chenronさんのマイページ

カラーと人間心理の不思議な関係。

2011/03/22 09:20


本日も私のブログに訪問していただき有難うございます。最後までお付き合い頂けたなら嬉しいです。宜しくお願いいたします。≪私の他のブログとホームページも宜しくです≫◎催眠療養士(ヒプノセラピー)礒田ヘルスサロンhttp://chenron.qee.jp/index.php?go=yD5toh◎スーパーヒーリングマスター龍輝角端のブログhttp://www.uranaiblog.net/user/ryuki/ryuki/◎たもちゃんのホンワカ生活面白日記 http://chenron.blog.so-net.ne.jp/◎生活お役立ちブログhttp://ryuuki-kirin.seesaa.net/◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆今日はとっても良い天気になりそうです。先日はイノシシのお肉を親戚からもらい、家族でボタン鍋。とっても体が温まって美味しかったです。普段は作物を荒らすイノシシ。山に食べ物が昔のようになくなってきているから、畑や田を荒らす。山の雑木を切り倒し杉、檜を植林しすぎた結果が招いた物。彼らも可愛そうな犠牲者。自然破壊をした人間にも責任がある。最近、まともに作物が害獣によってできにくくなってきているのも確かなんだけど、超微妙な気持ちにさせられる時がある。作物を荒らされるのは辛いけどね。さてさて、本日も楽しくコミュニケーション術??についてご紹介して行きます。≪本日のテーマ・・・・≫色と人間心理との関係人は、色彩によって感情に受ける影響は大きい。こんな経験はないですか?晴れ渡る空を観ていると、心も晴れやかで爽やかな気持ちになり、曇ってどんよりとした空模様だと気分も沈みがちになると思います。ですから、視覚から受け取る様々な色により、人間の感情は大きく影響を受けると言って良いでしょう。つまり、この色が相手にどのような感情をもたらすのかと言うことを考えた上で衣類や持ち物など、人目にものの色を決めるべきだと言って良いと思います。じゃぁ、どうしたら人の心理を考慮出来るのでしょうか。参考までに色と人間心理との関係をあげておきますと、★色相・・・・・暖・・・・・・・温かな、興奮的、情熱的、活動的中性・・・・・平静な、やすらかな★明度・・・・・・・高・・・・・・・・軽快な、爽やかな中・・・・・・・落ち着いた低・・・・・・・重苦しい、陰気な★彩度・・・・・・・・高・・・・・・・・・華やかな、緊張的中・・・・・・・・落ち着いた低・・・・・・・・地味な、くつろいだ人間は誰しも色から感情的な影響を受けるのだから、この傾向については分かっていてもいいもの。しかしながら日常生活の中では無視してしまいがちです。部屋の壁、カーテンの色、目につくところに置く飾りものを自分が求める感情的効果をもつ色の物に変える。たったそれだけで、日々の気分が明るくなって行くと言うことを改めて見直してみても良いのではないでしょうか。現代人に多い精神的な病も、少なからず改善するはずだと思います。人間はそれぞれにカラーを持っています。オーラに色があるとよく聞きますよね。その人が似合う色とか好きな色がだいたいオーラの色と一致していると言われています。ですから、自分自身の性格を明るくしようとすればあから宇井感じの服装にして、しばらく着こなすうちにその色がなじんできたら性格も明るくかわって来ます。部屋も不眠症気味の人は落ち着いた色の部屋に模様替えしてみるのも良いかもしれません。とにかく色が人間心理にもたらす影響は侮れないと言うことだけは頭に入れておいた方が良さそうです。恋愛で相手に与える印象を明るく素敵なイメージにするのも服装のカラーを意識すればずいぶんと変わってきますよ。参考にしてみてくださいね。それでは本日のお話はここまでです。次回も楽しくお付き合いくださいね。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。それではまたです。


Binder: chenronのバインダー(日記数:668/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8729946&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.