chenronさんのマイページ

座席の位置と人間心理

2012/02/04 19:51


こんばんは、今日は寒さが少し緩みましたね。

寒いのは変わりませんがましな気がします。

今日はちょっと野道を散歩してみました。

やっぱり山道には雪がかなり残っています。

歩けないことはなかったのですが、歩きにくく
途中でやめて帰ってきましたよ。

でも気持ちはよかったです。

やっぱり野山の散歩は気持ちいいです。

さて、

本日もコミュニケーションに関するお話を
していきますね。

《本日のテーマは・・・》

座席の位置と人間心理

現代では上座下座をあまり言わなくなりましたが、
侮るなかれ、これには深い意味があったのです。

入口から最も遠い席を上座と言いますが、この席
は心理学的に言えば威厳を示す位置です。

その場で一番、威厳のある人が座る席。

父親の威厳を保ちたければこの席に座るように
しましょう。

奥の席を中央とした時、テーブルの左右の席には
補佐役が座る席とされています。

家庭で言うならお母さん、最年長の子供が
座る席。

また、

心理学の実験から言うと・・・

対立しがちな相手は、向かい合わせに座りたがる。

2ある発言の直後にでる意見は反対意見である
場合が多い。

リーダーシップが強ければ隣の席との私語が増え、
リーダーシップが弱いと向かい合った人との会話
が増える。

こんな傾向が見られるようです。

家庭で奥さんや子供と喧嘩が耐えないのなら
向かい合わせの席は避けたほうがいいかもしれない。

家庭内の座席の位置を考え直せば、家庭が円満に
なるのかもしれません。

参考にしてみてくださいね。

それではまたです。(*´∀`*)/〜〜




Tags: なし
Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.