NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

Re: 段ボールマシン

投稿者: さん  2003/11/17 09:15  MLNo.72   [メール表示]

みなさんおはやうございます。持主です。

ところで、泊何水さん、


とのことですが、何かオプションをつける必要があるかも知れません。
何も指定しない状態ではタスクスイッチとして機能しました。確か
QEMMはDOS時代有名な3rd.パーティ製のメモリマネージャだったと
記憶してますが、まだ売られているのでしょうか?

で、


とのことですが、WinMEのHIMEMを外すと最初の状態に戻ってしまいます。
これまで試した組合せでは、

Multi-Tasker DOS-Extender MEM>64M
HIMEM.SYS(DR-DOS) No Ok No
EMM386.EXE(DR-DOS) Ok No No
HIMEM.SYS(WinME) No ? Ok
HIMEM.SYS(WinME)+
EMM386.EXE(WinME) No Ok Ok
HIMEM.SYS(WinME)+
EMM386.EXE(DR-DOS) Ok No Ok
HIMEM.SYS(WinME)+
EMM386.EXE(DR-DOS)+
Win3.1 - Ok Ok

という結果が出てます。DOS-Extenderとしては、CCDLに使われている
PMODEというものと、VC++に使われているPhar-LapのExtenderを試し
ました。これらの実験結果から判明したところでは、どうやらDR-DOS
純正のEMM386.EXEがからむとDOS-Extenderがうまく機能しないよう
です。Config.SYSにもちゃんとDPMS.EXEは登録してあり、DPMI対応な
はずなのでどうしてこうなるのか不明です。

で、


とのこと、項目の追加により無事エンハンスドモードでも起動しました。
目下のところ、32Bit Cコンパイラを動かすときはTaskmgrを一旦終了
させてWin3.1のDOS窓を起動してコンパイルしてます。これでとりあえず
コンパイラも動きますが、それでも何だか美しくない気がします。

それでは、また。


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。

更新順メールリスト