chenronさんのマイページ

貴女は陥っていませんか?こんなコンプレックスに・・・・

2011/03/04 09:34


本日も私のブログに訪問していただき有難うございます。最後までお付き合い頂けたなら嬉しいです。宜しくお願いいたします。≪私の他のブログとホームページも宜しくです≫◎催眠療養士(ヒプノセラピー)礒田ヘルスサロンhttp://chenron.qee.jp/index.php?go=yD5toh◎スーパーヒーリングマスター龍輝角端のブログhttp://www.uranaiblog.net/user/ryuki/ryuki/◎たもちゃんのホンワカ生活面白日記 http://chenron.blog.so-net.ne.jp/◎生活お役立ちブログhttp://ryuuki-kirin.seesaa.net/◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆皆さん、こんにちは(^ω^)私の崇拝する催眠セラピストの【林貞年】さんの著書をご紹介します。【送料無料】魅惑の催眠恋愛術価格:1,470円(税込、送料別)とても勉強になりますよ。人間の心理をうまく利用して恋愛に活用する方法が分かりやすく紹介されています。恋愛で悩んでいる方にとっては最高の参考書でしょう。実は、私もこの本にはかなりお世話になり、何度も読み返してはセラピーの現場で活用させていただいています。私が習った催眠療法は【エリクソン催眠】ではありますが林先生の著書には非常に感銘を受け尊敬しています。この内容でこの著書の値段は非常にビックリさせられるもの。催眠療法を普通に習いに行けば60万円ぐらいするところもあると言うのにそれ以上の内容だと思います。私が最近ご紹介させていただいている、ブログも一部引用させて頂きご紹介させて頂きました。ここで改めて林先生のご紹介と共に林先生への敬意を込めて書かせていただきました。◆◆さて本日もコミュニケーションにお役立ちのお話をご紹介していきます。貴女は、シンデレラ・コンプレックスと言う言葉を聞いたことがありますか?そうです、あの有名なシンデレラの物語で登場するシンデレラにちなんでつけられた心理学用語です。シンデレラはママハハとそのママハハの連れ子であるお姉さんに毎日いじめられながらも、けなげにも耐えて懸命に頑張ります。そしてある日、お城の舞踏会に参加できるように魔法使いのおばあさんが現れて手助けしてくれる。舞踏会に参加したシンデレラは王子様に見染められて、最後にはハッピーエンドになると言うお話でしたよね。シンデレラ・コンプレックスとは、『他者に面倒を見てもらいたいと言う根深い願望によって女性が精神と創造性を充分に発揮できないようになる状態を指します。いつかは白馬の王子様が現れて今の辛い境遇から助け出してくれる、そう思いひたすら、その願望が叶うと待ち望んでいる。そう言う夢見がちな女の子の話を耳にすることがあると思います。シンデレラコンプレックスの名前の由来はこういったシンデレラの物語に出てくるシンデレラの姿勢と青年期の女性に見られる無意識の依存要求とを重ね合わせた結果つけられた名称です。自立と依存との葛藤は青年期に男女を問わず経験する物ですよね。このシンデレラコンプレックスは、青年期の女性で、しかも比較的学歴の高い女性に多くみられるといいます。経済的にも精神的にも自立する才能がありながら、そこまでいたることをちゅうちょする。だからといって、専業主婦と言う形で100%夫に頼り切ってしまうには、自立に対する欲求があるため不満が残る。こういった自立したい気持ちと、誰かに依存していたいという気持ちとの葛藤に悩んでいる女性は案外多い物なのです。貴女は大丈夫ですか?こうしたコンプレックスが形成される要因として父と娘、母と娘と言う親子関係と、父と母の夫婦関係という二つの関係があると考えられています。父親は自分の夫婦関係に対する不満を改善しようとはせず、娘を理想の女性にすることに力を注ごうとする。母親もそう言った父娘の関係に不満を持ちながらも表面的には応援をする形をとる。こうした父母のもとでは娘は母に依存することもできず、父親にはその理想像に近付くという歪んだ形でないと依存欲求を満たしてもらえない。いざ、そんな環境で育った娘は自立しようとした時には父親に自立を阻まれ、母親は傍観するばかりで娘の自立に手を貸そうとはしない。結局、娘は依存欲求も満足に満たしてもらえず自立もままならないという宙ぶらりんな状態になってしまいます。こうして男性に依存しきることもできず、だからと言って完全に自立した女性になれない人間が出来上がります。もし、貴女がシンデレラ・コンプレックスだと感じたら、少し肩の力を抜いて男性に甘えてみるのも良いかもしれませんよ。自分のプライドが幸せの邪魔をしているって言うことはよくありますからね。男性は女性に頼られて悪い気のする人はいないですから。客観的に自分自身を見つめなおして自分自身をコントロールしていきましょう。今日のお話はここまでです。最後まで本日もお付き合いくださいまして有難うございました。次回もお付き合い宜しくお願いします。それではまたです。


Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.