みかんぴあのさんのマイページ

訃報:渡辺季彦さんと吉山輝先生のレッスン

2012/06/12 23:53


渡辺茂夫さんのお父様(養父)がお亡くなりになりました。渡辺季彦さん103歳(わたなべ・すえひこ=バイオリン教師)10日、肺炎のため死去。  養子の故渡辺茂夫さんを神童バイオリニストとして育てあげた。名バイオリニストのハイフェッツから「百年に一人の才能」と絶賛された茂夫さんは1955年、14歳で米国へ留学したが、睡眠薬を飲み過ぎて倒れ、58年に帰国後も言葉も話せないまま寝たきりになった。自殺未遂か事件か原因をめぐり週刊誌などで何度も記事になった。渡辺さんはバイオリン教師をしながら、原因追及に全力をあげ、茂夫さんの演奏をCDにし、遺品を日本近代音楽館に寄贈するなど、最後まで茂夫さんの演奏を伝えた。yahooより引用 神童:渡辺茂夫についてはこちら(過去記事)世の中には、先生と言われる人は山盛りいます。ですが、自分の人生をかけて生徒さんの人生ごと引き受けることの出来る先生はそんなにいません。もちろん私には真似できません。義父さんは、神童:渡辺茂夫の師匠であり、大ファンだったのだと思います。ご冥福をお祈りするとともに、私の心の中の尊敬する先生像としていてください。■吉山輝先生のレッスンを受けてきました渡辺茂夫 バイオリンソナタ(お義父さんのメッセージも入っています)で、このCDの伴奏ピアニスト吉山輝先生のレッスンを、生徒さんのかなちゃんと一緒に受けてきました。早朝にも関わらず、私たちの前には「コンクールのレッスン?」と思うような凄い曲を弾いてる生徒さんがいました。先生も「そうじゃない!アルペッジオを感じて!違う!」とかおっしゃってて、はっきり言って怖い。(やっぱり音楽の先生は実技になると豹変するんだ)と思いました。後で聞いたら、女の方はシューマンのソナタを弾いていて、小学生の頃からレッスンに通っているけれど音大とは無関係とのことでした。マジで?ピアニストかと思った。いよいよ私の番が来ました。ドキドキです・・・と言うわけで、続きはまた次回書きます。明日は恐怖の修論指導の日です。プロットすらあやふやなのに第1章が書けるかよ。ねぇ?・・明日は泣いています。


Binder: みかんぴあののバインダー(日記数:256/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6377770&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.