け取ってくださいなにせ光の神様ですからねそしてその天照皇大神の分身たるお札が大神宮様(だいじんぐうさま)こと「天照皇大神宮」です宮とつくのはそこが神様のお住まいだからですつまり神様の分けたお家なのです天照皇大神は伊勢神宮にいらっしゃいますがそのお札はたいていの神社で頂くことが出来ますそれだけ力があり大きな神様だということですもし一体しかお札をお祀りしないのなら天照皇大神宮にしてくださいしかしせっかく氏神様や鎮守様に参拝されたのでしたらそちらのお札もお祀りしましょうわたしは天照皇大神宮と鎮守様のお札と二体をお祀りしています最初に書いたとおりご自分の思うところでよいですが最小限のマナーをここに書いておきますわたしのいまのお祀りの方法でもありますお札をお祀りする所は清潔で明るく家族の集まるにぎやかな場所で目線より高い位置で東か南向きですわたしはリビングの西の壁にしていますなおお札の上を人が通ることは失礼になるのでお札の上は屋根となっていることが望ましいのですがマンションなどでそれが難しい場合はお札をお祭りした上に雲を置きます紙に書いたものでも良いですし雲形に切ったものでもよいですお札のすぐ上や天井に置きますお札は壁に直接貼っても良いですが画鋲や釘で打ちつけてはいけません棚や鴨居の上に置き壁に立てかけるときは半紙を敷くようにしましょうわたしは壁に紙を貼りそこにお札を貼っていますまずA3の紙を両面テープで壁に貼り最上位の天照皇大神宮を中心に貼り右に鎮守様のお札を貼りますお札も両面テープでとめています左側には特に信じる神様がおいでならそちらのお札を貼りますがなければ空としておいてかまいません※お札を頂いたときに薄い紙に巻かれていますが貼る時にはそれははがしてください※はがす事によりお目覚めになり活動を始めてくださいます質素な神棚ではありますがそれでも存在感は十分にあります部屋の空気は澄み楽器を鳴らせば良く響きテレビや電灯でさえやさしくなりますなにか姿勢を正したくなるようなピリッとした気を受けますこれが神様を身近に感じたと言うことなのかも知れませんまずは神様を身近に感じ敬うことですがもっともてなしたいもっと神様に喜んでいただきたいと思われる方はご自分でお調べくださいわたしも精進していきたいと思います


Binder: あめりあ日記(日記数:8325/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=235742&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.