スマホの乗り換え方法|手順・時期・おすすめの会社を解説!

「スマホを大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと思っているから、方法を知りたい。」
「おすすめのスマホの乗り換え先を知りたい。」

そう思いの方にぴったりの記事となっています。

まさにスマホ戦国時代と言える今。個性豊かな格安SIMに加え、2021年に大手キャリアが今までの常識を壊した新プラン発売。

さらには、au/ドコモ/ソフトバンクに続く第四のキャリアとして、楽天モバイルが発足しました。

これまでのスマホ料金の半分程度で金額で利用できるようになった、まさにこの過渡期と言える今、スマホの乗り換えを検討している方が多いのです。

当記事では、スマホ乗り換えを検討する方に、知らないと損するポイントもしっかり押さえた上で、大手キャリアからスマホの乗り換えの方法を徹底解説していきます。

知らないと損!乗り換え前に知っておくべきこと

スマホ,費用,乗り換え,MNP,解約,電話番号,手順,タイミング,データ移行,月末
まずはじめに、具体的なスマホの乗り換え方法を解説する前に、スマホ乗り換え前に知っておくべきことについて解説していきます。

スマホ乗り換えで損しないためにも、理解しておくべき点は、以下の4つです。

スマホ乗り換え前に理解しておくべき点

  • スマホの乗り換えにかかる費用
  • スマホの乗り換えは月末に行いましょう
  • 乗り換え時に引き継ぎ可能/不可なものを把握しましょう
  • アカウント情報の確認とキャリアメールが登録されているものの解除を行いましょう

それでは、1つずつ、乗り換え前に知っておくべきことの詳細を解説していきますね。

大手キャリアから乗り換えの際に発生する費用一覧

スマホを乗り換えする上で初期費用がどの程度かかるか、ということは必ず把握しておきたいですよね。

そこで大手キャリアからスマホを乗り換えする際に発生する費用を一覧にまとめてみました。

スマホの乗り換えでかかる費用一覧▼

●現在利用中のキャリアでかかる費用
・SIMロックの解除
au/ソフトバンク/ドコモ、いずれもネット上で行えば無料。電話や店舗での手続きは3,300円(税込)が発生します。
・スマホの契約解除料
契約しているプランによって異なります。

●キャリア解約後に必要となる費用
・端末支払いの代金(分割支払いの場合) ※解約後一括支払いも可能

●乗り換え予定の会社でかかる費用
・新規契約事務手数料(3,000円〜4,000円)
・SIM発行手数料(約500円)

▼無料なもの
・MNP:無料 2021年4月より全キャリア無料となりました

SIMロック解除とは?
大手キャリアで購入した端末は、 SIMロックという制限がかかっており、他の会社の回線へ乗り換えができないような設定となっています。利用中のキャリアと違う回線を使う際には、このロックを解除する必要があります。

MNPとは?
Mobile Number Portability(モバイル ナンバー ポータビリティ)の頭文字をとった略語です。電話番号を変えずに、そのまま乗り換え先となるスマホの会社をご利用できる制度。

更新月以外の解約や他社サービスへの乗り換えには、違約金が発生し、基本的に10,450円(税込)発生してしまいます。ただ、2019年10月の総務省の改正法令の施行で違約金の上限が1,000円(税込)と定められました。しかしながら、2019年10月以前に契約された方は、こちらの法令が適用されず、高額な違約金が発生してしまいます。

以上が、スマホの乗り換え時にかかる費用です。(ガラケー→スマホの乗り換えの場合も基本的に同じです。)

旧プランで申し込んでいる場合、更新月以外に解約をしてしまうと、1万円程度の解約金が発生することがありますので、乗り換えを検討した時点で、確認するようにしましょう。

時期の鉄則!月末に乗り換えは行いましょう

スマホの乗り換えを誤ったタイミングで行ってしまうと、多額な金額を支払わなければいけなくなることもあるんです。

では、いつスマホを乗り換えするべきなのでしょうか。 結論から申し上げると、スマホの乗り換えは月末に行うのが必須です。

なぜスマホの乗り換えを月末に行わなければいけないかというと、解約する予定のキャリアがいつ解約しようが、1ヶ月分の料金を請求されてしまうから。

もし、月初にスマホを解約してしまうと、「1週間程度しか使っていないのに、1ヶ月分の料金が丸々請求されてしまう…」なんてことになり得ます。

そのため、スマホの乗り換えのタイミングは月末、ということを覚えておきましょう。

引き継ぎ可能/不可なものを把握しましょう

スマホは、今や日々の生活に外せない生命線と言えるもの。スマホ内に重要な情報を保存している方も多いのではないでしょうか。

そのため、スマホを乗り換える際に、何が引き継げるのか/引き継げないのかも事前に知っておきましょう。

こちらも、簡単にまとめてみました。※同じ端末/違う端末への乗り換えどちらも当てはまります。

スマホ乗り換え時に引き継ぎが可能なもの/不可なもの一覧▼

●スマホ乗り換えの際に引き継ぎできないもの
・キャリアメール
・キャリア独自に提供していたサービス

●スマホ乗り換えの際に引き継ぎできるもの
・電波番号 (MNP利用の場合)
・アプリ内で紐づいたアカウント情報
・フリーアドレス及びそのアカウントに紐づく情報(Gmail/Yahoo!アカウントなど)

〜乗り換えの際に違う端末にする場合に気をつけたいこと〜

・アプリは乗り換え後の機種にて再ダウンロードとなります。
・iOS(iPhone) ⇆ Android とスマホの機種が変更となる場合は、電話帳や写真/動画が自動で引き継がれません。

アカウント情報の確認とキャリアメールが登録されているものの解除

スマホの乗り換え時に引き継ぎされるもの/されないものの2つを把握いただいたところで、次にスマホの乗り換え前に行っておくべきことを解説していきます。

スマホの乗り換え前に行うべきことは、以下の2つ。

スマホの乗り換え前に行なっておくべき2つのこと▼

①アカウント情報の整理(端末も変更する場合)
特に、Apple IDやGoogleアカウント。いずれのアカウント情報に全ての個人情報が紐づいていますので、パスワードを事前にまとめておくとスマホ乗り換え後に便利です。

②各アプリの登録メールアドレスをキャリアメールから変更
よく使うアプリの登録メールアドレスは、解約予定のキャリアアドレス(@ezweb.ne.jp/@docomo.co.jp/@softbank.ne.jp)から変更しておきましょう。

よく使うであろうLINE(ライン)は、登録しているアドレスが使えないと、乗り換え前の情報を引き継ぎができなくなってしまいます。スマホ乗り換え前に、キャリアのメールアドレスを登録しているアプリは全てチェックしておきましょう。

乗り換え前の状態に100%戻すためにも、上記2点は確実に押さえておきましょう。 では、スマホの乗り換えの事前準備が全て完了したところで、次の章で実際のスマホの乗り換えの手順を解説していきます。

スマホの乗り換えの手順【大手キャリアから格安SIMへ】

キャンペーン,おすすめ,比較, au,キャッシュバック,解約手続き,ライン,手数料,必要なもの
スマホの乗り換え後も、同じ電話番号を利用したい方がほとんどかと思います。

同じ電話番号を使った方が乗り換え後に行うべきことも少なくできますし、2021年4月よりMNP手数料が無料となったため、MNPでスマホの乗り換えを行う前提で話を進めます。

では早速、au/ドコモ/ソフトバンクからMNPを使って格安スマホへと、スマホの乗り換えする手順をご説明いたします。

STEP1 SIMロックの解除
もし、利用中のキャリアと違う回線へ乗り換える場合は、SIMロックの解除をしましょう。

STEP2 現在契約中の会社にてMNPの予約番号を取得する
契約している会社にてMNPの予約番号取得の手続きを行いましょう。

MNPには有効期限がありますので、乗り換え予定の格安スマホの契約直前に行うようしてください。なお、この時点では解約扱いとはなりません。

STEP3 格安スマホの契約を進める
乗り換え予定の格安スマホの会社の契約を進めましょう。

STEP4 SIM到着後に手続き
契約したSIMが届いたら、案内に従って、利用手続きを行いましょう。初期設定や回線手続きを切り替えには数時間かかることも。その間はお使いいただけませんので、タイミングには注意が必要です。この時点で契約しているキャリアが解約となります。

格安スマホの会社によっては、MNPの有効期限が10日以上残っている必要があるといった、有効期限に関する条件があります。なるべくMNPを取得した時点から早めに行うようにしましょう。

以上が、スマホの乗り換え手順となります。

MNPの予約番号の取得する方法ですが、全キャリア共通で以下のいずれかの方法となります。

  • マイページから専用ページにて(無料)
  • 専用の電話番号へ電話(手数料:3,300円)
  • 店頭(手数料:3,300円)
  • ※オンライン上で行う場合以外は、有料となりますので、ご注意ください。
    ※いずれも税込表示です。

【2021年6月版】お得なキャンペーンを行っている格安スマホの会社一覧


本章では、スマホの乗り換えの際にお得となるキャンペーンを行っている格安スマホの会社をご紹介します。 特に人気の格安スマホのキャンペーンをピックアップしてみました。

mineo|月額基本料金割引キャンペーン

mineo,マイネオ
音声SIMの5GB/10GB/15GBのプランを選択すると、3ヶ月月額金額1,188円割引となるキャンペーンを行っています。

値引き後の価格

  • 5GB 1,518円 → 330円
  • 10GB 1,958円 → 770円
  • 20GB 2,178円 → 990円

※新規契約でも、乗り換えでも適用されます。
※いずれも税込表示です。

非常にお得な値段で契約が可能なので、乗り換え先におすすめ!

お申し込み期間
2021年2月1日(月)~2021年5月31日(月)

BIGLOBE モバイル |初期費用無料/月額費用割引キャンペーン

BIGLOBE モバイル

現在、BIGLOBEモバイルを契約すると、以下の特典がつくキャンペーンを行っています。

初期費用無料/月額費用割引キャンペーンの内容

  • 特典① 初期費用無料(3,733円相当) (※)
  • 特典② プラン月額料金が1年間最大500円値引き
  • 特典③ エンタメフリー・フリーオプション 初回最大6ヶ月無料
  • 特典④セキュリティセット・プレミアム 初回最大6ヶ月無料

※今のスマホをそのまま利用する場合。スマホごと乗り換える場合は、最大20,000円相当ポイントが還元されます。

初期費用が無料な上で、月額料金の値引きもあるので、スマホの乗り換えもリーズナブルに可能!

お申し込み期間
①、②、③に関しては終了日未定。④は、2021年5月31日 23:59まで。

IIJmio|初期費用1円&スマホ110円キャンペーン

IIJmio

格安スマホの老舗IIJmioは、対象プランを選んで乗り換えされる方向けに、初期費用3,300円相当を1円とするキャンペーンを行っています。

さらにMNPで機種を購入される方向けに、一部の機種を110円で販売中

機種変更も含めた、スマホ乗り換えを検討中におすすめの会社です。

お申し込み期間
2021年4月1日~2021年5月31日 23:59まで

15社以上を比較!乗り換え先におすすめの格安SIM3選


スマホの乗り換えについて、一通りご説明させていただいたところで、おすすめの格安スマホの会社をご紹介していきます。

すでに、乗り換え後のスマホの会社を決定している方もいらっしゃると思いますが、今一度その乗り換え先のスマホの会社は本当に最適なのか?という確認の意味でご活用いただければ嬉しいです。

自分に合った格安スマホの会社の見つけ方

まずはじめに、ご自分に最適な格安スマホを探すための比較基準をご紹介します。

ぜひ押さえていて欲しい点は3つのポイント。

自分に最適なスマホを探すための比較基準

  • 実際に速度がちゃんと出るのか
  • 速度制限時の速度は最高1Mbpsか
  • 値段が安いか

それぞれ簡単ではありますが、説明させていただきますね。

実際に速度がちゃんと出るのか

公式HPに、「このSIMを使うとどの程度がでるのか?」という速度に関する記載があります。

しかし、こちらの数字は理論上の数字で、実際の利用時は記載通りの速度はでません。「公式HP記載の速度は問題ないのに、通信が安定しない。」ということが発生することも。

そのため、三大キャリアのサブブランドや、定期的に回線の増強を行っているサービスを選ぶようにしましょう。

速度制限時の速度は最高1Mbpsか

速度制限時の速度は128kbpsが一般的で、この速度はHP閲覧ですらやっと。Instagramといった写真や動画がメインのSNSはおろか、YouTubeの閲覧は厳しいです。

ただ、格安スマホの会社の中では、速度制限時でも最大1Mbpsという、中画質程度なら視聴可能程度な速度がでるサービスも。緊急時に仕事の対応があった際でも、最大1Mbpsあれば、スムーズにメッセージもやりとりが可能なので、安心してご利用が可能です。

値段が安いか

同じクオリティなのに、敢えて値段が高い方を選ぶ意味はないですよね。比較しているプランで同じGB数があれば問題ないのですが、違うGBのプランしかないこともあります。その際には、1GBあたりの値段を比較しましょう。

以上の3点を考慮しつつ、おすすめのスマホの乗り換え先を厳選して、ご紹介していきます。

UQ mobile | auのサブブランドでau並みの品質でサービスが充実

UQ mobile

まず、1つ目のおすすめの格安スマホは、UQ mobile

auのサブブランドということで、通信の品質が高いことが多数の口コミから見受けられます。

また、余ったデータが翌日へ繰越ができること/通信の質が高いのにも関わらずコストパフォーマンスが高いことから、おすすめの1つとして選出しました。

スマホの乗り換え先として、まず間違いない格安スマホと言えるでしょう。

UQ mobileの公式HPはこちら

UQ mobile 特徴の一覧表▼

実際の速度:★★★★★
コストパフォーマンスの高さ:★★★☆☆
速度制限時の速度:★★★★★ 最大1Mbps(最安プランは最大300kbps)

こんな方におすすめ!
・auから乗り換えを検討している方
・通信が安定しているスマホ会社を契約したい方
・速度制限時が最大1Mbpsのスマホを契約したい方
・余ったデータの繰越をしたい方

注意点
ドコモ/ソフトバンクをお使い方はSIMロックの解除が必要

Y!mobile|ソフトバンクのサブブランドで大手キャリア並みのサービスの質

Y!mobile,ワイモバイル,Yモバイル
おすすめの格安スマホ2つ目は、Y!mobile

ソフトバンクのサブブランドということで、UQ mobileと同様、通信の安定性に関して、高評価を得ている会社です。

しかしながら、価格が若干高額/余ったデータ容量の繰越ができないということから、同じサブブランドで比較すると、UQ mobileに軍配が上がります。

ただ、Y!mobileは家族割の内容が充実しているので、家族でスマホを乗り換えするとUQ mobileより安くなることもあります。

また、ソフトバンクご利用であれば、SIMロックの解除が不要なので、ソフトバンクユーザーにぴったり。

Y!mobileの公式HPはこちら

Y!mobile 特徴の一覧表▼

実際の速度:★★★★★
コストパフォーマンスの高さ:★★☆☆☆
速度制限時の速度:★★★★★ 最大1Mbps(最安プランは最大300kbps)

こんな方におすすめ!
・ソフトバンクから乗り換えを検討している方
・通信が安定しているスマホ会社を契約したい方
・速度制限時が最大1Mbpsのスマホを契約したい方

注意点
ドコモ/auをお使い方はSIMロックの解除が必要

mineo|三大キャリア全ての回線から選べる!安定した通信も期待

mineo,マイネオ
UQ mobile と Y!mobileと違い、三大キャリアに属していないものの、au・ドコモ・ソフトバンク全ての回線から選択できる格安スマホです。

定期的な回線増強を行っていることもあり、ユーザーの満足度も非常に高く、さまざまな調査で最優秀賞を受賞しているほど。

今まで紹介した2つより、圧倒的なコストパフォーマンスを誇っているので、「値段重視しつつ、スマホを乗り換えしたい!」という方におすすめです。

mineoの公式HPはこちら

mineo 特徴の一覧表▼
実際の速度:★★★☆☆
コストパフォーマンスの高さ:★★★★★
速度制限時の速度:★★☆☆☆ 最大200kbps

こんな方におすすめ!
・コスパの高い会社へ乗り換えを検討している方
・ドコモから乗り換えをしたい方
・余ったデータの繰越をしたい方

注意点
・端末が他の格安スマホの会社より高価

番外編:楽天モバイル|利用量に応じて料金が変わる画期的なプラン

第4のキャリアとして2020年に登場、前代未聞のキャンペーンを打ち出し、一世を風靡をした楽天モバイル。

シンプルな上に、利用量に合わせて料金が変化するプランということでどんな方でもおすすめといえます。

楽天回線エリアに限定されるものの、使えるデータ容量が無制限な上に、最大3,278円という業界最安値級の値段(税込)で利用が可能です。

楽天モバイル

楽天回線エリアなのに、楽天回線が入らないといった通信の不安定さが残るため、メイン機としての乗り換え先としておすすめできないですが、サブ機/モバイルWiFi(ワイファイ)としては十分に活躍してくれます。

2021年4月より、iPhoneの取り扱いもスタート。お得なキャンペーンも行っているので、スマホごと乗り換えしたい方にもおすすめ。

楽天モバイルの詳細はこちら

楽天モバイル 特徴の一覧表▼

実際の速度:★★☆☆☆
コストパフォーマンスの高さ:★★★★★
速度制限時の速度:★★☆☆☆ 最大 1Mbps

注意点
・楽天回線の通信が非常に不安定
・楽天回線の対応エリア外で利用できるパートナー回線(au回線)は月5GBまで

三大キャリアのサブブランド|3,000円以下のプランが登場!

2021年3月に、3大キャリアから格安スマホの会社に劣らないコストパフォーマンスの高いプランが発売されました。

今やこの3プラン無しに、スマートフォンのプランは語れません。その3つのプランの概要は以下の通りです。

※表は左右にスクロールできます。

povo ahamo LINEMO
運営会社 au ドコモ ソフトバンク / LINE
月額料金 2,728円 2,970円 2,728円
データ容量 20GB/月 20GB/月 20GB/月
制限時の速度 1Mbps 1Mbps 1Mbps
最低契約期間 なし なし なし
通話オプション 最初の5分間無料:550円
かけ放題:1,650円
最初の5分無料
かけ放:1,100円
最初の5分間無料:550円
かけ放題:1,650円
契約方法 Webのみ Webのみ Webのみ
特徴 トッピング可能 海外82の国・地域で利用可能が無料 LINEがノーカウント

※いずれの価格も税込表示です。

大手キャリアと全く同じ回線を使えて、通信の安定性もバツグンのプランなので、ぜひこちらもスマホの乗り換え先として、検討してみてはいかがでしょうか。

スマホの乗り換えに関するまとめ


以上、スマホの乗り換えに関する知識を全て解説してきましたが、ご理解いただけましたででしょうか。

最後に、これまで解説してきたことをまとめていきます。

スマホ乗り換え時の鉄則!気をつけたい4つのポイント

  • 乗り換えに発生する初期費用を知りましょう
  • 月末にスマホの乗り換えは行いましょう
  • 乗り換え前に引き継ぎ可能/不可なものを把握しましょう
  • アカウント情報の確認とキャリアメールが登録されているものの解除しましょう

上記のポイントを知っていただいたところで、以下のスマホの乗り換えの手順へ移りましょう。

〜スマホの乗り換え手順〜
STEP1 SIMロックの解除
STEP2 現在契約中の会社にてMNPの予約番号を取得する
STEP3 格安スマホの契約を進める
STEP4 SIM到着後に手続き

まさにたくさんのサービスがスタートし、まさに今はスマホの乗り換えるタイミングとしては最高のタイミング。

同じ質なのに、値段を1/2程度以下にできるなんてこともありますで、ぜひこのスマホの乗り換えを進めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

おすすめのスマホ乗り換え先に戻る