chenronさんのマイページ

人を惹きつける要素とは・・・・。今日もお役立ちコミュニケーション術

2011/03/15 09:09


本日も私のブログに訪問していただき有難うございます。最後までお付き合い頂けたなら嬉しいです。宜しくお願いいたします。≪私の他のブログとホームページも宜しくです≫◎催眠療養士(ヒプノセラピー)礒田ヘルスサロンhttp://chenron.qee.jp/index.php?go=yD5toh◎スーパーヒーリングマスター龍輝角端のブログhttp://www.uranaiblog.net/user/ryuki/ryuki/◎たもちゃんのホンワカ生活面白日記 http://chenron.blog.so-net.ne.jp/◎生活お役立ちブログhttp://ryuuki-kirin.seesaa.net/◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆今日は曇り気味の空ですが、まあまあの天気になって行きそうです。昨日は午後から晴れたので菜園の草むしりを2時間ほどでしたがしてきました。畑で土に触れながら汗を流すと、とっても気持ちよくって元気をもらえましたよ。今年は何を育てようかと畑を見つめながらあれこれ思いを巡らせるのは楽しいものです。紫色のジャガイモに赤色のジャガイモは、毎年の定番で作る予定です。アントシアニンが豊富ですから健康にも良いですし、食感もモチモチしていて好評です。今年もできるのを待っている人がいるので頑張って色々な野菜を作ろうかと思っています。さてさて、本日も、コミュニケーション術についてご紹介していきます。≪本日のテーマは・・・・≫弱みを見せることで良い印象を作る人は欠点のない相手に対してはプレッシャーを感じ、敬遠したくなるという性質があります。ですが、ミスや失敗によって、『やっぱり同じ人間なんだな』と受け入れられることもあります。人は、相手の弱点を見出すと、その人物に抱いていた緊張感が解け、親しみや共感を抱くものなんです。人気のある有名人や歴史上の人物は、多くの失敗談が伝えられていますが、人気の秘密はそのあたりにあるようです。人間のすることに完璧はありえないのですが、ほとんどの人が失敗とはしてはいけない物、してもそれを隠さないといけない物だと思っています。勿論、失敗によってビジネス社会では命取りになることもあります。でもね、致命的でないミスならば許されるもので、ことに優秀な人物、自分より上位にある人物のちょっとした失敗は、微笑ましく感じられ、共感を誘う効果があります。それまで、苦手意識を持っていた相手のミスを発見することで、自分が優位に立った錯覚に陥ります。そして、弱みを抱えた同じ人間同士として受け入れられるようになるのです。この人間心理を逆手にとって、自分のミスをわざと見せるようにすれば、相手を油断させ、味方につけることができます。ついうっかり書類を忘れた。ぼうっとしてバスを乗り過ごした。慌てて間違い電話をした。よく日常ではある小さなミスですよね。こんな時には、むきになって隠そうとしたり、指摘されて逆上したりすると、かえって気の小ささを露呈しているような物です。おおっぴらにしたほうが、人間味ある自分をアピールできるのです。やり手の人物ほど、自分の失敗や弱点を公言することに迷いはなく、逆に上手くそれを利用しています。最初に自分の弱みを宣言しておけば、出来ないからと言ってバカにされないですし、後になって出来るようになれば、『なかなかやるじゃないか。努力したんだな』と、かえって評価されることにもなります。同じ失敗を繰り返ししていたのではバカにされますが、同じ失敗を繰り返さず、時折人間臭さをのぞかせたほうが周りの人からは好感を得るということですね。人は、人間ですから失敗はつきものです、ですが、その失敗を上手く利用することができるということも覚えておいてくださいね。無理に、プライドがあるためにミスを隠したり、いい訳をしないほうが良い場合もあるということなのです。では、本日のお話はここまでです。最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。次回もお付き合いくださいね。それではまたですm(_ _"m)ペコリ


Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.