活日土さんのマイページ

衆院戦は、原発維持派の「自民・公明・民主」 vs 脱原発派の「民意の実現を図る国民連合」の戦い

2012/11/21 01:15


マスコミでは、民vs自公vs第三極(維新・みんな)と盛んに洗脳工作をしていますが、騙されないようにしましょう!!!まず第一に民vs自公という対立構図は既に消滅しています。これは3党談合で増税法案を通したところから現わとなり、野田総理が党内反対を押し切って、自公に有利な年内解散を強行したことからも明らかですね。では維新は?石原が都知事後継指名した猪瀬を自民が支持表明し(自公の都連はずっと石原とグルでした)たことから明らかに石原と自民はべったり。そもそも息子溺愛の父なので、自民を敵に回す筈がありません。ただ、総裁選に破れた長男坊を自民党内で権力の座に復活させる為に、親馬鹿で外から圧力をかけようとしているだけのことです。あわよくば、自らが総理となり、長男坊を入閣させようとでも思っているのでしょうか?一方橋下は公明党の全面協力を得て首長選挙に勝ち、府政でも市政でも自公とべったりやってきて、更に小泉腹心の竹中平蔵を参謀に据えてるところから、自公の別働隊であることは明らかです。その証拠に政策を放り投げて、石原と合流。看板だった脱原発も企業献金の廃止も、あっさりとゴミ箱に入れてしまいましたね。つまり、マスコミは同じ穴の狢がただ内輪での権力闘争(誰がトップを取るか?)をしているだけという構図をあおり、政局だと囃し立てているわけです。民主、自民、公明、維新のどの党に投票したとしても、また白けて投票を棄権したとしても、いずれも「原発推進」「消費増税」「TPP参加」に賛成したとみなされ、官僚達の思う壷にはまってしまいます。次回の衆議院選挙は三つ巴の闘いでは決して無く、2極の闘いです。現在立場を明らかにしきれていない政党は、今両極から綱引きされている最中と見て間違いないでしょう。その構造とは、ズバリ原発維持派vs脱原発派です。ここに外交姿勢も含めた全ての姿勢が集約されているといっても過言ではないと思います。官僚・マスコミ・経団連が支配する原発推進派   民主、自民、公明、維新、国民新党市民目線で官僚支配と戦い「命」を守る脱原発派A  生活、社民、みどり、大地、新党日本、                         反TPP(山田・亀井新党) B  共産どっちに付いた方が得かと思案している日和見派  みんな、減税日本脱原発派Bの共産は、残念ながら「民意の実現を図る国民連合」に加わっておらず、次の衆議院選挙の小選挙区で脱原発派同士がぶつかって共に落選してしまわないように連携をしていません。この視点で、解散前の勢力を整理してみると次のようになりました。原発推進派 383(但し、個人的に脱原発を訴えている党員も含まれる)脱原発派A  56 B   9 日和見派   12なるほど、これではせっかくパブコメで圧倒的多数の脱原発意見が集約されたのに、政治の場で脱原発政策が進まないわけです。そうすると僕ら有権者が出来る事は、以下の2つに集約されます。1. 脱原発派Aに属する政党からの立候補者を小選挙区で応援し、政党そのものを比例で応援する。2. 共産とみんな、そして減税日本からの立候補予定者が自分の選挙区にいる場合、「民意の実現を図る国民連合」に加わるよう有権者としての意思を伝える。特に共産については、いつものように多数擁立をする予定のようだが、脱原発派政党からの候補者がいる小選挙区には立候補者を立てずに選挙協力するよう呼びかける。要は、どこの政党が議員何人伸ばしたとか減らしたとか、そのような事よりも、脱原発基本法案の更なる質的向上と成立を成すために、「民意の実現を図る国民連合」の議員数を増やす事が大切です。民主党はTPP推進を誓約しなければ、公認しないと執行部が断言しているので、これからも離脱者が出てくる見込みです。その際、その離脱者が原発推進派の政党にはいるのか、それとも脱原発派の政党にはいるのかしっかりと見極めましょう。脱原発派政党が、もし小選挙区で過半数を獲得できれば、絶対に原発は止められるでしょう。政治に期待しないと選挙に無関心でいると、それこそ思う壷です。しっかりと候補者名簿を見て、自分の真意を国政に伝えて行きましょう。立候補者が有権者の声に真剣に耳を傾けるのは、今をおいて他にないですよ。


Tags: なし
Binder: 活日土のバインダー(日記数:230/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=8747797&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.