umasica :桜里さんのマイページ

たぬき男いたち男問題・資料編 その2

2007/06/19 23:58

昨日ご紹介した「言い訳」に関連する問題として、様々なコミュニティに残された、たぬき男いたち男自身による、自らの「病理」への言及を集めてみた。

2) 病理

(たぬき男いたち男さん) 2007/05/23 11:40
そうねぇ、特に話題なないけれど、まぁ「私」の身の上話をするなら、現在の所「統合性失調症」に陥っています。大宮の厚生病院を存じている方は多分いないでしょうが、もう26年に及ぶ闘病生活です。そう、皆さんと同じくリスパダールとレボトミンを主とした、「薬剤」治療です。この「薬剤」なるものが、そもそも疑問な代物で、どう作用しているのか解からない、闇ナベの様に危ない性質を持っている。ですが、与えられる以上飲まない訳には行かない。だからまるで峰歩きをする按配に、絶えず転落を覚悟の上での生活です。苦しい。しかし「自殺」を前提にすれば、結構こんな風にネット活動も楽しめるし、悪い物ではない。これは云うならば、「精神保険」ですから、皆さん是非ML「自殺同盟」に参加して見てよ。絶対楽しめる事、確実なんだから。
(コミュニティ「自分を赦します」のトピック「雑談」での発言)

(たぬき男いたち男さん) 2007/05/25 13:28
ついでに云えば、この慢性の精神的な機能障害は、治療の果てに「脳」の「薬物依存」を引き起こします。軽い「脳変質」が日常的となり、もう「薬物」から1生の間、逃れ離れる事ができません。もし、何らかの理由で「薬物」を飲めなくなった場合を想定するのは、酷と云うものです。現に過去「意図的」にレボトミンの飲用を断った所、強烈な錯乱に陥りました。これは患者にしか解からないパニック状態で、投薬している医師にも到底、想像できない危機です。自分自身をコントロールできなくなった患者は、底なしの恐怖に突き落とされます。これを言葉で表現する事は、「夢」を説明する様なもので、論理とは異なる手段・・・例えば、「音楽」等を用いなければ、「健常者」に訴える方法が見つかりません。そう、「音楽」で「不安」から「恐怖」まで現す事は、或るいは現実的な可能性を秘めています。患者の置かれた場を聞き取るのは、言葉ではまず不可能でしょう。錯乱の音楽:狂乱の音楽は、比較的に容易なメッセージとして、実状を訴えるものです。「世界文学全集」を持ってしても表せない世界。それが、この病いの悪魔的性質です。
(上に同じ)

たぬき男いたち男さん 2007/05/20 13:00
いやぁ、本編の「いきなり」のトピックを立てて頂いた、「あめごサン」には大変失礼致しまして、改めてお詫びします。私には「江戸っ子根性」とでも云う様な血筋があって、何事であれ気短かなのです。まず、包装紙などを乱暴に破り捨てて、中身を丸出しにするのが気質なのです。ですから、この歳になるまで頭を下げ通し、イヤミに耐えて、ひたすら屈辱を凌いできた私はもう完全に頭に来てしまいました。2度と頭を下げるものか・・・と、精神科に通いながらも、親の庇護の下、在宅勤務を続けていましたが、50歳にして遂に仕事も放り出し「自殺してやろう」と思い立ちました。こうなると結構しぶとい者です。実際、飛び降りの場所として、最も適当と思える高層マンションの値踏みをしながら、「いきなり」やってしまおうと考え、「いきなり」断念しました。どちらか、選択の道は他にありませんから、その中間などと云う、曖昧な決断などありません。生きるか、死ぬか。どちらかしかないのです。ハムレットです。to be. or not to be です。しかし、死ぬのは余りに単純過ぎる。隣家の男を喜ばせてまで死ぬ:いや、身内の親まで知らぬ顔をするだなんて・・・。こんな屈辱を受け、安定剤を飲み続ける生活に、何か気晴らしを持ち込もうとしてネットを見出しました。ですが私は親をはたして「愛しているのか、どうか」と云う問題に悩まされています。実質、現在の事実上の保護者は80歳にもなろうとする親の「年金」です。私には、もう財力も知力もありません。「女」など別世界の住人です。でも、ちょっと話が長引いて、読んでくれる方に申し訳ないけれども、やっぱり「いきなり」って良いなぁ・・・と正直な所、思いますよ。「愛していても、いなくても」金は金。「いきなり」の世界では、「年金」のみが全てを決定します。さみしい現実です。 http://sns.freeml.com/ep.umzx/grid/Community/node/ComHomeFront/community_id/51741
設定タグ: 気晴らしにどうぞ
(コミュニティ「いきなり友達リンクOK!」への自身のトピック「いきなりPart.2」 上記URLは今は存在しない「自殺同盟」のもの)


Binder: たぬき男いたち男研究(日記数:19/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=316274&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.