chenronさんのマイページ

カラー使いで売り上げが変わる?!

2012/02/14 17:59


今日はバレンタインデーですよね。

自分の気持ちをちゃんと想いの相手に伝えることが
できましたか?

背中をせっかく押してくれるチャンスの日です、上手く
いかなくても、気持ちを伝えずに諦めるよりはいいはずです。

自分お気持ちなんて相手に伝えてみないとわからない
ものですよ。

山田花子も今の旦那さんをゲットするまで、涙ぐましい
努力をしています。

子供もできて幸せそうですよね。

最初は嫌われていても、逆に相手の方から歩み寄って
くる場合だってあるんですからね。

なにごともベストを尽くしてみないとわから
ないってことですよ。

さて、

本日もカラーについてのお話をしていきますね。

《本日のテーマは・・・》

カラー使いで売り上げ
が変わる?!

味はいいのになぜか流行っていない店と言うのは
往々にして外観に問題があるものです。

繁盛する店舗というのは外観も考え抜いた作りを
しています。


店舗のイメージを考えるときの外観作りには

★発見確率の向上


★魅力確率の向上


★誘導確率の向上

この3要素を考慮しながら外観のデザインを
考えるべきです。

特に飲食店の場合には食欲をそそるカラーを
取り入れる必要があります。

飲食店でNGなのは、例えば薄い緑色をした屋根です。

薄いグリーン系の色は食欲を減退させるカラーなので
飲食店には向きません。

要するに寒色系の色はむいていないということ。

魅力確率や誘導確率は望めないことになります。

ダイニングは暖色系を使うのが原則とされていて、子供の多い
飲食店は青系統の配色は敬遠されがちです。

看板に赤を使うというのは普通に考えると悪いことでは
ありませんが、付近に赤い屋根や看板を持つ店舗が多い
場合には周囲と同化してしまい目立ちません。

発見確率が下がることになってしまいます。

食欲を誘いしかも目立つ色は周囲の環境によっても
変わってきます。

今度よく流行っている店舗のカラーと周囲の環境の
カラー使いを確認してみてください。

参考になると思いますよ。

飲食店系のお店は暖色系の色使いをし、統一感を
持たせることに気をつけることです。

暖色系は食欲をそそるカラーだからです。

色使いのセオリーは売上を伸ばそうとするとき
には無視できない要素だということを忘れない
でくださいね。

参考にしていただければ嬉しいです。


それではまたですヽ(*´∀`)ノ



【送料無料】よ...

価格:1,470円(税込、送料別)








Tags: なし
Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.