まるしまさんのマイページ

書籍処分リフレイン

2011/09/18 19:43


いよいよ私も紙面での書籍購入を極力控え、電子書籍としての購入がメインとなりました。私の中で”想い出の書籍”という認定を受けたもの以外は思い切って全て処分する方針で、少しずつ処分作業を進めています。その中から学生時代に強烈な刺激を受けた書籍がいくつか発見されました。1つ目は、「アルゴリズムとデータ構造」という書籍。この書籍はプログラミングの入門的なもので、この中の”数字の並び替え方法”の部分で、私の頭に最初の雷が落ちました。クイックソートでインタレステッドな衝撃を受けました。今まで何のために勉強したのかわからない数学。その数学の中でも、この分野は何かが違う。はじめて実用的に動作する数学の公式を組んでいる実感がわきました。2つ目は、「オブジェクト脳のつくり方」という書籍。前の書籍に引き続き、2回目の衝撃を受けました。国家資格を取得する中で頭の中に説明文だけが存在した概念がはじめて開花し、目が覚めたような気分になりました。特にポリモーフィズムを利用方法に確固たる道筋をイメージできるようになったのは快感そのものでした。3つ目は、「闘う●プログラマー」という書籍。私は今日までの前にも後にも、この書籍よりIT業界のマニアックな部分を堂々と書きなぐった書籍を他に見たことがありません。かつ、そのマニアックな内容をパブリッシュして、業界初心者にも分かるようにした表現力に衝撃を受けました。この書籍により、プログラムは ”言語” なんだ、ということを改めて強く意識しました。ちなみに、書籍名の●は伏字で、書籍を読むとそこに何が入るのかが分かります(笑このように、再度読むことはないかもしれませんが、捨てることもできない書籍が他にもけっこう出てきました。(-_-#)嗚呼。きっと、何年か後に、また同じことを繰り返すんだろうなぁ。


Binder: まるしまのバインダー(日記数:874/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6211538&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.