先生さんのマイページ

2017年5月の仏教勉強会

2017/05/11 15:23

 東京・新宿の慈母会館の勉強会は、20日(土)15〜17時 参加費1000円、予約不要。内容は、弘法大師空海の教えについてです。
 これまで取り上げてきた浄土信仰と密教を、相容れないものと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、私と私の世界という捉え方から解放された境地が仏の世界、浄土、曼荼羅で、それを来世で体験するか、今生のうちに体験するかの違いです。

 東京・五反田のチベット文化研究所の勉強会は、12、26日(金)にあります。
 前回残った六波羅蜜から、チベットの伝統のソース、『般若心経』『友への手紙』『普賢行願讃』などの話に入る予定です。
 こちらは、要予約。お問い合わせ・ご予約はチベット文化研究所にお願いします。

http://tibet-tcc.sakura.ne.jp/TCC-B/TCC-B.html#bukkyounyuumon

 13日夜(土)は、京都でお話しさせていただく予定です。主催はサンギーティの会(仏教国際交流会)です。

https://www.facebook.com/events/239650903177174

慈母会館「伝統仏教を学ぶ」

日時:5月20日15〜17時

会場:慈母会館(全日本仏教尼僧法団)

新宿区大京町31

JR信濃町または千駄ヶ谷駅下車

会費:1000円 予約等は不要です。

内容:『大日経』から見る空海の十住心

 空海の『秘蔵宝鑰』は単なる『十住心論』の縮小版ではなく、『十住心論』には見られない記述や工夫が見られます。そのひとつが、典拠である『大日経』住心品とその註釈『大日経疏』の引用を、各住心の最後にまとめて掲げてあることで、それによって、空海の記述が自身の説というよりは、『大日経』の内容を、当時の日本の人々に伝わるように自分の言葉で語りなおした、翻案というべきものであることがわかります。

 今回は、典拠の『大日経』の引用を先に見ることで、空海がそれをどう理解し、伝えようとしたのかという観点から、『秘蔵宝鑰』の内容を考えていこうと思います。

 一回で終わらなかった場合は、6月につづきます。


Tags: なし
Binder: 仏教勉強会のお知らせ(日記数:72/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6894599&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.