umasica :桜里さんのマイページ

単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない…のか?

2013/12/04 20:18

自由民主党の幹事長である石破茂氏によれば、市民のデモにおける、


 単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない


…ということになるのだそうだ。


石破氏は、ここで「単なる絶叫戦術」という言い回しをしているが、想定されているのは(あるいは該当するのは)、デモの参加者による「シュプレヒコール」以外の何物でもないだろう。

与党幹事長のブログ上で、それもわざわざ「本質において」との但し書きまで付けられて、市民の主張の街頭における表現手法としての「シュプレヒコール」が、「テロ行為」と同然のものとして語られ、批判されていたのである。


市民のデモの権利を認めることは、民主主義国家においては当然の話である。不適切な行政権力の行使に対し市民は抗議する権利を持ち、行政府(場合によれば立法府、あるいは与党)に対するデモは抗議の手段の一つであり、シュプレヒコールは抗議の表現法としては(世界的に見ても)一般的なものである。

デモが禁止されたり(市民によるデモをテロ行為扱いしたり)、シュプレヒコールが禁止されたり(市民のデモにおけるシュプレヒコールをテロ行為扱いしたり)する国家があれば、それを民主主義国家とは呼ばないのは(たとえば中国共産党の支配する国家を民主主義国家と呼ばないのは)、民主主義社会としての常識であろう。



まずは、当初、石破氏がどのように主張していたのかを確認しておこう。石破氏は、11月29日の時点で、自身のブログに、


 今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思います。
2013年11月29日 (金)


…と書いていたのである。

そのあまりに乱暴な主張は、当然のこととして批判を浴び、石破氏は12月2日にブログ記事の文言の「訂正」をするに至る。問題の表現は、以下のように改められた。


 今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない本来あるべき民主主義の手法とは異なるように *1 思います

*1 追記(平成25年12月2日10:00):お詫びと訂正について

http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-18a0.html



「お詫びと訂正」と題されたブログ記事の内容は、


お詫びと訂正
 石破 茂 です。
 整然と行われるデモや集会は、いかなる主張であっても民主主義にとって望ましいものです。
 一方で、一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法は、本来あるべき民主主義とは相容れないものであるように思います。
 「一般市民に畏怖の念を与えるような手法」に民主主義とは相容れないテロとの共通性を感じて、「テロと本質的に変わらない」と記しましたが、この部分を撤回し、「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」と改めます。
 自民党の責任者として、行き届かなかった点がありましたことをお詫び申し上げます。
2013年12月 2日 (月)
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-e81e.html


…となっている。


石破氏は、「市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法」と言うが、しかし音量の上限は既に法律により制限されているのであるし、「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ市民のデモの対象は市民の平穏を脅かす行政権力なのであって平穏な市民なのではない。「一般市民に畏怖の念を与える」のは、「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶデモの目的ではないのである。

確かに、在特会のデモのように「一般市民に畏怖の念を与える」ことのみを目的としたデモは存在するし、それは一般市民に対するテロ行為として批判される必要はある。

しかし、「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶデモに対して、そのシュプレヒコールに対して、「テロ行為とその本質においてあまり変わらない」と言うことは、民主主義国家の与党幹事長の発言としてはあまりに不適切である。



石破氏は、


 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術は本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います


…と言うが、問題とされるデモは行政権力と行政権力を左右する与党に対する抗議のデモなのであって、「理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げる」ことを目的としたデモではないのである。つまり、話が違うのである。

石破氏は、問題をすり替えているのであり、このすり替えは非常に悪質である。











Tags: なし
Binder: 現代史のトラウマ(日記数:696/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2013/12/04 21:25
    とりあえずの論点整理。

    ま、確かにシュプレヒコールはうるさいけれど、
    それを甘受しての民主主義社会なわけで、
    石破氏とあろうものが中国をお手本にするようなことじゃ困ります。

  • Comment : 2
    umasica :桜里
     2013/12/04 21:50
    早速、ココログ版の「現代史のトラウマ」記事としてもアップ。


     単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない…のか?
     http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-a612.html

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.