キャッシュオンインセ…さんのマイページ

キャッシュオンインセンティブ 評判

2011/11/20 20:13

全く新しい有価証券運用ビジネス




このビジネスで運用していく有価証券には

変動する事の無い固定された金銭価値が決まっていますので

その金額以下での取得を前提としている以上

実質的にはその作業に伴うリスクというものは存在致しません。


何よりこの方法での有価証券の現金化においては、

その現金化出来る金額を随時WEB上で確認する事ができます。


したがっていざ現金化してみた際にその現金化収入が

本来の価値となる金額やその取得金額を下回るような事は有り得ません。


まず今の現状でWEB上で確認出来るその現金化金額が

本来の金額やその取得金額を下回っているような事は御座いませんので、

あえてそのような心配をする必要自体が不要と言えますが

今後においてもまずは1度その金額を確認しておけば

このビジネスではどう転んでも損をしてしまう事は無くなります。


もしもその金額が固定相場を下回るものだった場合は、

通常の換金ルートで現金化してしまえばいいのです。


先立つ有価証券をその固定相場以下の金額で取得した上で

事前にその現金化金額を確認出来る以上、

この有価証券運用ビジネスではその最低ラインとして、

一日3000円の現金化収益は確実に稼ぎ出すことが出来る事になります。


Cash on Incentive


Cash on Incentive


Cash on Incentive


つまりこの有価証券運用ビジネスは、

急遽その現金化ルートが無くなってしまったとしても

何の問題もなく一定の利益を生み出せるビジネスモデル

となっているのです。




またこのビジネスにおける有価証券の取得ルートと現金化ルートは

いずれのルートもその有価証券の取り扱っている事さえ、

一般的にはほぼ知られていないに等しいものになっています。


ネットで稼ぐ方法


現にそうであるからこそ、

このビジネスモデルではいずれのルートにおいても

決められた条件を揃えていくことで

本来の価値を下回る金額で獲得していく事も可能であれば、

それを大きく上回る金額での現金化も可能

となっているのです。


キャッシュオンインセンティブ


キャッシュオンインセンティブ



そしてその有価証券においても、

決められた一定の金銭価値は存在するものの

特定された取引市場が存在しない特性と

その現金化に伴う高額な手数料や手間等から、

株や為替等の一般的な有価証券には考えられない

その取得と換金に伴う金額差が存在するものとなっています。


それらの特性を踏まえてわたしは

様々なサイトを介して現金化検証を重ねていく事で、

その有価証券をおそらくは最も高い金額で現金化出来る

ほぼ確実な換金ルートとその換金方法

を見つけ出す事に成功したのでした。


言うなればこのビジネスモデルは

本来は80〜90円の価値がある1ドル紙幣を

40円〜45円程の金額で取得し、

それを200円、300円の現金に換金しているような

普通に考えれば到底有り得ない話を実現しているものと言えます。


全く新しい有価証券運用ビジネス


全く新しい有価証券運用ビジネス


株・為替でも無ければ国債などでも無い全く新しい有価証券運用ビジネス


株・為替でも無ければ国債などでも無い全く新しい有価証券運用ビジネス



しかし「ドルの価値」というものを根本的に知る由も無ければ、

外国のお金等日本ではただの紙切れに過ぎないのです。


そしてその運用が一般的に行われていないその有価証券においては

特定のサイトを特定の股がけていく事で、

そういった「普通に考えれば到底有り得ないお金の流れ」を

ごく自然に作り出せてしまったのでした。


>>更に詳しい内容はこちらから






Binder: キャッシュオンインセンティブのバインダー(日記数:2/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=9793453&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.