umasica :桜里さんのマイページ

三絃の琵琶

2015/08/10 17:29

忘れていたのを思い出したのでメモ記事。




武蔵野美術大学の美術館で開催中の「ポピュラー音楽の世紀 中村とうようコレクションでたどる20世紀大衆音楽のダイナミズム」展には、とうよう氏の楽器コレクションも展示されているのだが、個人的に注目したのが琵琶である。

展示にはウードを中心としたリュート族の楽器が多数あり、その中に日本の薩摩琵琶と笹琵琶が含まれている。

後者は、いわゆる盲僧琵琶で使用される楽器(演奏は小沢昭一氏の『日本の放浪芸』にも収録されている)で、(現在はどのような扱いになっているのかは知らないが)かつての楽器分類学文献ではインド系の琵琶(ペルシア起源とされる一般的な琵琶に比べ細身の楽器で、その形状から「笹」琵琶と呼ばれた)とされていたもので、かなりレアなものであることは確かな気がする。

それに加えて薩摩琵琶が珍品だと思う。なんと3弦の琵琶(琵琶の基本は4弦)なのである。これは相当にレアなものではないか?とは思うのだけれど、実際の薩摩琵琶のバリエーションについてはたいして知らないので確かなことは言えないが、いずれにせよ弦の数はチューニング及び演奏法に大きく影響するはずで、個人的にはいろいろと気になる存在であった(入手の経緯とか気になるではないか―なんでポピュラーな4弦ないし5弦ではなく3弦の楽器を、とうよう氏がコレクションとして選んだのか?)。









Tags: なし
Binder: 桜里の休日(日記数:321/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2015/08/10 17:53
    実際、現物を見た時には、かなり驚かされたのである。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.