etukoさんのマイページ

「できない」のか、「やらない」のか。

2010/08/06 02:43


こんにちは。 あなたのこころの扉を開くセラピスト ☆森田 えつこです。 昨日久しぶりに母親にスカイプしたときのことです。7月31日に地元群馬で同窓会があったらしいのです。それを昨日知らされました。知っていたところで行くはずはないのですが、その葉書が来ていたことを知らせてくれなかったことに対して私はどうして知らせてくれなかったのか、と聞きました。そうすると、母はいきなり自分を責め始めました。「できなかったんだよ。」と。私はこれを聞きながら「できなかった」ではなくて「そうしなかった」と思えたら楽だろうに、と思っていました。実際、彼女は国際電話のかけ方が分からないし、分からないままでそのまま放置してきました。(今回のスカイプは、私が先に電話してパソコンを立ち上げるように言ったことで実現したものです。)だから、自分から連絡を取ることはできない、と思い込んでいます。しかし実際は、できないのではなくやってないだけです。ここなんですよね、楽に生きているかどうかの境目は。彼女は今までずーっとこうやって自分を責めて生きてきています。それをしっかり、私も受け継いで生きてきました。つい最近まで。だけど楽に生きる方法を知った今、私は必要以上に自分を責めることはなくなりました。苦しくなってる自分に気がついてそれをどうにかするすべを知っているのかどうかでずいぶんと生き方が変わるでしょう。私の母のように全部自分で抱え込んでさらに自分を責めて、というパターンに生きていると楽に生きる方法を探すことすら思いつかないようです。(いや、私の母は楽に生きることは罪だと思っていると思います。)だから、思考の観察が役に立つんですよね。この場面の場合、なぜ私の質問を「責められた」と受け取ったのか。(私はそんなつもりで言ったわけではありません。)答えは「忙しくって、忘れちゃった〜あはは」でもいいはずです。(そう言われたら私は気分よくないですが。)みなさんも、日常で自分が責められた、と思った瞬間がないかどうか注意深く意識してみましょう。そしてその瞬間をキャッチできたらどうしてそう思うのか、ちょっと時間を取って探ってみましょう。こうやって自分の思考の癖を見つめていくとまだ知らない自分との出逢いがあるかもしれませんよ。



Binder: etukoのバインダー(日記数:703/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6091730&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.