星谷 仁さんのマイページ

クリスマスの思ひで

2008/12/25 21:43

保育園に通っていた頃、不覚にも(?)サンタクロースを信じていた。
クリスマスの意味は知らなかったが、クリスマスイヴにサンタがプレゼントを持って来ることは知っており、心待ちにしていた。
イヴの夜はワクワクして寝床に入り、12/25日の朝、目覚めると、まっさきにプレゼントを探した。

ところが……なんとしたことか、あってしかるべきプレゼントがない!
朝から半泣きで両親にサンタクロースのしうちを訴えると、もう一度枕元を探してみろという。
再び枕の周辺を探してみたがプレゼントらしきものは無い。かわりに無地の紙が1枚置かれているだけである。
「こんなものがあった」ともっていくと、親は受け取ってストーブの前で紙を広げて調べ始めた。
と、どうだろう!
いままで何も書かれていなかった紙に文字が浮かび上がってくるではないか!
驚いて何が書いてあるのかたずねると、「プレゼントはもう少し待っててね」とのこと。
紙は、なんとサンタロースからの魔法の手紙だったのだ!
「スゴイ! サンタロースからの手紙をもらえるなんて! よかったね!」
そう両親に賞賛され、プレゼントが無いことに釈然としない物を感じながらも、なんだかラッキーな気分になってきた。
ちょっと遅れるけどプレゼントはもらえるらしいし、たしかにサンタから直筆の魔法の手紙をもらうなんて話は聞いた事がない。
親からおだてられて「これは貴重なものをもらったゾ」と、だんだん嬉しくなってきた。

保育園にいくと、やはり園児たちはサンタに何をもらったかを自慢し合っている。
しかし、魔法の手紙をもらった子はいないようだった。
僕は優越感にひたり、得意になって家から持ってきた「サンタの手紙」を見せびらかしてやった。
半信半疑の友達に対し、ストーブにかざして文字があぶりだされるのを再現してみせ、保母さんに文面を読んでもらって勝ち誇ったように自慢をして回ったのであった……。


驚くはずの保母さんがやけにウケていたのと、後にその自慢話を知った親が恥ずかしそうにしていたのが不思議だったが……「あぶりだし」を知ったのはその何年か後のことである。


Binder: 星谷 仁のバインダー(日記数:25/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    アンシー
     2008/12/26 00:46
    うちの父は、郵便局に勤めていて、サンタに手紙を届けてあげるといって、毎年手紙を書かせていましたよ。
    ある年には、虫眼鏡とか、子どもにとっては楽しい、こまごまとしたものをたくさん書いてたんですが、
    「こんなんでいいんか?」と、父がなんだかうれしそうにしていたのを覚えています。。

  • Comment : 2
    星谷 仁
     2008/12/26 01:47
    「サンタに手紙を届けてあげる」というのはイイですね。それなら自然な形で子供が欲しがっている物がリサーチできる。
    子供の希望(興味)って、金額的な価値感覚とはまた別次元にあるんですよね。

    サンタへの手紙と言えば……ふだん働き詰めで子供の相手をしてやれない父親が、クリスマスの夜に子供がサンタ宛に書いた手紙を発見し「何を欲しがっているのな?」とのぞいてみたら、「新しいパパ」と書かれていた……なんて話がありました(明石家サンタ。今年も似たような話があった)。
    その父親、クリスマスだというのに、思い切り凹んでいました……。

  • Comment : 3
    カズシャン♪
     2008/12/26 19:27
    幼稚園や保育園の子供の時はほとんどの子どもたちはサンタを信じる子が多いのでは?
    もし、その年代でサンタは親だと言う子どもは賢いというか、なんとなく恐い・・。

  • Comment : 4
    星谷 仁
     2008/12/26 22:26
    以前、某番組内で、幼稚園の子供たちが「サンタクロースはいると思うか・いないと思うか」2組に分かれてディスカッションしていましたが、なかなか微笑ましかったです。信じている子もいない子も同じように子供っぽい思考で。

    幼稚園児のコーナーでは、動物の鳴き声を当てるクイズなんかもあったのですが、出題者が動物名を間違え、「ガチョウ」と出題すべき所(正解は「ガーガー」)を「ダチョウ」と言ってしまいました。ところが回答者の園児の中に「ヤー」(ダチョウ倶楽部)と答えた子がいて、この機転(?)には「賢いなぁ!」と感心しました(笑)。

  • Comment : 5
    アンシー
     2008/12/27 09:32
    すみません。
    うちでは、子どもに、サンタはいないって、早期に教えてしまいました。
    そのため、近所の友達とサンタ論争になって、その相手の子が半泣きになってしまったことがありました・・・。
    「だって、みたんだもん・・!」とゆってました。。

  • Comment : 6
    星谷 仁
     2008/12/27 10:29
    イギリスのマンチェスターにある小学校で1年生を担当していた臨時教師が、「クリスマスにプレゼントをくれるのは両親であってサンタは存在しない」と言って解雇されたそうな。mixiニュースにあって「へえ!?」と思った話題。
    サンタクロースを信じるって、ある意味、子供にとっての宗教みたいなところもあるのかも?

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=5997720&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.