kizaさんのマイページ

基肄城跡の土塁

2011/06/12 05:43


 
佐賀県基山町の基肄城跡に登ってきました。
この基肄城は、天智天皇4年(665年)に大宰府防衛のため、基山に築かれた古代山城と説明され、大野城と大宰府といっしょに説明されるとても有名な古代山城です。
そのことは『日本書紀』に記録があり、また、百済の達率の憶礼福留、四比福夫が築いたとも記されています。
 
基肄城の頂上は草原で、そのために土塁の存在がよくわかりました。
平坦地縁のやや高まったところが土塁です。
その土塁の存在は、下からでもわかりました。
頂上へ向かって斜面を登っていきましたが、その先にある頂上がやかにしゃくれ上がっている状況を見てとれました。
土塁です。
石塁の金田城とは明らかに様子が違いました。
 
頂上には、祠と塔がありました。
祠は、大きな岩に注連縄がかけられた、磐座でした。
塔はというと、そこには、「天智天皇欽仰之碑」という文字が記されていました。
なるほど、天智天皇が築かせたわけですから、ここから天智天皇に思いを致す、ということなのでしょうか。
 
見晴らしはガスがかかって良くなく、残念でしたが、頂上に登ると、やはり気分は爽快でした。
 


Binder: kizaのバインダー(日記数:306/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=9098966&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.