chenronさんのマイページ

膝関節痛が気になりだしたら

2012/06/08 14:26


年齢を重ねて行くとあちらこちらの関節が痛く動きが悪く
なってきますよね。

体の老化を一番に感じるところではないでしょうか。

テレビの通販番組やCMでしきりにヒアルロン酸やグルコサミン
が膝関節にいいと宣伝しています。

40歳を超えたくらいからそういったCMが気になりだしたのでは
ないですか?

でもね、個人差があってヒアルロン酸やグルコサミンを摂取しても
効果が上がらない人がいることも事実。

===============================
膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム
⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=211084&iid=25361

===============================

膝関節痛は一言でいえば、軟骨の老化やすり減り、関節に負担
をかける肥満、関節を支える筋力の衰えなどが原因です。

ですから、若くても膝関節痛に悩んでいる人もいるはずですね。

何も老化だけが原因なわけではないわけです。

でも、膝関節痛の主たる原因は軟骨のすり減りです。

そこで、

グルコサミンやヒアルロン酸といった軟骨成分を配合したサプリ
を摂取する事を勧められます。

しかし、

そういったサプリを色々試しても効果が認められない人もいます。

なんな方は、もしかしたら摂取すべき成分が違う可能性が
あるのかもしれません。

実はね、膝関節は水分を除けば?型コラーゲンが全体の80%、残り
の20%がヒアルロン酸とグルコサミンです。

ですから、コラーゲンが不足しているから膝関節痛が改善されない
ということになるのかもしれませんね。

コラーゲンは最近よく聞かれますが、通常の骨や靭帯、皮膚には?型
コラーゲン、関節軟骨には?型コラーゲンと場所によって使われてる
コラーゲンの種類が違います。



【コラーゲンマトリックス】3種類のコラーゲン、 コンドロイチン、グルコサミンの 三者一括補給でいつまでも若々しく!



膝関節痛になったからといっても体内にある?型コラーゲンと同じもの、
「非変性?型コラーゲン」でないと摂取しても意味がないということなのです。

従来のコラーゲンでは軟骨成分だと体が認識しないため、軟骨成分として
補うことができませんでした。

最近では抽出精製技術が進み、?型コラーゲンを製造することができるように
なったようです。

もし、膝関節などの関節痛が改善されないようであれば、参考にして
頂けたらと思います。

それではまたです。




【ラブ キャッツクロウ】キャッツクローは副作用のない抗炎症剤としてWHOで公式に認定され、EU(ヨーロッパ)では医薬品として販売・使用されています。又、シソ油は植物由来のオメガ?と呼ばれています。






ゲルマサポーターひざ



Tags: なし
Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.