やわらか☆不思議猫さんのマイページ

白昼夢:この国の往く処

2012/03/20 13:58


 そこは古い神社にあるような木造の建物でした。
 和風の変わった衣装を着た人たちが中へ入っていきました。
 みな、能面を付けています。してみるとこの変わった衣装は能の衣装でしょうか。
 入った先は、教室程度の広さで前の方は3メートルくらいの奥行きのある高さ30cmくらいの低い舞台です。
 前方右側から入ってきた人々は列をなし、まず舞台で軽く能の所作(踊り?)を行なってから、もう用は済んだといわんばかりに、後ろの左側の出口から出て行きます。
 そして、能の練習(?)が行なわれているはずの部屋には、もう誰も居なくなりました。

 人々は細い渡り廊下を通り、奥の部屋へと向かっています。

 神社の奥殿のようなさまざまな祭祀道具の置かれたその部屋は薄暗くしかし広いです。
 そこで人々は静かにひそひそと言葉を交わしました。


 いつまで この低金利を続けさせるおつもりか?

 造り替わってしまうまでじゃよ

 その前に壊れてしまいましょう

 今のうちに壊れるものは壊しておくのじゃよ。これまでは、成長し続ける世界を前提として社会をつくっておったのじゃ。しかし、今からは成長しない、場合によっては縮小する世界を前提とした社会に造り替えなければならないのじゃ。そしてそれはまずここ、神の坐(ましま)すこの国でやらねばならぬのじゃ。世界の雛形ゆえにの。

 民は疲弊し、企業は斃れ、多くのものが苦しんでおりまする。

 それが産みの苦しみじゃ。替わるための苦しみじゃ。この窮地を乗り越えたものだけが、成長しない世界で調和を築けるのじゃ。それまでには、多くの苦しみが伴うが、この国の民には耐え抜く力が備わっておる。大事なのは、この目的を誰にも、特に外つ国の者たちに悟られぬことじゃ。この国が国の礎を見失い、さまよい歩き、思い悩み、失敗を繰返している、と思わせることじゃ。世界中が成長しない社会となって往き惑うとき、既に国をそして民を作り替えたこの国が世界の手本となるのじゃ。
 急がねばならぬ。消費税を上げさせ、圧力を強めるのじゃ。淘汰を行ない、より強くより柔軟でよりしなやかなものを選別し急ぎ育てるのじゃ。


 そこで、急に空気が変わり、むっと気が飛んで来て、渡り廊下から祭祀道具置き場を覗いていた私に当たった。
 ねこである私は、にゃっと鳴いて、ひっくり返り、慌てて起き上がって廊下を走り去った。






 あ〜ビックリしたにゃ〜〜〜 気の礫(つぶて)を打ち込まれたにゃ〜 アブナイアブナイ。




 気が付いたら、パソコンの前でうたた寝しているのでありました。



 って、あの老人、誰(;゚−゚)?? 




Tags: なし
Binder: (日記数:27/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    まことか
     2012/03/20 21:14
    なるほど、順調に人口が減少し、経済が縮小してゆく右肩下がり社会のモデルが、今必要なのですね。

    三国志の時代に、中国は人口が1/3に減少したといいますが、戦乱と飢餓でガクンと崩壊させるほうが、遥かに簡単だし恨みつらみも発生しないのかもしれません。平和に安心・安全神話を皆が唱えながら、しみじみと右肩を下げてゆくってのは、未知の領域のように私にも思えます。

  • Comment : 2
    やわらか☆不思議猫
     2012/03/22 23:59
     世の中有限なのだから、「持続的成長可能」な筈がないという理屈は単純なだけに覆せないような雰囲気ですね〜(^^;)
     世の中飽和状態になって、新たな局面に突入〜

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=5756468&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.