umasica :桜里さんのマイページ

歴史問題としてのたぬき男いたち男

2007/06/12 23:27

マイノリティーをめぐる問題として、たぬき男いたち男のことを、昨日は、考えてみたわけだが、本日は歴史問題という側面から考えてみたい。
情報としての歴史記述とでもいう問題だ。

たぬき男いたち男は一人だが、freeml運営事務局より「強制退会処分」を受ける前と後を別に考えるべきだと思うので、ここでは、処分以前を「旧・タヌキ」、処分以後を「新・タヌキ」と略記することにしたい。

旧・タヌキの振る舞いは、このfreeml参加者の中で、ある程度の話題を獲得していっていたように思う。
40を超えるコミュニティに参加し、無内容な、あるいはコミュニティの趣旨に無関係な、あるいは読者に不快感を与えるような、トピックを立て、更新を繰り返す迷惑男。
日記へのコメントやトピックへのレスの中で、他人を蔑み貶めるような記述を繰り返す暴言男。
私自身そんなウワサを聞いていたところへ、実際に2つの参加コミュニティでトピック連続更新をされ迷惑したわけだ。

そこで、旧・タヌキへ対抗措置をとることにしたのだが、コミュニティへの旧・タヌキのトピックへ直接レスをつけるとともに、旧・タヌキの参加している様々なコミュニティでの当人の発言の収集を始めたのであった。
直接の対応とともに、情報収集を開始したというわけだ。

自身のコメントやレスの削除を繰り返していることも判明したので、収集した情報の保存にも力を注いだ。
いわば、たぬき男いたち男データベースが出来上がっていったわけだ。

そして、収集情報は、実際、直接の接触の中で効果的に利用出来た。
言い逃れや、論点のすり替えを試みようとした時に、過去の旧・タヌキ自身の発言をもって牽制し、追い詰めることも可能となったのである。

この点については、かつての日記中でも触れた「キツネ」姿の「やわらか@テロル」さんも同様な手法で、「存在の意味」というコミュニティで旧・タヌキ追求に収集情報を生かしていたようだ。
また、旧・タヌキのコミュニティ「希望同盟」に見事なアラシ行為(だと思うのだが)をもって参入した「みゆき」さんもまた、かなりの情報収集の上での発言であったように見えた。
もっと多くの方が、同様の情報収集行為をなさっていた可能性もある。

いずれも、自らの発言記録そのものであり、自らつむいだ自らの歴史が、自らのその都度の主張を覆してしまうのである。旧・タヌキが直面したのはそんな状況だった。
現在、新・タヌキもまた、過去に保存された旧・タヌキの発言により追い詰められている。

歴史記録とその保存の重要さがよく理解出来る、身近な事例だと思う。
ネット上の情報であり、改竄の可能性にも開かれてはいるが、保存も瞬時に可能なのである。
たぬき男いたち男との、情報をめぐるイタチゴッコであったと言うべきか。

この場合重要なのは、獲得出来るのが、直接の本人の発言記録であるという点だろう。日時まで同時に記録されてしまっているのである。
新・タヌキに不利なのは、退会処分後の身の上であるために、旧・タヌキ時代の発言を削除することが出来なくなっているという現状だろう。
今さら、歴史の改竄は出来ない。
自らの歴史を直視しないわけにはいかないのである。いや、本人は直視しようとは決してしていないが、残された記録は利用され、眼前に提供されてしまうのだ。

当人にとって最大の誤算は、すべてがネット上の振る舞いだったという点だろう。実生活では、発言は音としては残らず、後から内容をいくらでも否定出来る。ネット上の発言はそうはいかないのだ。


それは、たぬき男いたち男の行為の被害者という立場に置かれた私達には幸いしたことだ。被害の証拠は厳然として存在するのである。


問題は、いまだにその構造に気付いていないたぬき男いたち男の現状にあるようにも感じられる。
歴史の偽造は、ここでは不可能なのである。


Binder: たぬき男いたち男研究(日記数:19/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    まみちゃーな
     2007/06/12 23:50
    人は、色々な過ちを犯すのではなく、同じ過ちを繰り返すものだといいます。
    だからこそ、過去の過ちを振り返り、そこから学ぶ努力が必要なのでしょう。
    同じことは、タヌイタにも、そしてもちろん自分自身にもいえそうです。

  • Comment : 2
    こもさと
     2007/06/13 08:39
    過去は残りますよね。
    過去の過ちは、誰かが「許す」と言ってくれない限り、永遠に過ちのあま残ってしまって自分を苦しめることになります。
    それが地獄を作り出すのですよね。

  • Comment : 3
    たぬき男いたち男
     2007/06/14 18:16
    「私」こと「たぬき男いたち男」は、扱い様に寄っては人畜無害。
    これほど阿呆で単純な「人間」は、そうはいません。
    ただし、野生の「いたち」は、まず捕獲が困難です。
    特に鋭いツメは、うっかりすると深手を負いかねません。
    しかし、1旦捕まえてしまえば大丈夫。2世は至って従順です。
    「たぬき」に付いては、まずこんな愚かな存在は他にないでしょう。
    「カチカチ山のたぬき」は、背中の薪に火を点けられて、
    大騒ぎで逃げまくります。こんな他愛ない存在をわざわざ哲学する。
    そんな値打ちはどこにもない筈ですが・・・。
    少なくとも「桜里さん」に取っては、ある様ですね。
    「私」専門の「コーナー」まで作って頂いて、大変恐縮です。 

  • Comment : 4
    まみちゃーな
     2007/06/14 18:33
    横レス失礼します。
    たぬき男いたち男さん、そのコメントは今日で4回目ですね。
    ここは桜里さんの日記ですが、私もコメントを書いているので、新しいコメントが
    追加されるたびに、私のところにも表示されるのです。
    「新しいコメントが書かれたのか。私のコメントへのレスかもしれない」と
    見にきてみれば、またしてもあなたのコメントです。

    この不毛なことを、今日私はあなたのせいで4回繰り返させられたのです。
    コメントを書くのは結構ですが、1度書いたらもう終わりにして下さい。
    桜里さんにとっても迷惑でしょうが(コメントが書き込まれるたびに本人宛て
    お知らせのメールが届きますから)、私にとっても大変迷惑です。

    以上、桜里さん、場所をお借りしました。

  • Comment : 5
    umasica :桜里
     2007/06/14 22:10
    >Comment 3 (たぬき男いたち男さん)[削除する] 2007/06/14/18:16

    > 「私」こと「たぬき男いたち男」は、扱い様に寄っては人畜無害。
    これほど阿呆で単純な「人間」は、そうはいません。
    ただし、野生の「いたち」は、まず捕獲が困難です。
    特に鋭いツメは、うっかりすると深手を負いかねません。
    しかし、1旦捕まえてしまえば大丈夫。2世は至って従順です。
    「たぬき」に付いては、まずこんな愚かな存在は他にないでしょう。
    「カチカチ山のたぬき」は、背中の薪に火を点けられて、
    大騒ぎで逃げまくります。こんな他愛ない存在をわざわざ哲学する。
    そんな値打ちはどこにもない筈ですが・・・。
    少なくとも「桜里さん」に取っては、ある様ですね。
    「私」専門の「コーナー」まで作って頂いて、大変恐縮です。 

    >「私」こと「たぬき男いたち男」は、扱い様に寄っては人畜無害。

    ご自身で、セルフコントロール出来れば、「人畜無害」ということでしょうね。あなた自身の問題なのであって、他の誰かの問題ではないでしょうね。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.