chenronさんのマイページ

無気力、無関心の暗い雰囲気を変えるには

2012/01/18 18:38


雪がしばらく降らない日が続いています。

でも寒いですね。


お日様が顔を出すと心も明るくなった気がします。

お日様のパワーって素晴らしいですね。


まだこれからが雪がドカっと降って来るので
油断は禁物。


毎年2月ぐらいに大雪が降りますから、春は遠いですね。


春がとっても待ち遠しく感じます。


さて、


本日もコミュニケーションに関するお話です。


≪本日のテーマは・・・≫

無気力、無関心の暗い雰囲気を変えるには


暗い雰囲気の集団の中にいれば息がつまりそうに
なってしまいます。


こういった無気力無関心の暗い雰囲気は伝染しちゃい
ますよね。


そういった雰囲気になるのには気遣いゼロの人間関係が
必ず存在します。

仕事ができて当たり前とばかりに成果を褒めない上司。

ミスのフォローをしたのに「助かりました」の一言も言わない
後輩社員など感謝の言葉もなく人間として当然の気遣いが
出来ていない場合が多い。

では、

どうしたらこのような悪い雰囲気を変えることができるのでしょうか。


会社や自分の周りで働いている人を活気づけるには「帯状回」を
刺激させる必要があります。


帯状回は脳の一部で、大脳辺縁系に属する脳のうち、動機
づけを司る部位。


何らかの行動を積極的にやるべきか、屋sらないべきかを判断
する中枢であり、記憶をつかさどる脳の部位の一部でもある。


つまり、


帯状回に喜びや満足感をともなった体験がインプットされることが
やる気のもとになっていくのです。


要するに喜びや満足感を伴う体感を増やしていけば集団全体の
士気が高まっていきます。

愚痴ばかりこぼし、やる気のない上司やいつもミスばかりする
後輩には、少し持ち上げる言葉を投げかける気遣いをして
やるだけで、スムーズに集団活動ができるようになる。


相手が喜ぶ声かけや感謝の言葉が集団活動の潤滑油になる
事は言うまでもない。


貴方もそうではないですか?何気ない気遣いの言葉で気分
よく動けたりしたことはないでしょうか。


相手の長所を見つけて褒める、相手が喜ぶことが言える、
何かをしてもらったら感謝の言動をとる、それらができる
集団になることができれば、無気力無関心の集団になることはない。


参考にしてくださいね。





【送料無料選択可!】脳が鋭くなる「考えない」トレ...

価格:1,470円(税込、送料別)








Tags: なし
Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.