kakiさんのマイページ

古き友との再会

2011/03/01 01:46

去年の夏から高校時代にたまり場にしていたバイク屋に通っている。

seki氏もそこで若い頃はバイクを買ったり、直していたりした。


誕生日が遅い私は高校一年の冬に原付をとって、

バイト先の先輩からハスラー50を買った。

その時近くのバイク屋(自転車屋)多○サイクルという所に

パーツを注文していたが、いつまで経っても届かない。

2週間ほぼ一日おきに、まだですか〜と聞きに行った。

すると「あーごめんまだだね〜」と・・・。


そんな時に幼馴染の3軒隣のM君に紹介されたのが

当時「タケノコ」というバイク屋さんで、S氏と出会った。

ハイハイこの部品ね、車体番号はと聞かれ、

あれれ?前のバイク屋じゃ聞かれなかった?と言うと、

車体番号無いと発注できないよ〜といわれた。

そして次の日に部品が来た。


くそー二度と行かねーぞ多摩サ○○ル。

注文すらしてなかったのか・・


当然の如くその日からタケノコ通いが始まった。


それから直ぐに中免を取りに行き、

高校一年の3月ギリギリに免許を取得。

当時バイト代も少なくお金が無かったのでS氏に言うと、

8万円でHAWK250があるぞと・・。

兄貴の時代でも古いバイクだ・・。
教習車より古い・・。


親パワーで友達が良いバイクを買う中、私はこのバイクを購入。

えーカッコ悪いとも言われ少し悔しかったが、

よく考えると、ただ単に私が良い子では無かったので

親が買ってくれなかっただけだ。(泣)

皆でツーリングに行ったり、用も無いのに何処かに溜まったり、
色々な青春時代をバイクと共に過ごした。

学校をバックレるといつもタケノコに通っていた。

勿論学校が終わると直ぐにバイクに乗って通った。


お金のない俺たちに「自分でやれ〜」とS氏は言って、

色々自分たちで修理した。判らない時は勿論やってくれた。
今考えても修理やカスタムにお金を払った記憶が無い。


タケノコとは世田谷に本店がある○○モータースの支店であった。

雑誌によく登場する有名店でもあった。

そんな事は何も知らずに俺たちは通っていた。


当時からS氏の腕は確かだった。

通ってくる大人達が口を揃えてそう言う。


その○○モータースの社長も有名な人だ。

マン島のTTレースにも参加していた重鎮である。

高橋国光さんとかの先輩にあたるらしい。


S氏の先輩にもレース界で有名な人がいた。

この人が作ったチャンバーは鬼のように速かった。


後輩には世界GPでも活躍した人もいた。

私も彼には会った事がある。

ウィリーが上手いぞと聞かされ、

タケノコに来たときに、ちょっとその原チャリでやれ!

とS氏に言われた彼はパッソルか何かで、

ブイブイっとウイリーしながら走っていた。


富士の走行会に行ったときにも

彼はFXの600改で走っていたのを見た。

その後全日本、世界GPへとステップアップしていった。

今でも雑誌に走行指導などでよく出ている。

勿論向こうは私の事は知らない・・w


S氏は今では旧車の神様とかkawasakiの神様とか言われている。

この業界も長いので色んな人との人脈も太い。

バイク屋がよく助けてーと駆け込んでくる。

ディーラーでさえくる始末だ。

電話もよく同業者から掛かってくる。

だが絶対雑誌とかには載らない。

そして平日でも誰かしら遊びに来ている。

最近の私もそうである。



高校3年になると今度は車だ。周りも免許だなんだと騒がしい。

やはり誕生日が遅い私は卒業ギリギリで何とか取得。

専門学校に上がるとタケノコには殆ど通わなくなっていた。


ふとした時にスー君という友人から原チャリレースに出ようと誘われ、

久々にタケノコに行って色々カスタマイズした。

その辺がタケノコに通った最後かと思う。


まもなく実家も田無から新座に引越し、

溜まり場だった私の家も、滅多に皆遊びに来なくなった。

それから吉祥寺へ引越し、一度船橋にも住んだ。

そして渋谷の道玄坂、広尾と移り住んで、結婚して目黒へ。

次は品川シーサイド、横浜の大倉山へ引越して、

今は川崎在住。


通勤ではスクーターや400、250には乗っていたが、

ツーリングやカスタマイズなどは全く無縁であった。

あくまでも通勤用である。



若い頃バイクに乗っていた。

いつしか興味は車に変わっていく。

そして仕事、家庭を持ってどんどんバイクから遠ざかってしまうが、

40も過ぎてくると少し心と懐に余裕が出てくる。


するとあの時夢だった大型二輪。

東大合格よりも難関だった限定解除が今は教習所で取れる。

これは行くしかない!

そんな理由もあり、リターンライダーが増えているのだ。

紛れもなく私もその一員。

心にそう思っていても中々実現できない人も多いと思うが、

何かのきっかけでリターンして欲しい。

いつでも背中を押す準備は出来ている。


教習所を2週間で卒業。

勿論次の日に免許センターで書き換えた。

免許を貰った瞬間、この上ない優越感に浸った。

全世界にあるバイクが制限なしに乗れるのだ。

選択肢が広がった。いや広がりすぎだ。


とりあえずBIG-1をオークションで落札した。

それでも通勤用としか考えていなかった。


するとタイミングよくseki氏からの電話。
大型取りました!バイク乗ってますか〜と・・

色々とビックバイクで一昨年、去年とツーリングに行きまくった。

次々と仲間も増えた。いや巻き込んだw

今が人生で一番楽しいかも知れないとも思ったほどだ。


seki氏といつも「タケノコ」どうしたかね?

通ると名前も変わってるみたいだし、

バイクはワサワサ置いてあるけどね・・。


私も地元には正月くらいしか帰らない。

とても気になっていたので、

近所に住むseki氏に一度見てきてよと頼んだ。


するとまだあの頃からS氏も健在で、

色々あって店名は変わったけど、

今だ古い友人も通ってくるらしい。


それじゃ俺も行かない理由は無い。

と、去年の夏、久しぶりに行ってみたのだ。


久しぶりに会うのが少し恥ずかしかった。

全然変わってないのが嬉しくて、昔話に花が咲いた。

S氏も喜んでくれた。

色んな奴らの歴史も聞いた。

実に25年ぶりだからそりゃしょうがない。


それ以来、ちょろちょろと顔を出すと、色んな友達と再会する。


一番最初にはここの主と言っても過言ではない背の高いK。

次に会ったのはこいつもガタイのでかい「ながぱん」。

二人とも余りにも変わった私に気づかなかった・・w

ながぱんは別の奴の名前を呼んだw


一番酷いのは目の前の私を通り越して

私より先にseki氏に気づいたO。


この3人は直ぐに出会うことが出来た。

KやOはずっと通ってたらしいが、

ながぱんも一年くらい前からの復活組らしい。

今は群馬に住んでるのに週に2〜3日も

西東京市まで通うツワモノだw


少し先輩のA君にも12月に再会した。

一緒に奥多摩にツーリングに行ったのが懐かしい。

横浜在住なのでPC直しに自宅に来たりもした。

去年の12月見事3回の一発試験で大型を取得。

S氏よりハーレーを買った。


そんなこんなで足を骨折したり、

BIG-1を入院させたりして2011年を向かえた。


そして先日2月の終わりの22日(金)に、

seki氏とまたS氏のバイク屋に行って、

BIG-1の修理を見ていたら、

通りにエスティマが止まった。

S氏がニヤリと笑った。


オヤジ化したスー君がニヤニヤして歩いてきた。

一瞬判らなかった。

勿論人のことは言えない位私もオヤジ化しているがw


やはり24〜5年ぶりである。


久しぶりに会う人は皆、声枯れてるね?どうした?と言われる。

確かに20代後半まではもっと綺麗な声だった。

バブル時代の飲みすぎ歌い過ぎが原因かな・・。


スー君は小学校3年から6年まで一緒のクラスだった。

中学や高校のときもよく遊んだ。

バイクでもいつも一緒につるんでいた。

真面目な性格で、俺らの中では一番優等生でもあった。

流石、大手の会社に今でも真面目に勤めている。

しかも子供が4人もいると!

少しの間だったが、色々話した。

仕事中だったので早々に引き上げたが、

飲みにも行こうと携帯の番号を交換した。


そして2日後、またまたバイク屋に行くと

夕方バタバタとkawasaki W650 がバイク屋の前に止まった。

S氏が気づいて、おい!来たぞ!と手を招いた。


おお?3軒隣のM君だ!

お互い大分変わったなとヘルメットを脱ぎながら微笑んだ。

近所だからお互いの家族も全員知っている。

兄貴は今何してるとか近況の報告をし合った。

聞くと息子が16歳の高校生だという。

教習所にこないだ入所させたそうだ。

バイクは何台も持ってるので、ゼファー400を息子にあげると。

親子でバイク・・・いいね、憧れる。


色々話して今足が痛くて湿布を貼ってると言うと、

病院で腐るほど貰って家にいっぱいあるから取りに来ればと。

今度取りに行くよと言うと、じゃあS氏に預けておくねと、
家に帰っていった。

暫くするとハーレーでまたやってきて大量の湿布を持ってきてくれた。

1週間で3〜4千円は掛かってたので、本当に助かった。

しかも病院処方のとてもよく効く湿布である。

非常に嬉しかった。

まだ俺が居ると思って直ぐに持ってきてくれたに違いない。


昔からバイクや車を綺麗にする奴だった。

W650もハーレーもビカビカでカッコいい!


湿布を貰って、いやー本当にありがとうと言うと、

じゃあねと言って直ぐに帰っていった。


週末に立て続けに古い友人と再会が出来た。

新しい仲間も沢山出来た。

バイクに乗っていて本当に良かった。


長期入院中のBIG-1も、もう直ぐ復活の予感。

なんだか楽しいことばかり続いた週末。

こんな気持ちが一生続けばいいと思った。



よく考えると私の人生はバイクを中心に動いているようだ。


うん、悪くない。


Binder: kakiの遊び場(日記数:56/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8602337&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.