杣人さんのマイページ

かっぱで町おこし 天竜区の佐久間観光協会

2011/10/22 10:01

 浜松市天竜区の佐久間観光協会(坂井昭彦会長)は、衰退する地域を元気にしようと、地元に伝わる民話に登場するかっぱをイメージキャラクターに決めた。地元で行われるイベントに出演し、盛り上げる。

 民話は佐久間地域に伝わる「かっぱのくれた目薬」。同協会は佐久間を連想し、誰からも親しまれる素材をモデルにしようと、地域の幼稚園児、小中学生、高校生にアンケートを行い、かっぱが選ばれた。名前は「まだない」(坂井会長)ため、30日まで候補を受け付け、11月13日の「フェスタさくま」(佐久間地域自治センター)で発表する。

 坂井会長ら同協会関係者は20日、着ぐるみのかっぱとともに市役所に鈴木康友市長を訪ね、かっぱを前面に古里をPRしていく熱意を伝えた。かっぱと初対面となった鈴木市長は、手を振るかっぱに「かわいいね」と笑顔で応じた。

 佐久間地域は高齢化と少子化が激しく、活性化は急務となっているという。坂井会長は「イベントが多い秋に活躍してほしいと、この時期にデビューさせることにした。何とか町おこしのきっかけにしたい」と意気込んだ。かっぱの名前の募集に関する問い合わせは同協会<電053(965)1651>へ。

 子どもたちに人気があるのは「かっぱ」ですね。「さくま」を大いに売り出してください!

 【関連記事】佐久間の民話「カッパのくれた目薬」 【関連記事】不思議な民話「カッパ」と「目薬」 【関連記事】民話の世界を演出 佐久間民俗文化伝承館で観月会


Tags: なし
Binder: 杣人のバインダー(日記数:9879/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=9110567&f_code=1



Copyright(C)2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.