NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

チェスの色紙のある中華料理屋さん、中国料理 翔園 阪神青木

差出人: Mitsさん "岡田充弘"<mits…>
送信日時 2014/02/15 12:52
ML.NO [chesskobe:2127]
本文:

チェスの色紙のある中華料理屋さんの紹介です。
中国料理 翔園 阪神青木

地元でおいしいと評判の普通の中華料理の店なのですが、
なんと、こちらのお店にはチェスプレーヤーの色紙が飾られています。

というのも、Utut Adianto氏が来日された際に、こちらのお店に伺ったのですが、
その時、たまたま、イギリスの老紳士が後ろのテーブルに居て、
食後にサインと握手を求めてきたのです。

なぜ、彼が世界的なプレーヤーであるかわかったのかと聞くと、
私たちの会話で、“When I played with SHORT”という言葉がでてきたからだそうで、

イギリスの世界的プレーヤー ショート氏は彼のアイドルで新聞でいつも見る名前、そのプレーヤーに
この島国で勝てる人間に会えるとは… とその後、ずっと耳をダンボにして聴いていたそうです。

そういえば、私の記憶でも後ろの人が気にしてるなと感じたので、わざと説明口調で話してあげた記憶があります。
ときどき、いたずら心でやりたくなるんですよね。

そういえば、某Y元名人が十段に拘りがあると本で読んだのを覚えていて、書籍で囲碁でも何でも、十段は将棋にしかない。
そこにプライドがあると仰っていたので、JCAの規格でAdiantoが10段(Fide,USCF レートなどで2650以上)になるのを確認して、
十段の名刺を作り、元名人に渡して、どんな顔をされるのか見てみたり。期待通りの最高の顔をしてくれましたね。

とか、涼宮ハルヒの腕章(検索で出ます)がすごく気に入ったので、将棋の名人に似合うだろうなと思って、
付けてもらって、個人的な宝物にしたりして、こっそり楽しんでいます。

それはともかく、この時におばちゃんに目をつけられて、外人向けにも色紙を書いて欲しいと
頼まれたAdianto氏は快諾して、試合終了時に書くいつものサインを色紙に書いて下段に飾ることになりました。

その後聞くと、飾る場所がいっぱいになったので、もう、サインは求めていないということでした。
数日前に打ち上げの場所を考えようと、久々に訪問すると

チェス名人の色紙が、神戸製鋼ラグビー部や阪神の有名選手の色紙の横に並ぶ感じになっていました。
色褪せても、チェスの色紙は一味違うな、と思いながら、海鮮汁そばをすすってきました。

中国料理 翔園 阪神青木
http://blogs.yahoo.co.jp/takechan400201/14675713.html
http://kobebeegle.exblog.jp/
http://www.kobelcosteelers.com/pc_halftime/shoen.html

今日のお昼ご飯は中華料理を食べに青木の翔園へ参上。ここはプロ野球選手等がよく訪れるお店です。
今日はAランチ(730円)とBランチ(1050円)、それに焼飯、焼きソバを注文。AランチとBランチの大きな違いは一品が増えるのとデザートが付いている事だす。Aランチは紋甲イカの下足の唐揚ががメインでBランチのメインは同じ唐揚げに麻婆豆腐の2
品。紋甲イカ下足唐揚はサクッと揚げてあり身もぷりぷりで
噛むとイカの旨みが出てうまいです。単純な料理ですが衣の加減、揚げ具合がナイスですね。
Bランチの麻婆豆腐も辛過ぎず丁度いい加減、本音を言えば花椒を入れて痺れさせてほしいのだが(笑)
焼き飯も味見しましたが味付けはややしっかり目で食感もパサパサの一歩手前、米の一粒一粒に味が付いておりおいしいです。焼きソバも食感シャキシャキの野菜に濃い目のあんがやわめの麺に絡まりうまー。
さすが人気店、リーズナブルでおいしかったですー。意外に穴場です。
住所:神戸市東灘区北青木2−6−4
TEL:078−441-0809
営業時間:11時半〜14時半 17時〜22時(LO21時半)
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業)

----
mits@…

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: