NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

ナイトっぽい「アレクサンドル大王の黄金の秘宝」がブルガリアで発見

差出人: Mitsさん "岡田 充弘"<mits…>
送信日時 2012/11/16 11:42
ML.NO [chesskobe:2042]
本文:



ブルガリア アレクサンドル大王の黄金の秘宝が発見
13.11.2012, 05:59

ブルガリアの学者らは新たな歴史的発見を行った。これはスヴェシタリ近くの霊廟で黄金の秘宝を発見したのだ。これはアレクサンドル大王の父系にあたる古代のいまだ明らかにされていない部族のものだとの見かたがされて
いる。この霊廟は1982年に開かれ、現在は世界遺産としてユネスコの保護下にある。AFP通信が伝えた。考古学者らによれば、上部に木製の箱が発見され、そのなかには焼かれた骨や洗練された儀式用具などが黄金の織物に
包まれた形で見つかったという。そのなかには黄金の指輪や44体の女性像、100以上の黄金のボタンなども見つかり、研究者らは紀元前4世紀もしくは3世紀ごろのものだと考えている。BBCが伝えた。

発見そのものもすでに想像をかきたてるものではあるが、それが2500年前に作られたものであることを考慮すれば、さらに興味深い事実が分かる可能性もある。歴史家らによれば、これはアレクサンドル大王の父フィリップ2
世の血筋にあたるコテパという指導者の墓に埋められたものだとの見かたがあるという。
Newsru.com

http://unity.lv/ru/news/750017/
12.11.2012, 14:04

----
mits@…

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: 1ef5b4ef.jpg 6fef401f.jpg

更新順メールリスト