tsu09さんのマイページ

5歳児保育、小学校空き教室で

2009/10/17 09:09

5歳児保育、小学校空き教室で 品川区、待機児解消狙う2009年10月16日. 東京都品川区は保育所の待機児童を減らすため、小学校の空き教室に区立保育所の5歳児を移し、保育所の空いたスペースに1〜2歳児を受け入れる方針を決めた。区が進める保育所・幼稚園・小学校の一貫教育にもつなげる狙いで、来年度から始める。  厚生労働省などによると、小学校の空き教室に保育所の分園をつくる自治体はあるが、0〜2歳児を対象とするケースが多く、小学校との連携強化も狙った手法は全国的にも珍しいという。  区によると、保護者の送迎に支障が出ないよう、保育所と小学校が同じ敷地にあるか隣接していることを条件に、対象となる保育所や小学校を決める。初年度は少なくとも2カ所で実施し、保育所の定員を計50人増やす計画だ。  小学校に移っても5歳児は当面、保育士が指導するが、給食は小学校と同じものを出すことを検討している。入学を控えた子どもたちが小学校に慣れるとともに、小学校の先生が実態を知ることで保育所から小学校への接続を円滑にする効果に期待している。  区は、保育所・幼稚園と小学校との一貫教育カリキュラムの導入に向けて検討委員会を設置、年末に報告書をまとめる予定。  同区の待機児童は4月1日現在で123人。2年前より50人多い。浜野健区長は「待機児の解消は緊急の課題」と話している。(小石勝朗) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 空き教室の利用としては妥当な施策だと思います。待機児の解消が緊急の課題だからです。今、校舎の空き教室が全国にあるようで、この部屋の有効利用は省資源化にもつながります。地域のコミュニティーセンターにしたり、学童保育、保育所、そして高齢者センターなども考えられます。園児にしてみれば入学しても同じ校舎で新鮮みがないかもしれませんが、でも自分のふるさとが側にあれば心強いかもしれません。統合などで廃校になった校舎も全国に少なくなくあります。その活用も含めて有効利用のプラン作りは必要だと思います。


Binder: tsuuraのバインダー(日記数:577/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=3797757&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.