umasica :桜里さんのマイページ

神糞神学への道 3

2010/03/29 20:34

腐った鰯よりは、腐った檸檬の方がいくらかはマシのような気もしないではない。死んだ動物よりは、死んだ植物、ということか? 腐ったレモンの方が、臭わないような気がするわけだ。

人間の腐乱死体と、腐った鰯には大きな違いはないのかも知れない。どちらも動物性の腐敗物なのである。吐き気につながる臭いが予想される。

 

 

知人が、福祉関係の仕事をしているのだが、訪問先で、孤独死状態の福祉サービス利用者を発見することもあるらしい。死後の経過時間や季節によって状態も異なるらしいが、腐敗の進んだ(液状化したような)死体との対面は、出来れば避けたいものだと言う。

この世界には、夏場の閉め切った室内での、腐敗が進んだ死体との出会いが仕事の一部であるような職業もある、というわけだ。

 

J.へラーの小説『キャッチ22』には、高射砲弾に身体を引き裂かれ、爆撃機の後部で死にゆく搭乗員を、主人公ヨッサリアンが看取るシーンがある。血まみれの内臓さえ露出した、やがて死にゆく身体。

そこでヨッサリアンは、死とは、人間が生ゴミと化す過程と異ならないことに気付くのであった。それが戦死することの意味、戦争で殺されることの意味なのだと気付くのである。

もちろん、このエピソードは、基地へ向かう爆撃機内の出来事なのであり、腐敗する死体が相手なのではない。

 

人の死は、腐敗へのスタートであり、そこから先は生ゴミの腐敗過程と同様の変化が、かつて生きていた身体を襲うのである。

 

 

 

現代日本では、通常、人はそれぞれに死を迎えるのであり、死体と化した身体は、それぞれに相応の取り扱いを受けることになる。病院で迎える死であれば、自身の身体が腐乱状態に至る以前に適切に処理されることは、ほぼ確実であろう。

個別の死には、個別の対応が可能なのである。

 

 

 

 

一昨日以来の話題に戻れば、絶滅収容所での効率的な大量殺害は、事前に効率的な死体処理システムを構築しなかったことにより、適切に処理されない死体の山として結実したわけである。腐敗を続ける死体の山、なのである。

そこにあるのは個別の死ではなく、効率的な大量殺害であった。

しかしやがて、絶滅収容所の運営スタッフは、効率的な焼却システムを導入することにより、効率的な大量殺害に対し、効率的な死体焼却で対応することになる。そこには、個別の死は存在せず、個別の葬送も存在しない。

人は統計上の数字として殺され、死体は統計上の数字として処理されるのである。

 

腐敗する生ゴミ状態の死体が発するのは、その存在を主張するのは、臭気という形式のメッセージであろう。

死体の存在が目には見えなくとも、肉塊の腐敗過程は、不快な臭気としてその存在(死んだ肉体の存在)を主張するのである。見ないふりは出来ないのだ。

目を閉ざしても、臭気が、容赦なく襲うのである。

 

絶滅収容所の設立に関与した優秀なナチス党員達は、不愉快な臭気に覆われるという事態として死体処理システムの事前設計を怠ったことの不用意さを味わった後は、すべてを一連の処理過程として構築することで対処することが出来た。

なぜならば、効率的な大量殺害と、効率的な大量の死体処理は、計画的に運営すべき日常業務として、彼らの課題となっていたからである。

 

 

 

 

戦場において、そして地震等の大規模災害現場において、人が直面させられるのは、計画的処理が成立しない状況である。死者数は予測出来ず、死者の所在確認も容易ではない。事前に組み上げられるからこそ「計画」なのであって、出来ることは現状への対応、事後対応だけなのである。

その中で人は死に、その肉体は腐敗し始める。

 

 

 

 

 

死を世界に組み込み、死体の腐敗を世界に組み込んだ神は、同時に、あの糞を世界に導入した神でもあった。

 

 

 

 

 



Binder: スカラベ・サクレ(日記数:11/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2010/03/29 22:29
    神と糞というテーマ、ということになるのだろうか?

    臭気という要素が、生ゴミを介して、糞と死体を結びつける。

    そして、そこに、生きている人間が存在するのだ。

    生きて死ぬ人間が、そして生きて臭いを感じる人間が。

  • Comment : 2
    ドボン!
     2010/03/30 18:16
    >☆頑張れ「不埒堂本舗」!!☆ガセネタの雄「東スポ」を超えるんだ!!!☆

    どうやら、、レモンがガセネタ屋になったみたいですね。。


    うがい薬のイソジンにレモン水を入れると、、、ア〜ラ不思議。。
    透明になります。。

    これは、、ガセではありません。。

    午後の紅茶に入れても、、、透明になります。。。←これはガセネタ。。
    普通に、、美味しいレモンティーになるだけ・・・


    こう、、うんこばかりになると、、なぜか恋しい。。柑橘系・・・・・

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2010/03/30 20:54
    >こう、、うんこばかりになると、、なぜか恋しい。。柑橘系・・・・・

    いや、まぁ、アラシの相手にはウンコがふさわしいという意見も…
       (楠木正成流軍学の伝統がここに)

    なんだかんだ言いながら、
    自分からウンコまみれになってるアラシさん、というオチでございます。

  • Comment : 4
    umasica :桜里
     2010/03/30 21:03
    《表現に変更を》

    ☆頑張れ「不埒堂本舗」!!☆ガセネタの雄「東スポ」を超えるんだ!!!☆
     ↓ ↓
    ☆頑張れ「不埒堂本舗」☆目指せ「東スポ」☆楽しいガセネタ〜♪♪☆

           (ハピコメだか足コメだかの話)

  • Comment : 5
    umasica :桜里
     2010/03/30 22:33
    >なんだかんだ言いながら、
    >自分からウンコまみれになってるアラシさん…

    こちらのコメント欄も参考に
     → http://www.freeml.com/bl/316274/133514/

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.