京都のGREENさんのマイページ

福岡)北九州で沖縄戦思う 慰霊の日に三味線の調べ

2014/07/10 20:52

沖縄戦の犠牲者を悼む「沖縄慰霊の日」の23日、北九州市八幡西区の千代小学校(庄展彦〈のぶひこ〉校長)で琉球民謡の奏者を招いたコンサートが開かれた。全校児童約500人が琉球民謡に聴き入った。

 沖縄の紅型(びんがた)の衣装に身を包んだ林輝美さん(41)=小倉南区在住=が沖縄の弦楽器三線(さんしん)を演奏しながら「島唄」など7曲を熱唱。沖縄戦で多くの住民が犠牲になった悲しみを歌った「月桃(げっとう)」では、林さんの演奏に合わせて児童が全6番を合唱した。

 林さんは八幡西区生まれ。22歳の時、琉球民謡を学ぶため沖縄へ移住した経験がある。児童を前に「沖縄の人はとても優しいが、あなたの祖先(本土の人)が沖縄を戦争に巻き込んだと言われたこともありました」と沖縄での体験談を話した。

 3年生の礒貝亮佑(いそがいりょうすけ)君(9)は「大好きな島唄が聴けてよかった。戦争は起きてほしくない」と話した。庄校長は「長崎で修学旅行の中学生が被爆者に暴言を吐いたニュースは悲しかった。児童には戦争の悲惨さについてしっかり学んでほしい」と話した。(茶井祐輝)


「朝日新聞」 2014年6月24日


Tags: なし
Binder: GREENのバインダー(日記数:4321/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6381040&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.