umasica :桜里さんのマイページ

神糞神学への道 5

2010/04/15 22:57

 

 世界が神によって創られたと主張する人たちと、自然にできたと考える人たちとの論争は、われわれの理性や経験を超える何物かを扱っている。人間に与えられたものである存在を無条件で受け入れる人たちと、(それがどのようにであれ、誰によってであれ)それを疑う人たちの間には現実をはるかに超えた差異がある。

 ヨーロッパのすべての信仰の背後には、宗教的であれ、政治的であれ、創世記の第一章があり、世界は正しく創造され、存在は善であり、従って増えるのは正しいという考えが出てくる。われわれはこの基本的な信仰を存在との絶対的な同意と呼ぼう。

 つい最近まで糞という語が本の中で××で書かれていたとしても、これは道徳的な理由からではない。糞が不道徳であるなどと、まさか主張なさりたくはないであろう! 糞との不同意は形而上的なものである。排便の瞬間は創造の受け入れがたさを日々証明している。あれかこれかで、糞が受け入れられるか(もしそうなら便所を閉めるのをやめよう!)、われわれは受け入れがたい方法で創造されているか、二つに一つである。

 以上のことから、存在との絶対的同意の美的な理想は、糞が否定され、すべての人が糞など存在しないように振舞っている世界ということになる。この美的な理想を俗悪なもの(キッチュ Kitsch)という。

 これはドイツ語の単語で、センチメンタルな19世紀の中頃に生まれ、すべての言語にひろがったものである。ところがしばしば使われているうちにもともとの形而上の意味を失ってしまった。すなわち、文字通りの意味でも比喩的な意味でも、キッチュは糞の絶対的否定になった。キッチュはそれ自身の観点から人間の存在において本質的に受け入れがたいものをすべて除外する。

          (ミラン・クンデラ 『存在の耐えられない軽さ』)

 

 

…というお話を読んで思い出すのは、退廃芸術を破棄した上に打ち建てられた第三帝国の公式芸術の世界であり、前衛芸術の否定の上に築き上げられたソ連邦の社会主義リアリズムの世界である。糞が排除された、美しく健康な世界。

 

ユダヤ人、共産主義者、同性愛者、障害者…を糞と同一視し、世界から排除することで成り立つ、ナチスドイツの健康な世界。反革命勢力の烙印を押すことで共に夢見ることに同意しない人々を糞扱いし、排除することで成立する共産主義者の美しいユートピア。

 

つまり、糞を受け入れるということは、全体主義への不同意を意味する。

 

 

糞が存在する現実を受け入れ、糞こそが生の証、存在の証であることを受け入れること。つまり、糞と共にある世界を受け入れることこそが、全体主義への不同意の証となるのだ。

これは、糞への愛ではない。糞との共存なのである。

 

糞まみれにならずに、糞と共存すること。ここにこそ、反全体主義への意志の方向性が定められなければならない。

 

 

 

糞まみれになりたい自由は尊重されるべきである、と考えるのが反全体主義精神であろう。そして、糞まみれにされたくない自由も同様に尊重されるべきである、と考えるのが反全体主義的精神である、はずだ。

世界から糞を排除し、排除されるべきと決定された人物を糞扱いし、糞まみれにさせて打ち棄てる体制こそが全体主義なのである。

 

誰かを糞扱いすることで、誰かを世界から排除する理由としてしまうような世界を求めないことであり、糞扱いにして排除された誰かの存在に体制の安全の保障を求めないことこそが求められなければならない。

それが反全体主義精神なのである。

 

糞は確かに存在する。しかし、だからどうした、それが生きている証拠じゃないか、と言えること。

そこに自由なる世界への第一歩があるのだ。

糞に動じない社会。それが自由な社会なのである。

 

 

要するに、綺麗事を言うことで世界が実際に綺麗になると考えるのが、クンデラの言う、キッチュを氾濫させることで体制の保障とする、存在との絶対的同意の下にある世界なのである。

 

詰まらぬ世界ではないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 



Binder: スカラベ・サクレ(日記数:11/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2010/04/16 00:20
    つまり、
    糞もアラシも、この世界を構成する一要素なのである、ということか?

    勝手に糞まみれになった、あのアラシも、ね。

  • Comment : 2
    Mr.Dark
    Mr.Darkさん
     2010/04/16 00:47
    [‥そんなときこそ「なにクソ!」と頑張って不遇の境地を脱したのです]云々‥という美談は古今東西巷に溢れております。

    しかし、「なにクソ!」はOKでも、「ええいクソ!」「こなクソ!」はNG、「クソ食らえ!」に至っては刑法に(以下略)

  • Comment : 3
    umasica :桜里
     2010/04/16 01:05
    Mr.Dark 様


    >‥そんなときこそ「なにクソ!」と頑張って不遇の境地を脱したのです…

    これぞ「ヤケクソ」ってヤツではありませぬか?

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.