iPhone13を安く買う方法は?知っておきたい3つのポイント!

2022年5月時点のiPhone最新モデルiPhone13を欲しいなと思っている方は少しでも安く買える方法が知りたいかと思います。

本記事ではiPhone13を安く買うための3つのポイントを徹底解説します。

どこでどう買うのがお得なのか、価格の比較もしながら紹介したいと思います。

iPhone13を安く買う3つのポイントとは?

iPhone13を安く買うおすすめの3つのポイントを解説します。

キャリアの購入プログラムを活用する

2022年5月時点で調査した、4大キャリアの購入プログラムを利用してiPhone13 128GB購入した場合を比較します。

 

NTTドコモ

au

ソフトバンク

楽天モバイル

一括払い

111,672円

115,020円

115,920円

96,470円

分割払い

いつでもカエドキプログラム

2,444円×23回

24回目55,440円

スマホトクするプログラム

2,700円×23回

24回目52,920円

新トクするサポート

2,415円× 48回

iPhoneアップグレードプログラム

2,009円x48回

 

※全て税込表示

4大キャリアのオンラインショップ価格を比較しました。

一括払いでは楽天モバイルが一番安い金額でした。

auとソフトバンクはほぼ同じ金額で、NTTドコモがそれよりも少し安い金額です。

NTTドコモとauは残価設定型の分割払いプログラムがあって、23回目の支払い時に端末を機種変更して端末を返却すると、残価の設定された24回目の支払いは免除される仕組みです。

ソフトバンクと楽天モバイルの分割払いサポートプログラムは48回払いとなっていますが、24回分支払った後に端末を機種変更して端末を返却すると、残りの支払いが免除されます。

各社の分割払いサポートプログラムで比較しても、楽天モバイルが月々の支払いが最も少なく済みます。

AppleStoreで購入する

2022年5月時点でのAppleの直営店、AppleStoreのオンライン価格を調べました。

iPhone13 128GBモデルは98,800円(税込)でした。

AppleStoreで購入するメリットとしては、NTTドコモ、au、ソフトバンクよりも一括払いの金額が安いこと、iPhone8以降を下取りに出すと15,000円から80,000円割引が受けられるApple Trade Inを活用できることがあります。

分割払いに関しては、0%分割手数料プランがあって2,744円(税込)x 36回払いの設定があります。

AppleStoreで購入できるのはSIMフリー版のiPhoneだけというイメージがあるかもしれませんが、実は各通信キャリアのモデルも購入することができます。

オンラインのAppleStoreにアクセスしてiPhone13の購入ページへ遷移します。

画面上部に ソフトバンク、au、NTTドコモの契約プランが付いたiPhone 13はApple Storeでどうぞ という表示がありその横に 今すぐ予約するというリンクがあり、そこから予約します。

この通信キャリアモデルはAppleStore価格から8,800円割引となります。

実は一括払いなら通信キャリアで買うよりも、AppleStoreで通信キャリアモデルを買う方が安いのです。

ただし、オンラインでは購入が完結しなくて、オンラインで通信キャリアモデルの購入を予約して、店舗で購入手続きを行う必要があります。

オークションサイトで中古を購入する

ヤフオク!でiPhone13 128GBの落札価格を調査してみました。

だいたい、80,000円〜100,000円くらいの価格で取引されていました。

中古品とはいえ、未使用だとか美品と記載されているものはさほど値下がりしていないようです。

AppleStoreの新品価格より1万〜2万安く購入できる可能性はあるので、未使用品だとか美品の中古をオークションサイトで狙って、少しでも安く購入するという選択肢もあるかと思います。

iPhone13はどこで買うべきなのか

一括払いで購入するのであればAppleStoreで購入するのがおすすめです。

NTTドコモやau、ソフトバンクで購入するよりも安いですし、最安値の楽天モバイルとも差はあまりありません。

iPhoneの下取りがあるのも魅力的です。

オンラインで購入しても、iPhone13が配送された後の日付で下取りの日付を決めることができるので、移行作業も余裕を持って行えます。

下取りも宅配で取りに来てくれますし、箱なども必要なく本体だけ渡すだけで良いので非常に簡単です。

分割払いで購入したいなら、4大キャリアが提供する分割払いサポートプログラムを利用するのもおすすめです。

月の支払いを抑えることができますし、24回目の支払いのタイミングで機種変更して、iPhone13を返却すれば、残りの支払いは免除されます。

4大キャリア以外の格安SIMなどを契約している場合は、AppleStoreの分割払いが良いでしょう。

金利0%分割手数料プランがありますし、36回払いにすれば月の支払いはキャリアの分割プログラムと差がそんなにありませんし、買い替え時にAppleStoreの下取りプログラムを使えば、実質支払い金額を下げることができます。

iPhone13を安く買えるキャンペーン

2022年5月時点で実施されているiPhone13を安く購入できるキャンペーンを調べました。

au 5G機種変更おトク割

auで2020年12月1日から実施されているキャンペーンです。

機種変更と同時に対象の料金プラン、対象の故障紛失サポートに、新たに加入または加入中で機種代金から5,500円(税込)割引。

au Online Shopでの購入の場合、注文月の翌月下旬以降au PAY 残高に5,500円(不課税)相当還元される、というものです。

適用条件は下記の通りです。

1.iPhone13を機種変更で購入
2.直近の購入機種を12カ月目以上利用している
3.下記対象料金プランに新たに加入するか、すでに加入していること
対象料金プラン
・使い放題MAX 5G ALL STARパック
・使い放題MAX 5G テレビパック
・使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 5G Netflixパック
・使い放題MAX 5G DAZNパック
・使い放題MAX 5G with Amazonプライム
・使い放題MAX 5G
4.対象の「故障紛失サポート」に新たに加入、または継続して加入すること
別途、月額利用料がかかります。
対象サポート
・故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloud+
・故障紛失サポート
・故障紛失サポート with Cloud

ソフトバンク 【オンライン限定】web割

iPhone13をオンラインショップにて48回払いで購入し、25ヵ月目以降に返却・買い替えをすると最大24回分の支払いが不要となるキャンペーン。

返却する機種が破損などで査定条件を満たさない場合、機種の返却に加えて22,000円(不課税)の⽀払いが必要となるので注意が必要です。

楽天モバイル iPhone激得乗り換え!

楽天モバイルにて2021年12月17日~終了日未定で実施されている乗り換え時に適用されるキャンペーンです。

オンラインショップで購入して製品到着、または店頭で購入した日の翌月末日23:59までに「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン利用開始とRakuten Linkの利用でキャンペーン適用となります。

最大で30,000円相当の楽天ポイントが還元されます。

機種変更時や分割払いサポートプログラム使用時や、乗り換え時などさまざまなキャンペーンがありますので、iPhone13の購入を検討される際は各社のキャンペーン情報を確認するようにしましょう。

iPhone13を安く買うために知っておくべき購入場所

iPhone13を購入したい場合どこで買えるのか3つのポイントを紹介します。

4大キャリアで購入

スマホというと通信キャリアで購入するイメージがあるかと思います。

しかし最新モデルであるiPhone13は、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルという4大キャリア以外の通信キャリアでは販売されていません。

つまり格安SIMなどではiPhone13は購入できず、一世代前のiPhone12以前のモデルであれば購入できます。

iPhoneの最新モデルを通信キャリアで購入したい場合は、4大キャリアで購入する必要があります。

ただし、一括払いであれば、AppleStoreの方が安いので分割払いサポートプログラムを利用したい場合通信キャリアで購入すれば良いでしょう。

なお、4大キャリアの中でも楽天モバイルが一番安く購入できます。

AppleStoreで購入

iPhone13はAppleの直営店である、AppleStoreで購入できます。

実店舗でもオンラインストアでも購入可能です。

一括払いであれば、NTTドコモ、au、ソフトバンクで購入するより安く購入できます。

分割払いも金利0%分割手数料プランがあります。

iPhoneを継続的に購入していく予定なら、自宅まで宅配で取りに来てくれる下取りプログラムもあり本体を渡すだけで良いので、AppleStoreで購入するのはおすすめです。

家電量販店で購入

家電量販店でiPhone13はAppleStoreと同じ98,800円(税込)で売られているようです。

家電量販店のオンラインショップも調べてみましたが、価格は同じでした。

ヨドバシ.comを見ると1%のポイント還元があると記載がありました。

1%とわずかではありますが、ポイント還元があるのは嬉しいメリットです。

店舗ではキャリア版のiPhoneに対して、店独自のキャンペーンを実施していることがあるので、少しでも安く買いたい場合は店舗のキャンペーンを確認すると良いでしょう。

iPhone13価格比較

Q&A

通信キャリア、AppleStore、家電量販店、オークションサイトでiPhone13の価格を比較しました。

 

通信キャリア

楽天モバイル

AppleStore

家電量販店

ヨドバシ.com

ヤフオク!

iPhone13 128GB

96,470円

98,800円

98,800円

79,000円(中古美品)

注目ポイント

iPhoneアップグレードプログラム

金利0%分割手数料プラン

下取りプログラム

ポイント1%還元

安価に落札できる可能性あり

※全て税込表示

新品のiPhoneに関しては通信キャリア、AppleStore、家電量販店で大きな差はありません。

通信キャリアの場合は楽天モバイルの例にあるように、iPhoneアップグレードプログラムであれば48回払いで月の支払額を下げて24回目まで支払ったのち、端末を返却して機種変更することで残りの分割払いが免除される仕組みが活用できます。

分割払いにして、さらに月の支払額を安くしたいのであれば、通信キャリアの分割払いプログラムが良いでしょう。

AppleStoreも分割払いは金利0%のプランがあります。

また、下取りプログラムを活用すれば、分割払いは継続しても下取りで受領した金額によっては実質相殺することができます。

家電量販店はiPhone購入で1%などわずかですがポイントが付きます。

通信キャリアの端末であれば、店舗独自のキャンペーンを実施していることがありますので安く購入したいのであれば、まめにチェックすることをおすすめします。

iPhone13以外のiPhoneを選択肢に入れる

最新モデルであるiPhone13にこだわらずにiPhoneを購入することにすればもっと安く購入することも可能です。

おすすめは2世代前のモデルであるiPhone11と廉価版モデルのiPhone SE3です。

iPhone11は2世代前とはいえ性能は十分で、ブラウザや動画の視聴など一般的な使い方ならストレスなく使えます。

iPhone SE3は廉価版モデルとはいえ、実は一番最近発売開始されたiPhoneで基本性能は結構高いです。

それぞれの価格を比較します。

 

iPhone13 128GB

iPhone11 128GB

iPhone SE3 128GB

AppleStore価格

98,800円

67,800円

63,800円

ディスプレイサイズ

6.1インチ

6.1インチ

4.7インチ

重量

194g

173g

144g

5G

対応

非対応

対応

認証方式

顔認証

顔認証

指紋認証

※全て税込表示

iPhone11もiPhone SE3もiPhone13より3万円以上安い価格で販売されています。

iPhone11はiPhone13と同じディプレイサイズですが、重さは約20gも軽いのがメリットです。

5Gには非対応ですが、まだまだ5Gが使えるエリアは限定的です。

iPhone SE3はディスプレイサイズが4.7インチとコンパクトな分、重量はiPhone13よりも50gも軽いです。

しかも、iPhone現行モデル唯一の指紋認証対応端末です。

より安くiPhoneを購入したいのであれば、iPhone13以外のiPhoneを選択肢に入れて検討するのもおすすめです。

まとめ

iPhone13を安く買う3つのポイントを紹介しました。

・キャリアの購入プログラムを活用する
・AppleStoreで購入する
・オークションサイトで中古を購入する
分割払いにして月の支払額をなるべく安くしたいなら、通信キャリアの購入プログラムを活用するのがおすすめです。

定期的にiPhoneを買い替えて、都度一括払いするなら、AppleStoreで購入して下取りプログラムを活用していくのが良いでしょう。

ポイント還元など複雑な仕組みの通信キャリアの割引よりもシンプルでわかりやすい買い方です。

中古でも気にならないのであれば、ヤフオク!などのオークションサイトを活用すれば、未使用品や中古美品を安く購入できる可能性があります。

普段からオークションサイトを利用していて掘り出し物を探しているという方は、iPhone13を一番安く手に入れられる方法と言えるかと思います。

通信キャリアは時期によって、公式サイトでキャンペーンを実施していたり、家電量販店で店独自のキャンペーンを実施していたりします。

サイトや店舗をまめにチェックするとお得なキャンペーンを活用して、iPhone13を安く購入できるかと思います。

なお、通信キャリアにおいて、iPhone13はNTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのみの取り扱いとなっています。

格安SIMなどの他の通信キャリアでは、1世代前のiPhone12までが販売されています。

iPhone13にこだわらなければ、2世代前のiPhone11や廉価版モデルですが発売時期は最新のiPhone SE3は3万円以上、iPhone13よりも安く購入できるので、選択肢に入れて検討しても良いでしょう。

iPhone13を少しでも安く購入したいと思っている方に本記事が参考になれば幸いです。