先生さんのマイページ

2017年3月の仏教勉強会

2018/02/28 18:57

原則第一・第三土曜日に慈母会館でおこなっている勉強会は、第一週は予定どおりおこないます。第三週は、内容・開始時間が異なりますので、ご注意ください。

日時:3月3日(土)15時〜17時
会場:慈母会館(新宿区大京町31) JR千駄ヶ谷または信濃町駅下車
参加費:1000円。予約等は不要です。

内容は、修行における有相と無相です。『大日経』に出てくる概念で、有相とは曼荼羅や本尊などの形ある瞑想、無相は(勝義)菩提心のような形ない瞑想のことをいいます。
これは、中世の日本では、修行の内容やレベルを論じる際に、重要な鍵となるものだったことが次第に知られるようになってきました。
チベットに伝わる無上ヨガにおける生起次第と究畢次第も、この有相・無相の発展系のような内容です。
有相・無相という概念を切り口として、仏教における瞑想について考えていきたいと思います。
終了後、ポワの復習会をおこないます。こちらは、アヤン・リンポチェのポワコースにフル参加された方限定です。

第三土曜は、阿弥陀仏のツォク(密教形式の法要)をおこないます。
中心になるのは、阿弥陀仏の真言を唱え、供物を捧げることです。
真言といっても、阿弥陀仏のお名前に種子(仏様を象徴する梵字。阿弥陀仏は日本密教でいう「キリク」)をつけたもので、要は「南無阿弥陀仏」と名号をお唱えすることと代わりません。
これはどなたでもご参加いただけます(アヤン・リンポチェに確認をとってあります)。
長いものなので、そのため開始時間もいつもよりはやまります。部分参加も可能です。
テキストの読みを仮名で記したものをご用意しますが、密教のテキストのため、貸し出しという形になり、ポワコースにフル参加されてお経をお持ちでない方には差し上げることができないので、この点ご了承ください。

3月には、吉村が昨年10月に出した『空海に学ぶ仏教入門』(ちくま新書)に関連した講座を、東京と京都でおこないます。


日時:3月10日13時〜15時
会場:法蔵館書店 4階応接室(京都市下京区正面通烏丸東入る)
参加無料、事前に席の予約をすることが可能です(075-343-0458)

http://www.hozokan.co.jp/cgi-bin/hzblog/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2018&month=02&day=13&mynum=2469

日時:3月14日(水)19時〜21時
会場:筑摩書房 4階会議室
参加費:1000円、要予約
http://www.chikumashobo.co.jp/special/university/


Tags: なし
Binder: 仏教勉強会のお知らせ(日記数:66/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6894599&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.