先生さんのマイページ

論文「後ろから読む『教行信証』」を書きました

2015/05/15 18:29

明治学院大学教養教育センター紀要『カルチュール』に「後ろから読む『教行信証』」という、ちょっと変わったタイトルの論文を書きました(明治学院大学機関リポジトリで公開されています)。
http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/handle/10723/2405
深層心理学者のユングが、西洋社会に『チベットの死者の書』が紹介された際に、深層心理学の観点からは「後ろから読むべき書」だとしたことを導入部に、
『顕浄土真実教行証文類』(教行信証の正式タイトル)の「真実」とは、(私たちの考えるような真/偽ではなく)仏が人間の認識に合わせて説いた方便の教えを、仏の側から捉えたもの、という意味で、
『教行信証』も、人間の認識・理解の側からいえば、『チベットの死者の書』同様、「後ろから読むべき書」であることを論じたものです。
最近は、伝統的仏教理解における中観と如来蔵の関係、そこからの日本仏教の読み直しに力をいれており、
この論文もそのような観点からの、仏教における浄土(仏国土)の考えの捉えなおしの一環です。
数年前に非常勤でおこなている大学の専門の授業で一年かけて、『教行信証』と浄土七祖の教えの検討をおこなった一部をまとめたものです。
今年度は、同様の観点から、二つの大学の授業でそれぞれ、空海『秘蔵宝鑰』と道元『正法眼蔵』を取り上げます。
論文の前提となっている伝統的な仏教理解については、
「日本仏教がチベット仏教に学ぶもの」『現代仏教塾』吉売・幻冬舎(Kindleなど電子書籍版もあり、また元になっているお寺での講演がyoutubeで公開されています)、
http://www.amazon.co.jp/I-ebook/dp/B00V7XNKI8/
http://www.komyoji.net/node/6888
「仏教における修行」実存思想論集29『道・身心・修行』理想社
http://www.amazon.co.jp/dp/4650003091
をご覧ください。


Binder: ナーガールジュナ仏教研究所(日記数:88/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6894599&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.