モハメイドペーパーさんのマイページ

関西レポート

2012/02/17 20:27

 9日は12時のオープンと同時にCP+の会場に突入。オリンパスのブースに並んで数両限定のプレゼントグッズ(Tシャツと携帯ストラップ)を確保します。

 オリンパスブースには前日発表されたOM−Dが展示されていますが、手にとって触れるのは1時間待ちなのでパス。15日から展示される東京のショールームでゆっくり触ってきます。

 それにしても、今使っているE-330が重たく感じるようになり、、後継はペンシリーズのPL−3で決まりかと考えていたものの、OM−Dの出現でいささか決心がぐらついてきました。

 やはりこちらの方が完成度は高いし、値段もそんなにべらぼーな額ではない。なんとも悩ましいことになりました。

 9日は名古屋に泊まり、10日は伊賀鉄道に寄り道しながら夕方までに大阪入りというコース。しかし、上野市(今は合併して伊賀市)は鉄道で行こうとすると不便な場所で、直通の高速バスを利用します。

 10時15分頃、上野市の駅前に到着。まず1日乗車券を買い、伊賀上野まで往復。こいつがダークグリーンになった860系でした。もう1本のマルーンに銀帯入りは側線で昼寝中なんで、定期列車が出発してからじっくりと撮影します。

 伊賀鉄道は伊賀上野〜上野市間がほぼ1時間ごと、上野市〜伊賀神戸間が1時間にほぼ2本との運転で、運用は4本使用となります。日中でも上野市で入出庫があり、グリーンの860系は昼頃で入庫してしまったようです。

 元東急のステンレスカーは4本が稼働していて、まだスッピンの5本目が車庫の中に見えていました。この日、本線で撮影できたの201・203・204の3本。ピンクの202も車庫でパンタを上げていたから、午後から伊賀上野方の運用に入ったのかも知れません。

 桑町で1時間ほど撮影したあとは伊賀神戸まで直行。近鉄のホームからは上屋の陰になるので撮影は諦め、上本町行きの急行に乗ります。

 途中、名張が大阪行きを順光で撮れるので、ホームの端で1時間ほどお地蔵さんになります。特急は21000系、30000系、22600系、12410系、12200系と代表的な形式がひととおり来ました。私くらいの年代だと、近鉄特急といったらやはり12200系です。

 3時を回り、風も冷たくなったので、そろそろ撮影は切り上げます。先ほど、青山町行き急行に大阪線では貴重な5200系が入っていたので、これが戻ってくるのを待ち構えます。

 ホームの売店でパンと缶コーヒーを買い、ガラ空きの転換クロスに座ってかなり遅い昼飯となりました。途中、どこかでもう一度駅撮りしようかと思っていたのですが、暖房の効いた車内の居心地がよく、そのまま鶴橋まで乗り通しました。

 11・12日は神戸に出向き、「鉄道模型とあそぼう」でデモ運転の解説を務めました。こちらは面倒になって一度もカメラを出さず、写真はありません。

写真は上から
・ダークグリーンの862−762
・マルーンの863-763、帯はアルミだそうです
・忍者列車の201−101
・伊賀鉄道200系の車内
・近鉄特急といったらこれでしょう

 

 


Binder: モハメイドペーパー楠居のバインダー(日記数:144/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=7199105&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.