shinkai★さんのマイページ

【インタビュー】日本社会はなぜ「解雇規制緩和論」を受け入れようとしないのか〜大竹文雄・大阪大学教授に聞く [10/05/12]ビジネスニュース+@2ch掲示板

2010/05/17 13:58


したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:【経済】「借金」が先進国で最悪水準、日本の財政破たんは現実となるのか[10/04/13]ビジネスニュース+@2ch掲示板 - livedoor Blog(ブログ)



513FYwlq6oL._SL160_.jpgプラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]出演:アン・ハサウェイ販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン発売日:2009-11-20おすすめ度:4.5.gifクチコミを見る

51e1r086s5L._SL160_.jpgプラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]出演:アン・ハサウェイ販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン発売日:2008-04-16おすすめ度:4.0.gifクチコミを見る

6da522ec-s.jpg

【インタビュー】日本社会はなぜ「解雇規制緩和論」を受け入れようとしないのか〜大竹文雄・大阪大学教授に聞く [10/05/12]
:@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/05/15(土) 05:31:29 ID:???
 規制が強く閉鎖的な経済は、市場の内側にいる既得権者と市場の外にいる弱者を隔て、格差を広げる。正社員と非正規社員の二極化が進む日本の労働市場がその典型だ。改革には正社員の解雇規制の緩和が有効である。だが、日本社会はいっこうに受け入れようとしない。一体、なぜだろうか。『競争と公平感―市場経済の本当のメリット』(中公新書)で、解雇規制緩和論を展開する大竹文雄・大阪大学教授に聞いた。

―前回に続いて、「日本人はなぜ、市場主義経済が嫌いなのか」という質問を続けます。市場主義を批判する人々の多くは、「官から民へ」というスローガンを掲げて規制改革を促進し、市場競争を促した小泉政権を敵視しています。日本人を市場主義嫌いにするどのような失策を、小泉政権は犯したのでしょうか。

 一つ思い当たるのは、「市場主義」と既存の大企業を保護する「大企業主義」とが同一視されてしまったのではないか、という点です。

 小泉政権では、経済財政諮問会議が経済政策の企画立案の中枢機関となりました。その司令塔たる諮問会議の4人の民間委員は、市場主義を代表する経済学者2人と大企業の利益代表である財界人2人で構成されていました。その結果、小泉政権の経済政策は、市場主義的な政策と財界の利益誘導、利権獲得の両方が混じってしまったのではないでしょうか。

 市場主義的な政策は、財界の利益と一致するものもありますが、明らかに対立するものもあります。例えば、携帯電話やテレビ放送の周波数割り当てに際しては、経済学者は競争入札で行なうべきだと考えるでしょう。しかし、すでに周波数を割り当てられている大企業にとってみれば、競争入札は既得権を失いかねず、望ましくない方法になります。その結果、政策的な妥協が起こってしまったのではないでしょうか。

 また、「官から民へ」という政策についても、公正さが疑われる場面がありました。郵政民営化に関連する施設の競争入札で、規制改革を主導した財界人が経営する大企業が安い価格で落札し、それを知らされた国民の多くが不審に思ったのは事実です。

―つまり、小泉政権が押し進めた市場主義では、旧来の利権構造が温存された、と国民が受け取ったということですか。

 というよりも、市場主義の名の下で利権の仕組みの変更が行なわれただけだった、という側面が強かったということです。「官から民へ」というスローガンのもとで、官から剥奪した利権が市場ではなく、一部の財界に移されたという一面があったわけです。それを見て、市場主義とは大企業保護主義ではないか、と国民は反感を強め、反市場主義につながったのではないでしょうか。

 もちろん、これは誤解です。誰にでも参入できるという公平性が担保されていることが、市場主義の一番大切な点ですから、市場主義は大企業保護主義とは無関係どころか相反するものです。

<以下略>

ソース:ダイヤモンド・オンライン
日本社会はなぜ「解雇規制緩和論」を受け入れようとしないのか〜大竹文雄・大阪大学教授に聞く(下)

41HMJFps7iL._SL160_.jpg競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書)著者:大竹 文雄販売元:中央公論新社発売日:2010-03おすすめ度:4.0.gifクチコミを見る

9 :名札は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:01:29 ID:Ngm99vxy
まったくその通りだな、法律を変えない政治家も悪いが
今ある法律を間違った方向に解釈する司法も日本をダメにしている
強烈な外圧でもあれば、大きく変われるかもしれないが
それでは日本にとって良い方向に変わるとは限らない
橋下大阪府知事ぐらいのリーダーがいれば内側からでもできるかもしれないな

13 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:14:16 ID:anmoKu55
確かに休職して出てこないオッサン居るんだけど
そいつが休職して貰ってる給料のほうが働いてる俺より多いんだぜ?
とっとと解雇して欲しいよ

15 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:22:20 ID:SsWTlqYj
>>1
解雇されると暮らしていけない社会構造だから
解雇規制だけを前面にだして緩めたら尾張のはじまり
いいとこ取りして悪用するのが日本の会社
それを見てみぬ振りして後方支援するのが日本の行政

ソースはここ10年〜20年韓の実績

16 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:24:13 ID:wySWDvhs
マネジメント能力ある奴以外は40歳超えたらバイトや派遣でしか就職できなくなりそう。

18 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:27:57 ID:zjTnimed
>>16
バイトや派遣もないw

20 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:30:06 ID:OPf292vq
>>16
そうだな
それを社会が望むならそうなるしかない

21 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:34:20 ID:Af3aXMfT
>>16
今だってそうじゃないか
年功序列のせいで年収分圧迫されるからさらに厳しい

22 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 06:48:46 ID:wySWDvhs
>>21
年功序列型賃金とは別の問題じゃね。外資とかほんとに残れない。

27 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 07:14:33 ID:sUIWSMB3
大学という組織も既得権の塊だと思う今日この頃。

31 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 07:27:27 ID:RLSV4VTI
>>27
大学も雇用の規制緩和をしたら、こういうマスコミ受けする阪大の
センセは給料倍増だと思う。逆に地方大の教授は地獄w

20100517135113.jpg

36 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 08:26:13 ID:FaYvgxVm
こういう推進論者の言ってることって、
大概、一部のオーバーアチーブの労働者を想定して
論を進めるが、それってほとんど絵に書いた餅で
それを全体に敷衍しろってのは、ただの暴論だろ。

42 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 09:25:22 ID:ZAmJn5pZ
>>36
社会システムの影響で実際に企業が社員採用絞ってるのを無視して
有能ならば正社員になれるはず/会社選ばなければ正社員になれるはず
って個人の責任で済ませてしまうのはそれこそ暴論だと思うのね。

44 :名刺は切らしておりまして:2010/05/15(土) 09:45:21 ID:O+HfeIHf
解雇が容易になったからと言って、再就職が容易になるような社会ではない。

日本人の労働観、価値観、因習がそれを阻害する構造になっている。

雇用の流動化を、実は企業は望んでいないのではないかと思うことがある。
今の日本は、失業するととことんまで転落してのがデフォ。  本当に一握りの優秀な人は除いてね。
サラリーマンなら皆、日本社会のそういう現実を知っているので、クビにならないよう長時間労働に耐え、
低賃金化に物申す事も無く、過労死するまで働くのだ。

企業は、再チャレンジが著しく制限される日本社会の仕組みを巧みに利用し、労働者を失業の恐怖で
支配しているのが今の状況。

雇用が本格的に流動化すると、企業と労働者の関係に変化が生じ、企業の失業の恐怖による労働者支配の構図が
瓦解する恐れがあるからだ。

では雇用流動化が実現した時に、企業はどのような対抗手段を講じるだろうか?
今までの支配構造を維持したい企業は、より一掃年れ差別を強化し、再チャレンジを徹底的に阻止し、
敗者復活は絶対に認めない行動を採る恐れがある。

つまり今以上に再チャレンジ出来ない社会になる可能性があるのだ。

年齢差別は雇用が流動化しても無くならないと思う。  これが日本人の価値観だから。
そしてサラリーマンはより長時間、低賃金で、過労死するまで働き続ける。
この国は何も変わらない。

そしてそのような因習を創り上げた存在こそ、他ならぬ企業であることを忘れてはならない。




a21918d0.gif大竹文雄 小泉純一郎 規制緩和 雇用 ビジネスニュース+@2ch掲示板   

http://blog.seesaa.jp/tb/147177025
http://blog.seesaa.jp/tb/148543712
http://gogokame.jugem.jp/trackback/4
http://sisters.blog.shinobi.jp/TrackBack/388/
http://sisters.blog.shinobi.jp/TrackBack/459/
http://1192vip.fruitblog.net/tb/?4bce810dd5667
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/232fed9cee
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/7ff7da8a9c
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/4e4ff9a4c9
http://trackback.blogsys.jp/pixiv/mermaid/2157720
http://trackback.blogsys.jp/wazap/464462/50586717
http://f.hatena.ne.jp/shinkaiakikazu/20100517135113
http://blog.so-net.ne.jp/tokyo-sun/2010-04-20-2/trackback
http://blogs.yahoo.co.jp/s_toshijp/trackback/20939/12853976
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51244690
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51244695
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51244704
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51291159
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51291233
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51294566
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51294598
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51303906
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51303997
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51312907
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51405560
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51409360
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51422540
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51497239
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51506677
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51516619
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51567055
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51596013
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shinkaiakikazu/51631515
http://fine.ap.teacup.com/applet/special/313/2652c1d1/trackback
http://star.ap.teacup.com/applet/specialist/2/1b69610b/trackback
http://blogs.yahoo.co.jp/hermes_net_union/trackback/537903/24975196
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/1bda07b57df5309ac994fa08fb546aa4/ae


Binder: shinkai★のバインダー(日記数:500/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6063946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.