NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

【代替エネルギー】世界が仰天…日本人が立て続けに“常温核融合(Cold Fusion)”に成功か?

差出人: Mitsさん "岡田 充弘"<mits…>
送信日時 2008/06/24 14:36
ML.NO [chesskobe:1833]
本文:


 以前からご存知の方も多いと思いますが、大阪大学のグループが常温核融合の実験に成功したようです。
重水素からヘリウムを作って大きなエネルギーを取り出す手法に再現性があるとなれば、エネルギー問題を大変安価に解決できる素晴らしい成果であるといえるでしょう。

http://www.thenational.ae/article/20080621/FRONTIERS/775221362/1036/NEWS&profile=1036
荒田吉明教授は、大阪大学で60人の科学者と6つの新聞社の記者、そして2つのテレビ局の
前で常温核融合の公開実験−−これまで多くの科学者が失敗し続けてきた−−を行った。
しかし、荒田教授は実験室内で太陽エネルギーを作りだそうと試みるマッド・サイエンティスト
ではない。(英文ソースより冒頭の一部のみ抜粋訳) http://www.thenational.ae/article/20080621/FRONTIERS/775221362/1036/NEWS&profile=1036

常温核融合とは「室温で水素原子の核融合反応が起こる」という現象ですが、(略)物理学者、
荒田吉明名誉教授らは、5/22に大阪大学で行った公開実験で、重水素ガスから高熱とヘリ
ウム原子を検出し、低エネルギーの原子核反応を証明したということです。
(略)
この実験はMartin FleishmanとStanely Ponsが偶然にこの現象を発見したと1989年に発表し
て以来初めての、実験者以外に認知された常温核融合実験となりました。数多の研究者が
この再現に失敗してから、常温核融合はエセ科学の代名詞となっていたのですが、今回の
実験を目の当たりにした人たちによれば「荒田教授が提示した手法は、再現できる可能性
が高い」とのこと。

誰もこのデモンストレーションを「でっち上げだ」と言わなければ、だれもが渇望し続けた安く
て豊富なエネルギー源を、高熱なしで生成する方法(通常の核融合は、ものすごーい高熱を
発するため)を、荒田教授はついに発見した! ということになります。(抜粋)http://www.gizmodo.jp/2008/06/post_3741.html

北大大学院工学研究科の水野忠彦氏(エネルギー環境システム)は十一日、水素と炭素を
簡易な反応容器(炉)で加熱する実験で、通常の化学反応では起こりえない異常な発熱(過
剰熱)の確認と、核融合反応を示すガンマ線を検出したことを明らかにした。水野氏は「常温
核融合」が確認できたとして、八月に米ワシントンで開かれる国際常温核融合学会で報告する。
(抜粋) http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/98372.html

荒田吉明・阪大名誉教授が常温核融合の公開実験に成功されました!
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page284.htm

毎日、朝日、日経、日刊工業新聞、NHKなどマスコミも多数参加する
中で行われた。He4の検出と、熱エネルギーの測定が行われた。
高分解能質量分析装置のモニターには、He4発生のスペクトルピーク
が明確に示されていた。

   D(2)+ D(2)=He(4) + エネルギー   ------?  ここで()内は質量数

He(4)の検出こそ、固体内でD(重水素)とDの核融合が起こったことを
示す決定的な証拠である。実験室の外には?式が貼られていた。

常温核融合の権威である高橋亮人博士(大阪大学名誉教授)から
「今回の結果は、ヘリウムがはっきり検出されたきれいなデータで
あったこと」が伝えられ、Congratulations!と高橋先生。拍手が沸いた。

今回の実験を簡単にいうと、パラジウム合金微細粉末に重水素D2ガス
を高密度に充填 する。熱も何も加えずに充填するのである。その後、
合金微細粉末の内部に侵入した重水素DがHe(4)に変化し、そのとき
熱エネルギーが発生するという実験である。

非常にシンプルな実験系である。熱もなにも加えずに重水素を充填され
るだけなので、シンプルであり解析がしやすい利点がある。疑義が減る。

これまで世界中で多くの人により、常温核融合現象が確かに起こって
いることが実証されてきた。しかし、公開実験いうところに、今回は大きな
意味があると思う。先生は1958年に熱核融合の公開実験に成功。50年後
(2008)に今度は常温核融合の公開実験に再び成功された。HotとCold の
二つを成功されたわけで、歴史に残る偉業と言えよう。

_WE_LOVE_CHECKMATE______________
 ■ ■ ■ ■ †●●●●† mailto:mits@…,mits3@…
■ ■ ■ ■  + 神戸チェスクラブ+ President   
 ■ ■ ■ ■    岡田 充弘 09065552775
■ ■ ■ ■    投稿先 mailto:chesskobe@…
http://www.freeml.com/chesskobe/list

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

更新順メールリスト