chenronさんのマイページ

相手の心が離れなくる究極のテクニックとは(*´∇`*)

2011/02/27 09:09


本日も私のブログに訪問していただき有難うございます。最後までお付き合い頂けたなら嬉しいです。宜しくお願いいたします。≪私の他のブログとホームページも宜しくです≫◎催眠療養士(ヒプノセラピー)礒田ヘルスサロンhttp://chenron.qee.jp/index.php?go=yD5toh◎スーパーヒーリングマスター龍輝角端のブログhttp://www.uranaiblog.net/user/ryuki/ryuki/◎たもちゃんのホンワカ生活面白日記 http://chenron.blog.so-net.ne.jp/◎生活お役立ちブログhttp://ryuuki-kirin.seesaa.net/◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆温泉は好きですか(^ω^)温泉は最高のセラピスト。温泉にかなうセラピストはいないんじゃないのかな。【温泉】温泉に使って、一息入れると最高の癒しです。これから桜の花を見ながらの露天ぶろは最高のぜいたくかな。【温】昔、テレビで観た温泉のイメージは、お盆の上に徳利とお銚子を乗せて湯船に浮かべてお酒を手酌で・・・・・。実際は身体に悪いからやってる人見たことないけど、、一度やってみたいものだ。                       【酔】お酒を呑めば心が楽しくなる。やっぱり楽しく呑んで酔わないとね。さて今日も相手の心を惹きつける催眠恋愛テクニックのご紹介です。≪今日のテーマは・・・・≫彼が貴女を離さなくなる究極のテクニックとは心理カウンセリングを行う時には、常に注意を払うことはクライアントが依存症にならないように接していくと言うこと。たとえ、依存症が起きても、優秀なセラピストはクライアントの心の回復と共に、徐々に突き放していきます。一番問題なのはクライアントがセラピストに対してある程度の依存を抱くのは自然な流れなのですが、セラピストのほうが依存してくるクライアントに対して特別な感情を抱いてしまうことです。これを共依存と言います。いったん共依存が起こると、頼る側のクライアントより、頼られる側のセラピストのほうが重症になります。誰かに頼られることで自分の存在価値を実感するようになったセラピストは、クライアントに自立心が出てくると、本来の目的とは裏腹に焦りを感じてしまいます。もう、こうなるとセラピーは成り立ちません。クライアントとセラピストといった関係など建前にしかすぎず、どちらかが不利益に目を覚ますまでこの関係は続きます。お互いが依存していることに気づかないこともしばしばあるため、カウンセリングにおいて共依存はとても厄介なのです。もし、この共依存の原理を恋愛に、そしてそれを意図的に作り上げたらどうでしょう。そうです、そうなんです、今日、ご紹介するテクニックとはこの共依存を意図的に引き起こすテクニックです。【実践】やることは、いたって簡単です。彼に面倒をかければいいのです。彼氏が異様に惚れこんでいるカップルを見ると、だいたい彼女のほうが「一人では何もできません」タイプの多いことに気づきます。例えば、彼に電話をかけて、「シャワー浴びようと思ったらゴキブリがいたの!シャワー終わるまで部屋にいて!」と呼び出してみる。ここで彼が「ゴキブリなんて、もうどこかへ行ってるよ」などと言いながらでも、部屋に来てくれたら大成功です。このテクニックは、彼にあまり負担をかけないように面倒をかけるのがコツです。もし、金銭的に余裕のない彼に、金銭面で負担をかけ過ぎたりすると、彼はすぐに力尽きてしまいます。「それくらい自分でできるだろう」と言いながらでも、やってくれるような甘え方なら完璧です。無難な例としては、彼との食事の際、もし「口のワキにご飯粒ついてるよ」といわれたときなんかは、かれのほうに顔を突き出して「取って」と言って彼に取ってもらってください。自分で取ると恥ずかしくなってしまうような場面でも、心理誘導から見れば絶好のチャンスなのです。このテクニックは、共依存の形を意図的に構成するものですが、貴女は意識して依存している訳ですから、関係そのものをコントロール出来ているわけです。無意識なのは依存される側の彼だけです。負担にならない依存を繰り返されるので、ただ「貴女の面倒を見ている」と言った優越感に浸っている毎日を送っているだけなのですが、彼の潜在意識の中では、貴女が生きがいを与えてくれる人になっていくので、離れていくことをとても恐れるようになります。文字通り、このテクニックを使いこなせるようになったら、彼は貴女を絶対に離さなくなると言う訳です。貴女も甘え上手になってくださいね。男が護ってあげたくなる可愛い女性になることです。甘え上手は恋愛上手(〃^∇^)o_彡☆覚えておいてくださいね。では今日のお話はここまでです。参考にして頂けたなら嬉しいです。次回もお付き合い宜しくお願いします。最後まで今日もお付き合い有難う。それではまたです。


Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.