umasica :桜里さんのマイページ

再び罠にはまる

2017/01/29 19:12

パートナーと散歩がてらの買い物、ということでまず最寄の駅まで歩く途中に古書店が!



眞境名安興/島倉龍治 『沖縄一千年史』 松尾書店 大正12年(ただし昭和40年の第5版)  10弗→100円


G.ヴァイゼンボルン 『声なき蜂起』 岩波書店 1956  260円→100円


H.H.ブリュッヒャー 『テーオドア・ホイスにみるドイツ民主主義の源流』 太陽出版 1990  2000円→100円


森千春 『「壁」が崩壊して 統一ドイツは何を裁いたか』 丸善ブックス 1995  1400円→100円


平野新介 『ドレフュス家の一世紀』 朝日選書 1997  1300円→100円


松尾文夫 『銃を持つ民主主義 「アメリカという国」のなりたち』 小学館 2004  1500円(税別)→100円


クリストファー・ヒルトン 『ベルリンの壁の物語 上・下』 原書房 2007  各2400円(税別)→各100円


 


先日の古書店の店頭の100円コーナーでの収穫。

駅から更にバスで別路線の駅まで出て買い物、という流れの出だしで8冊の本を買い込んでしまう。つまり、最初に重量物をゲットして、それから買い物本番という段取りとなってしまった。











Tags: なし
Binder: いぢわる、あるいは神の姿(日記数:2149/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    umasica :桜里
     2017/01/29 19:38
    3時間ほど、本を抱えて歩き回るという展開。
    (『銃を持つ民主主義』は400頁超、
    『沖縄一千年史』は600頁超というボリューム)

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.