GARUさんのマイページ

Every Little Thing「DREAM GOES ON」

2009/10/16 23:02



初期メンバー五十嵐充が参加した待望のシングル!     
        Every Little Thing「DREAM GOES ON」





01: DREAM GOES ON
作詞:Kaori Mochida / 作曲:Mitsuru Igarashi

02: spearmint
作詞:Mitsuru Igarashi / 作曲:Mitsuru Igarashi

03: DREAM GOES ON(Instrumental)
作詞:Kaori Mochida / 作曲:Mitsuru Igarashi

04: spearmint(Instrumental)
作詞:Mitsuru Igarashi / 作曲:Mitsuru Igarashi





 こんにちは、GARUです。
今日は久しぶりに初期メンバーが全員揃って製作した
ELTの新曲をレビューしたいと思います。



★シングルのレビュー方法★



*ジャケット(ビジュアル面):5点満点
*曲(メロディー、歌詞、演奏など):15点満点
*パッケージ内容(特典DVDや、カップリングなど):10点満点
(*の内容をあまり知らない場合は4点に統一します)
全体の感想




*:3点



 メリーゴーランドに佇む様子がジャケットになっています。
初回限定版ではギターの伊藤一朗を写っていて、どちらもきらめいているけど、
それだけではなくどこか淡く切ないような雰囲気も醸し出しています。
結構楽曲に合っているのではないでしょうか。




*:8点



 なんだか安心して聴ける楽曲ですね。以前五十嵐さんがELTに作っていた
楽曲より、使っている音が柔らかいような印象があります。
きっと今の持田香織の歌唱法に合わせて作っているのでしょうね。
でも、それを差し引いても、ちょこっとパンチが足りないような印象があるなあ…。
柔らかすぎるというか、持田香織の歌唱がとても柔らかいから、バックの音には
ある程度ソリッドな音が入っていて欲しいな〜と思います。
前作「あたらしい日々」ではアクティブなストリングスが印象的でした。



歌詞はこの柔らかい歌い方以上に前向きで力強い印象を受けます!
こういう、ELTの時に見せる非常にポジティブな歌詞が好きですね。
それでいて今は無理の無い唄い方をさせてもらえてる。良い感じです。




*:7点



 GARUは今回、カップリングとして収録されている
「spearmint」がお気に入りです!
こちらも穏やかな感じの曲に仕上がっているのですが、
五十嵐さんが書いた歌詞が凄くマッチしているんです!!
なんか、やっぱりELTのことを今でも愛しているんだな〜と思いますし、
Bメロの、



「忙しくて言い訳ばかりゴメンね
    たまには荷物まとめて何処か遠くへ」



という歌詞が、何だかノスタルジックな気持ちにさせます。
そしてそのBメロ自体も、メロディーが穏やかながらサビへの
美しい流れを持っていて、持田香織の柔らかい歌唱に最高にマッチしています!!



表題曲と同じく全体的に柔らかいアレンジで特にパンチはないですが、
こちらに関してはこれでいいと思うんです。歌詞がセンチメンタルですからね。




お気に入り度
               18/30点





全体の感想:



 ELTに関しては、様々な意見を聞きます。特に喉の調子を悪くしてから
歌唱法を変化させていくあたりで、初期ELTを好むリスナーが離れていき、
久しぶりにELTの曲を聴いた人は、その変貌振りに驚きと落胆の様子を見せているようです。



個人的には、初期のELTの楽曲ももちろん好きですし、また同じような
ストレートな唄い方であの高音域を聞けるなら幸せですが、失ってしまったものを
いつまでも引きずって前に進めない事はよくないことだと思うんです。
きっと持田香織だってプロですから、少しでも喉の状態を改善する為に努力しているはずです。
それで今の状態だから、それはこれ以上どうしようもないのではないでしょうか。
それでも、応援してくれるファンがいるし、本人の意思もあるから今出来る範囲で
良い曲を作ろうと努力しているのではないかと感じられます。
幸いなことに、YUKIの大ファンであるGARUは現在の持田香織の歌唱法はすんなり
受け入れられました。しかし、この手の唄い方が苦手な人は多くいるかもしれません。
だから、人気がある程度落ちることも分かっているでしょうし、仕方の無いことだと思います。
それでも、GARUみたいに受け入れられる人もいますし、応援してくれる人がたくさんいるので、
それでいいんじゃないでしょうか。要は、お互いが楽しませよう、楽しもうという
気持ちを持って物事に接していけばいいのだと思います☆(←哲学入ってます?笑)



持田香織自身は、前作「あたらしい日々」の歌詞の2番で

「本当のこというと どうしたらいいかって
 わからなくなることだってあるんだ
 
 そんなときは とてもとても 深い深い海の底
 光を見失うことだってあるんだ

 それでも やっかいなのは 君が僕を呼ぶ声がするよ

 嬉しくて 涙あふれた
 
 懐かしい匂いがした 君が浮かべば
 いつだって 乗り越えられる

 あたらしい日々へ ずっと 走り続けた

 まだまださ 明日を

 夢みたいんだ 掴みたいんだ 刻みたいんだ」


と綴っています。
この曲の歌詞が全てを物語っていると思います。



 今作は、五十嵐さんが楽曲に関わっただけではなく、作詞にまで
参加した事が、ELTにとって非常に重要な出来事であったと思います。
きっと、3人に大きな心境の変化が訪れたのかもしれません。
音域や歌唱法はもう変わらないかもしれませんが、今作を聴いて、まだまだ
ELTは注目すべきアーティストであると言うことを再認識させられました。



特に「spearmint」のノスタルジックな感じは、ソロの持田香織でも感じられなかった
大衆性も持ち合わせているので、これからのELTの可能性を感じさせます!
頑張って欲しいと思います!!



今回の作品に関する感想は以上です。
みなさんはどのように感じられたのでしょうか?


Binder: GARUのバインダー(日記数:249/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=263388&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.