クライネ・フォト・マ…さんのマイページ

本日、卒業式予行演習。

2010/03/04 23:50


 今日は午前中3限授業の後に大掃除が行われ、午後1時過ぎには1〜3年生が教室で点呼を受け、第1体育館に移動して、市教育委員会・県高校文化連盟・県学校体育会からの優秀生徒表彰、同窓会入会式・表彰が行われ、その後、卒業式の予行演習が行われた。

 今日の午前中は、元々3年の授業が入っていた時間帯なので、教室に行って片付けを行い、点呼時の段階で生徒にやってもらいたいことを板書しておいた。結構な分量があったため、黒板一杯になってしまった。入ってきた生徒には「これ、文章?」と聞かれる始末であった。だけど、言い落としがコワイので、黒板に箇条書きして、見てもらいながら話した方が間違いはなさそうである。

 午後1時、担任学級の方は副担任・H井女史にお願いし、私は図書館職員室にいて、写真部・卒業式記録撮影隊5名が集結する。この段階で腕章・機材の受け渡しを行い、卒業式の式次第に書き込みした「記録撮影マニュアル」を渡して、一通りの説明を行い、実際に現場でのリハーサル撮影を指示した。腕章は予行演習なので、私が教員席から見やすい「旧バージョン腕章」を使い、折を見て指示を行った。

 午後1時半頃に第1体育館に集合が完了した。まずは3年生を対象とした優秀生徒の表彰が行われ、そのあと、同窓会入会式・優秀生徒の表彰が行われた。同窓会表彰では、本校写真部は団体2つ個人1つで表彰して頂いた。昨年度が耐震補強工事で身動きができなかった分、今年度は思い切って活動に取り組むことができ、頑張れた成果かなぁ・・・と思っている。それでも、今年は同窓会からの表彰対象者が多かったため、壇上には表彰対象者が横一杯にズラリと並んでいた。例によって、私はK谷先生と記録撮影を行っていた。

 K谷先生とは「あうんの呼吸」で、撮る写真の位置関係がかぶらない形で撮っていった。K谷先生はニコン製のデジタル一眼レフで連写攻撃タイプ、私はソニーの大型一体型機で一撃必撮タイプである。一体型機は微妙にタイムラグが大きいため、言い瞬間を狙うのが難しかったりする。だけど、一眼レフは写真部員に貸し出して手元にないため、手持ち機材で何とかするのが私である。

 その後、卒業式予行演習が行われ、放送部の司会進行で、国歌斉唱から始まり、校旗入場・・・と、本番と同様に行い、記録撮影隊もリハーサル撮影を行っていった。記録撮影隊は、マニュアルに基づいて動いていたが、「あ、何とかなりそうな感じだな。」という感触を得た。1年生は少々戸惑い気味だったが、ちょっとした指示をすれば、すんなり動いてくれた。緊張感は大きいけど、明日は頑張って欲しい。

 卒業証書授与では、各学級担任が呼名点呼を行い、私は前2人を見ながら、テンポを考えたが、相当遅めになってしまった。私はあれ以上ゆっくりはできない(前に生徒から「このぐらいでやって欲しい」と聞いたテンポでやったんだけど、それよりもっと遅かったのかも?)あと名前のアクセントが難しくて変になったケースもあった。私は岡山北部訛り(「大根を炊いておいて」が、「でぇこぉー、てぇーてーてぇー」になる)が未だに抜けなくて、こちらの人には変に聞こえることがある。もし、呼名点呼で変に聞こえたとしても、許してもらいたい。本校には暗譜で楽器を弾くように、生徒名簿を全く見ずに点呼を取れる先生がいるが、それをやろうと練習中の先生もいた。私は生徒の顔を目視確認ができれば、フルネームで順に呼べるが、何しろ出席番号前半部分は、考査答案・提出物処理終了直後のかすみ目では、遠くはほとんど見えない・・・。

 呼名点呼後、各学級代表生徒が壇上に上がり、卒業証書授与をされる時には、舞台袖から記録撮影隊員が左右1人づつ上がり、撮影していった。今年は3年正担任で動き辛いので、管理職と相談した上、本校写真部史上初の「部員だけで壇上撮影」を予行演習で行った。まだ壇上の装飾はできていなかったが、本番ではいい撮影ポジションを見つけて、いい瞬間を頑張って撮って欲しい。その後の送辞・答辞・記念品交換では、記録撮影隊は前面展開で撮影してみた。この時の動きはなかなかいいので、顧問の買いかぶりを若干値引きしても、歴代の記録撮影隊には全く引けを取らない。

 予行演習終了後、「最後から2番目のLHR」では、明日に関しての連絡事項や注意事項を行った。特に大事な式典なので、改めて服装を整え、厳粛な気持ちで式に参列してもらいたい・・・と強調した。だけど、明日、全ての生徒が整った式典執行をやりきることができるのか?と、私の頭には不安がよぎる。できるかどうかは、明日フタが開いた時にしかわからない。(そういえば、生徒達はLHR終了後、どこへとも知れず、急にいなくなったな。)

 放課後もかなり遅くに、設営状況を写真に記録するため、校内の各場所に行っていた。最後に机・椅子の配列状況を記録するため、第1体育館に行った。その時はまだ舞台装飾の準備中であった。しかし、舞台上にはスクリーンが立ち、吹奏楽部の演奏とスライドショーの動きとを合わせる調整作業を行っていた。S藤先生ら「TFSHドリームワークス」製作のスライド映像と、M山先生が率いる「本校の大看板・吹奏楽部」が、映像と音楽とを丹念に合わせていく作業が進められた。映像の方はお見せできないが、M山先生が率いる吹奏楽部の様子を紹介しておく。

 私はスライドショー映像を一通り見たが、高度なCG技術を相当駆使したオープニングになっている。CG内では先生方が登場するので、「ここには誰がいるんだ?」と探したら、面白いかも知れない。そして、写真画像が続くスライドショーは、先生方やアルバム委員撮影のスナップ写真が多く盛り込まれている。「凄いな、これ」と思える写真も結構入っている。そして、写真部員や私による行事の写真記録は結構混じっていた。本校には、私より撮影の腕がある先生は、何人もおられる(今年度3年団には結構固まっている。)。私自身も頑張って撮ったが、私には本校写真部という「心強い専門集団」の援護射撃で、他クラスのモノに引けは取らない写真を用意できた。・・・とは言っても、他クラスでも写真部のデータを結構使っているけど。ともかくも、見て楽しいスライドショーになっているので、ぜひ楽しみにしてもらいたい。

 今年度は3年団正担任の立場上、身動きが取りづらいため、今年の卒業式・最後のLHRの記録撮影は、写真部記録撮影隊に大幅に任せる形にしてみた。私が3年団担任席にずっといる卒業式は、1999年度と写真部副顧問だった2002年度との2回あり、今年順調にいけば7年ぶりになる。しかし、写真部正顧問の立場で「部員だけでやらせていいのか?」という自責の思いもあり、若干迷いが残っている。そのため、今日職場を出る前に、記録撮影隊用機材だけではなく、今回使う予定にしていなかった私自身の機材もバッテリー充電をしておいた。もしも、私がスクランブル出動に踏み切ったら、「あーあ、余りにも不安が募りすぎて、ついに出て来てしまったんだな。」程度に思ってもらいたい。

 ←ランキング参加中のため、クリックをお願いします。




Binder: クライネ・フォト・マイスターのバインダー(日記数:3591/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=450375&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.