右法さんのマイページ

貫名菘翁書 「小学」:(再録)

2009/10/17 01:00



嘗著書、戒其子弟曰、夫壞名災己、辱先喪家。其失尤大者五。宜深誌之。其一、自求安逸靡甘澹泊、苟利於己不恤人言。其二、不知儒術、不悦古道、前經而不恥、論當世而解、身寡知惡人有學。其三、勝己者厭之、佞己者悦之、唯樂戲談、莫思古道、聞人之善嫉之、聞人之惡揚之、浸漬頗僻、銷刻*義。簪裾徒在、廝養何殊。其四、崇好優遊、耽嗜蘖、以杯爲高致、以勤事爲俗流。習之易荒、覺已難悔。其五、急於名宦匿近權要、一資半級雖或得之、衆怒羣猜、鮮有存者。余見名門右族、莫不由祖先忠孝・勤儉、以成立之、莫不由子孫頑率・奢傲、以覆墜之。成立之難、如升天、覆墜之易、如燎毛。言之痛心。爾宜刻骨。【「小学」嘉元第五】



祖先の忠孝・勤儉に由りて、以て之を成立せざる莫く、子孫の頑率・奢傲に由りて、以て之を覆墜せざる莫し。成立の難きは、天に升るが如く、覆墜の易きは、毛を燎[や]くが如し。



右族=勢力ある家柄。名門。



勤儉=まじめに働いて、むだづかいをしないこと。
頑率=かたくなで軽率なこと。
奢傲=おごりたかぶる。



苞書とその名を署名としている。行書で謹んで丁寧に書いた印象。
2004年に一度紹介したことがあるが、今回虫干しの折りに再撮影したものを掲載。
今回は出典も分かったので、原文と書き下し文を掲載した。



家訓として床に掛けておいてもよい内容で、名を署名に使用したのもうなずける。


Tags: 忠孝 | | 成立 | 古道 | 祖先 | | 名門 | 子孫 | 署名 |
Binder: 右法のバインダー(日記数:505/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6434016&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.