先生さんのマイページ

2013年6月の仏教勉強会

2013/05/25 09:03

6月も『マハームドラー』翻訳検討会はおやすみです。


東京・五反田のチベット文化研究所の「ガルチェン・リンポチェの教えをより深く学ぶ会」はいつも通り、月曜第一週・第三週にあります。
 6月3日(月)・17日(月) 18時30分〜21時30分(最初の30分は質疑応答や復習)
 要予約 お問い合わせ・ご予約は、チベット文化研究会まで(03-5745-9889)
現在は『クンサン・モンラム(法身普賢の祈願文)』について、ガルチェン・リンポチェの来日時の教えに基づいて、少しずつ学んでいます。
『クンサン・モンラム』は、すべての衆生には仏性(如来蔵)があるが、無知によってそれに気づいていない。衆生がそれに気づきますように、という原初仏(法身普賢)の祈願文です。

原初仏は釈尊のような化身仏のように教えを説くことはありませんが、ガルチェン・リンポチェによれば、それと等しい境地に至った修行者には、法身普賢のみ心が手にとるようにわかり、そういう形で伝えられた教えが、グル・リンポチェによってチベットに伝えられた後、いったん埋蔵され、テルトン(埋蔵経発掘者)リンジン・ゴデムによって発掘されたものです。
ガルチェン・リンポチェのお弟子さんのお話だと、リンポチェは『三十七の菩薩の実践』、『マハームドラーウパデーシャ(ガンジス河のマハームドラー)』、そしてこの『クンサン・モンラム』の3つについて、日本語で学習できるようになることをお望みとのことです。


5月からはじまった栃木県宇都宮市での勉強会は、6月5日(水)夜です。内容は検討中です(追記:テーマは『三十七の菩薩の実践』になりました。次回は19日夜です)。


Tags: なし
Binder: 仏教勉強会のお知らせ(日記数:72/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6894599&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.