umasica :桜里さんのマイページ

ある覚醒の瞬間

2009/09/21 22:28

惰眠から目覚めると、タヌキのお目覚めの言葉が…

 

 

Comment 29
たぬき男いたち男
2009/09/21 12:20

come_top.gif
come_arrow.gif
さて、此処は「私」の個人的な問題。「レボトミン」と「ジプレキサ」

の「シーソーバランス」だけの話だと思っていたら、とんだ伏兵が…。

「レキソタン(ローチェ)」が重大な「鍵」を握ってる事を知ったのだ。

此れを失った此の1ヶ月は、悪夢の「メリーゴーランド」をさ迷って

いる様な按配だったが、後1週間でも頑張れば「処方」してもらえる。

「病気」はひたすら「薬」との戦いとなるな。「妊娠」も恐ろしいが、

「不安発作」も又、同様に恐ろしい。何せ「正気」でいられないのだ。

「スミス」見たいに最初から「狂ってる」のなら、別に問題などない。

多くの場合「狂ってる」本人に自覚がない事が、しばしば見受けられ

当人に尋ねても「怒る」だけで、如何にも「治療」の仕様がないのだ。

そも「健常者」の中に紛れ込んだ、此の「病人」を助ける意味がない。

だが自覚を持っている者にとっては「薬」は「生命線」だから大変だ。

「レキソタン」は目立たない強力な作用を、発揮していた事が解った。

「現実感」を取り戻すのには、必要不可欠な「薬」と知って慌て騒ぐ。

大人の女を「妊娠」させる…など「夢」のその又「夢」の世界の話だ。

先ずは何しろ「性」の世界から遠ざかって、何でも無い「現実感」を

得る事の幸福を知るのが、此の「病気」の根本的に抱える自覚症状だ。

「薬物依存」の体質は慢性化し、今更止める訳には行かないから弱る。

「スミス」の狂気を「治療」する事の無意味さ…と共に、思い知る所。

「現実」はしばしば狂気を孕んでいるが、その壁を越えた世界もある。

「私」は此れを一歩、踏み越えた為に「思想警察」に「逮捕」された。

…と云う妄想に、取り付かれた「私」は「レキソタン」を必要とする。
come_bottom.gif
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  「現実」はしばしば狂気を孕んでいるが、その壁を越えた世界もある。
 「私」は此れを一歩、踏み越えた為に「思想警察」に「逮捕」された。
 …と云う妄想に、取り付かれた「私」は「レキソタン」を必要とする。
 

 

…という言葉が、たぬき男いたち男自身の口から(実際にはキーボード操作からだけど)生み出されたということに感動さえ覚える。


統合失調症の発症と入院が、「神」とその統制下にある「思想警察」によるものとして告発の対象ですらあったこれまでの自己履歴に対する認識と比べれば、「思想警察」の存在と「思想警察」に「逮捕された」という「体験」が、「妄想」という形で対象化される地点にまで自力で到達したということを意味するからだ。

少なくとも、たぬき男いたち男にとり残酷・酷薄であった「神」の存在、そして「思想警察」に監視され続ける日常的恐怖・不安が、「妄想」として対象化される瞬間がやって来たのである。


恒常的にその意識を維持することは難しいだろうが、しかしここで、一度でも「妄想」として対象化されたことが重要だろう。

不安感の軽減という効果がゼロではないというところがだ。



それが、今後のアラシ・悪態・罵詈雑言の抑制へとつながれば文句なしなのだけど、まぁ、遠い道のりではあるだろう。

しかし、こちらからの誘導ではなく、当人の口から当人の意思の支えで見出された言葉だ。これぞ、タヌキのバージョンアップと言うべき出来事ではないだろうか。



まぁ、その後に続く「タヌキ日記」のコメント欄では、タヌキは逆上し、せっかくの冷静さを失ってしまったけれど(コメントすべて削除)、まぁ、大きな一歩が記されたということもまた確かなことであったように思われる。








Binder: たぬき男いたち男研究(日記数:19/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2009/09/21 23:13
    …という歴史的な一日なんだけど、後は当人の問題なんだよなぁ…

  • Comment : 2
    しんすけ
     2009/09/22 08:41
    狸鼬殿は覚醒の果てにある境地へ向かったのであろう。

    そも「健常者」の中に紛れ込んだ、此の「健忘者」を助ける意味がない。

    自覚せる者として、今はかってのコメント削除に懸命のようである。

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2009/09/22 22:09
    しんすけ様


    >自覚せる者として、今はかってのコメント削除に懸命のようである。

    自分の日記に何を書こうが、それは当人の勝手。

    しかし、外で他人相手に暴言・悪態・罵詈雑言…というのが問題。


    タヌキは人なつっこいんだけど(相手を求めているんだけど)、
    することなすこと逆方向。

    それなりに魅力ある文章を書くので、ファンも多いんだけど、
    そこから先へ進めない。

    もう一つ自己抑制が出来さえすれば、すべて解決。

    そのもう一つが、出来ない。


    まぁ、それでも随分進歩したんですよ。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.