ミリアさんのマイページ

第2次世界大戦を教える

2009/10/17 01:17

 第2次世界大戦は日本だけが悪いのではない。の教え(中学3年生以上対象)

 第2次世界大戦で日本は戦争をしました。敗戦国にもなりました。その結果、特定アジアから、この戦争をして負けたというだけで攻撃を受けています。また、日本人の多くが、日本という国に自信を持てない原因の多くが、この1点に集約されていると思います。


■まずは、日本は悪い国を植えつける論法の紹介■

戦争は多くの死傷者を出す。戦争は良いことか、悪い事かと問われれば、やっぱり答えは「悪い事」。

仕方が無い戦争もあるかもしれないけど、話し合いで解決できるようなら、戦争しない方が良いよね、と問われれば、やっぱり答えは「戦争をしない方がよい。」

という事になります。

すると、日本は第2次世界大戦でアメリカに先制攻撃をしたんだから・・・。という単純な論理によって、「日本は悪い」という結論を導かせるように誘導しています。戦争の政治的な意味や大義などを全く教えずに。

今の歴史の教科書や、公民の教科書は、だいたいこんな感じで誘導しています。

ここで、大東亜戦争の意義を子どもたちに説明をしても無意味です。基礎知識も何も習っていませんし、教科書に書いてない事を事実として認識させる事は難しいからです。

そこで、私は次のようなワクチンが有効だと思います。


★お話の内容

「皆は、第2次世界大戦は知っているよね。あの戦争でね、インドやパラオや他のアジアの国の人々は、日本に感謝しているの。北朝鮮と中国は社会主義国で、日本が大嫌いだから感謝はしていないんだけど。皆は知ってた?」

「戦争したのに感謝って、そんなのおかしいよと思うかもしれないけど。皆は1960年がアフリカの年だと勉強したよね。アフリカの黒人の人たちが、植民地支配から脱出できたの。要するに黒人を奴隷として支配していた白人を追い払って、独立をしたの。この事に日本が関係しているって知ってた?」

「日露戦争は知っているよね。大きな国ロシアに小さな国日本が勝ったの。しかも、白人ロシア人を、黄色人種である日本人が倒したのに、世界はビックリしたの。」

アフリカの人の会話

「日本がロシアに勝ったんだってよ。」

「何興奮してんだよ。」

「お前、白人が黄色人種に負けたんだぞ。」

「え、本当なのか。日本は大きな国なんだな。」

「違うよ。この世界地図を見ろよ。ここだよ。日本は。」

「え、こんな小さな国の、黄色人種の日本にあのロシアに勝ったのかよ。」

1900年初頭、世界はまだ白人が、黒人や黄色人種を支配していました。肌の色が白くないというだけで、奴隷同然に支配をしていたの。アジアも、日本以外は、そのほとんどが白人の植民地だったの。だから、白人ではない小さな国の日本が、大きなロシアに勝ったのは、黒人や、黄色人種の希望になったのだけど。日本はギリギリでロシアに勝っただけだから、世界を変える力はなかったの。」

「そして、1941年に太平洋戦争、つまり第2次世界大戦が始まったの。日本は主にアジア・太平洋地域で戦いました。白人が支配している国へ軍隊を送って、白人を追い払いました。アジアの人たちにも犠牲者は出たけど、生き残った人たちは、白人の奴隷ではなくなった事に心から喜んだの。もちろん、この日本が勝っている情報にアフリカの人々は、自分たちも白人から解放されるかもと期待した。」

「でも、1945年に、日本は第2次世界大戦に負けてしまった。白人の連合軍に負けてしまったの。だけど、日本軍はアジアの各国から撤退する時に、アジアの人々に武器を置いていったの。そして、日本軍が立ち去った後、白人たちがアジアを再び支配しようとしたけど、アジアの人々は日本人の残した武器で戦って、独立を手にしたの。」

「さっき、アジアの人々が日本人に感謝していると言ったのは、この事なの。」

「そして、アジアの各国が独立をしている。日本以外の国も白人なんかに負けていないのをじっと見ていたアフリカの人々は、立ち上がったの。白人の黒人差別、白人の黒人支配が終わった年、それが1960年アフリカの年なの。」

「戦争はよくないわ。殺し合いだから。良い戦争も、悪い戦争もないと思う。だけど、日本が第2次世界大戦で戦っていなかったら、アフリカやアジアは白人に支配されていて、黒人や私たち黄色人種は、生まれた瞬間から、白人の奴隷になっていたかもしれない。皆は、そんな世界だったら嫌でしょ。世界中の人々も、そんな世界だったら嫌だと思っているの。戦争は良くない事だから、日本は戦争をしてくれてよかったよ。と大きな声でいう人間はいないけど、アジアやアフリカの人たちは、心の中で、日本ありがとう。って今でも感謝しているの。」

 


Binder: 思考刷り込みウイルス撃退ワクチン開発部(日記数:3/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    ミリア
    ミリアさん
     2009/10/17 01:39
     この後に、ねずきちさんのブログで学んだエピソードを入れると、さらに話は盛り上がると思います。
     実際に、上記のような話をした事はあります。言葉づかいは丁寧じゃないですけど。中学3年生から高校生程度の子どもたちは、「白人の黒人差別」などを、公民で勉強しているので、日本がアジアから白人たちを一時的にでも追い払う事ができなかったらという仮定の話をすると、戦争の結果として、日本は世界から感謝されているんだという認識は強く持ってくれていました。
     勉強ができて、思考力がある子どもたちの方が、第2次世界大戦がもたらしたものが何なのかを理解してくれて、日本だけが悪いという考えからは脱却してくれていました。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=7613414&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.